ヴィクトリアマイル2019予想前提条件

ヴィクトリアマイル2019予想前提条件

2019年5月12日開催予定のヴィクトリマイル予想の為、過去10年間のデータを基に、勝ち馬を選定する為の前提となるデータを挙げていきます。

ヴィクトリアマイル[GⅠ]

東京11R 芝左1600m サラ系4歳以上オープン (国際) 牝(指)(定量)

牝馬限定のマイル、中距離レースとして一線級の馬が介する為、荒れやすい傾向にあり、過去5年間で1番人気馬が一着になったレースはなく、高配当が出やすいレースです。

後述しますが、4歳馬、5歳馬が馬券に絡む傾向が強く、古馬などの勝ち目は薄い為、比較的スピード勝負になる事が見込まれます。

傾向と過去のデータから選定を行い、馬券傾向を決めて最終予想という形でだしていこうと思います。

人気馬の勝率

人気成績勝率連帯率複勝率
1番人気3-3-0-430.0%60.0%60.0%
11番人気1-2-1-610.0%30.0%40.0%
7番人気1-1-3-510.0%20.0%50.0%
8番人気1-1-0-810.0%20.0%20.0%
2番人気1-0-1-810.0%10.0%20.0%
5番人気1-0-1-810.0%10.0%20.0%
6番人気1-0-1-810.0%10.0%20.0%
4番人気1-0-0-910.0%10.0%10.0%
12番人気0-2-0-80.0%20.0%20.0%
3番人気0-1-2-70.0%10.0%30.0%
18番人気0-0-7-70.0%0.0%50.0%

冒頭で過去5年以内での一番人気馬の一着はないとお伝えしましたが、過去10年間でのデータでは一番人気馬が3度の優勝でトップです。

連帯率、複勝率から見ても1番人気が馬券に絡む可能性は高いとみていいでしょう。

次に高い勝率を誇るのは11番人気とかなり人気薄馬が馬券に絡んできている事がわかります。連帯率、複勝率共に高く、伏兵馬を馬券に織り込む事も考慮しなければいけません。

予想を組み立てる際に、オッズを参考に人気薄馬の中で、その他の適正を考慮し、馬券に絡ませる形で組み立てていこうと思います。

前走レース

レース成績勝率連対率複勝率
阪神牝馬S4-4-3-556.1%12.1%16.7%
中山牝馬S1-1-2-107.1%14.3%28.6%
産経大阪杯1-1-1-220.0%40.0%60.0%
高松宮記念1-0-1-117.7%7.7%15.4%
ドバイDF1-0-0-0100.0%100.0%100.0%
ドバイシーマ1-0-0-150.0%50.0%50.0%
マイラーズC1-0-0-516.7%16.7%16.7%
福島牝馬S0-2-2-310.0%5.7%11.4%
ドバイWC0-1-0-10.0%50.0%50.0%
京都牝馬S0-1-0-30.0%25.0%25.0%
卯月S0-0-1-00.0%0.0%100.0%
うずしおS0-0-0-10.0%0.0%0.0%

前走レースでは圧倒的に阪神牝馬Sからの出走に偏っており、今回の2019年も現在の出走予定馬中の9頭が阪神牝馬Sが前走レースとなります。

ただ、その中でも中山牝馬Sが前走となる馬の成績がよく、連帯率、複勝率では見逃せない数値かと思います。

逆に福島牝馬Sからの出走数は多いのですが、数値が低く、消去馬の対象となる可能性が高いです。

前走レースからの間隔

間隔成績勝率連対率複勝率
中4週4-4-3-566.0%11.9%16.4%
中6週3-1-1-1415.8%21.1%26.3%
中5週1-1-2-107.1%14.3%28.6%
中8週1-1-1-107.7%15.4%23.1%
中3週1-0-1-612.5%12.5%25.0%
中2週0-2-2-370.0%4.9%9.8%
中10週以上0-1-0-110.0%8.3%8.3%
中7週0-0-0-10.0%0.0%0.0%
中9週0-0-0-10.0%0.0%0.0%
中1週0-0-0-20.0%0.0%0.0%

前走レースからどの程度の間隔を空けての出走となるかですが、概ね中4週~6週の馬の勝率が高い事がわかります。

1ヶ月~1ヶ月半程度という事になりますが、この辺りは上で挙げた阪神牝馬Sからの出走となる兼ね合いもある為かと思われます。

ただ今年は中8週となる中山牝馬Sからの出走馬の勝率はやや落ちる傾向が見てとれるので、考慮にいれた組み立てを行いたいところです。

馬齢

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳5-7-3-705.9%14.1%17.6%
5歳3-2-5-475.3%8.8%17.5%
6歳1-1-2-243.6%7.1%14.3%
7歳1-0-0-514.3%14.3%14.3%
8歳0-0-0-10.0%0.0%0.0%

馬齢ではわかりやすく差が生まれています。

出走の回数での差はありますが、データとしては4歳、5歳までの馬の勝率~複勝率が高く、それ以上の馬齢となると極端に馬券に絡んでくる確率は低くなります。

比較的若い馬が勝つ傾向にあるという事は、予想を組み立てる上での重要な要素となりますので、これは外せないデータかと思います。

脚質

脚質成績勝率連対率複勝率
逃げ1-0-2-710.0%10.0%30.0%
先行3-4-3-268.3%19.4%27.8%
差し6-4-2-657.8%13.0%15.6%
追込み0-2-3-490.0%3.7%9.3%

単純な確率で言えば、逃げ馬が最も勝率が高いという事になりますが、出走数が少なく、正直なところデータとしては信頼度が高いものとは言えません。

出走回数の多さを信頼度として測る場合、除外の対象として追込み馬は外すという消去法での組み立てが望ましいと考えます。ですので、このデータからは追込み馬を除外した組み立てを行うという流れで考えていきます。

枠番での勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
3枠3-0-1-1615.0%15.0%20.0%
6枠3-0-0-1715.0%15.0%15.0%
7枠2-1-1-247.1%10.7%14.3%
8枠1-2-1-263.3%10.0%13.3%
2枠1-1-2-165.0%10.0%20.0%
1枠1-1-2-165.0%10.0%20.0%
5枠0-2-4-140.0%10.0%30.0%
4枠0-2-0-180.0%10.0%10.0%

枠番での着順への影響ですが、高い確率で3枠、6枠が優勝している事がわかります。ただ、連帯率と複勝率でみた場合、どうしてもばらけたデータとなってしまっているので、参考値としての信頼度はあまり高くないと考えています。

ですので、この値を参考とする場合は東京競馬場の芝、左回りのデータを参考として引き、照らし合わせたものを予想に組み込んでいくほうが良さそうです。

ヴィクトリアマイル前提条件のまとめ

以上のデータを基に、馬券に絡むと考えられる馬の選定を行い、予想を組み立てていきます。

大よその馬の選定後、騎手のデータや血統適正、距離適性なども加味して、組み立てていきますが、現状では以下の内容で選定する感じになりそうです。

  • レースが荒れ模様の為、1番人気馬、人気薄馬の組み合わせが濃厚
  • ・4歳~5歳馬の中で前走の阪神牝馬S、中山牝馬Sで好走を見せた馬を中心
  • 追込み馬を除外し、距離適性から判断した中距離馬を選定

この条件を含め、出走馬の確定後、更なる条件で絞り込んで、最終的な予想を出していきます。