【2019】マイルチャンピオンシップ消去法データと外厩情報

データ競馬予想

2019年11月17日開催のマイルチャンピオンシップを消去法を使い予想していきます。
前回の過去傾向のデータを踏まえて、過去10年間で馬券に絡んだ馬のデータを基に消去法の条件を決めていますので、ご参考までにm(__)m

前回記事

【予想2019】マイルチャピオンシップ出走予定馬と過去データ
2019年11月17日開催のマイルチャンピオンシップの予想をしていきます。 まずはいつも通り、過去10年間のレースデータを基にした傾向を確認し、その中から消去法の為の差分条件を探り、最終的な予想とします。 消去法での予想は次回記事で更新...

マイルチャンピオンシップ2019最終考察


※クリックで大きく表示

過去のデータを見る限りでは、10番人気以下が馬券に絡んだのは2009~2011年までとなっており、それ以降で二桁番人気の大穴が馬券に絡んだ事はありません。
直近では2016~2017年の3着に7番人気馬が食い込む事はありましたが、連対ではほぼ5番人気以内と堅めの結果となる事が多いレースである事がわかります。

こちらの表を参考にし、前走成績などから消去条件を決めています。

確定枠順&騎手


過去データでは最も勝率~連対率で数値が高いのは1枠で[2-2-0-16]となっています。今走の1枠は現時点での2番人気ダノンキングリーが該当しており、プラス材料と考えられます。
反対に最も勝率が低いのは5枠で[0-1-0-19]と過去連対が一度のみ。アルアイン、クリノガウディーが5枠でこちらはマイナス材料。一番人気ダノンプレミアムの7枠ですが、過去[1-1-5-22]と勝率は高いとは言えないものの、3着内率では25%弱と高い数値となっています。

騎手別勝率

馬名 騎手 着別度数 勝率 連対率 3着内率 単回率 複回率
ダノンプレミアム 川田 将雅 13-4-7-27 25.5% 33.3% 47.1% 102.9% 140.6%
カテドラル 武 豊 8-5-6-28 17.0% 27.7% 40.4% 73.8% 75.7%
インディチャンプ 池添 謙一 4-7-0-41 7.7% 21.2% 21.2% 70.2% 82.9%
レイエンダ C.ルメール 4-5-4-18 12.9% 29.0% 41.9% 34.2% 70.3%
モズアスコット 和田 竜二 3-1-8-46 5.2% 6.9% 20.7% 160.7% 78.4%
クリノガウディー 藤岡 佑介 2-4-6-25 5.4% 16.2% 32.4% 45.4% 80.5%
タイムトリップ 幸 英明 2-3-2-38 4.4% 11.1% 15.6% 18.4% 37.8%
フィアーノロマーノ 藤岡 康太 1-2-3-24 3.3% 10.0% 20.0% 18.7% 37.0%
アルアイン R.ムーア 1-2-2-2 14.3% 42.9% 71.4% 45.7% 144.3%
プリモシーン W.ビュイック 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0% 435.0% 155.0%
ダノンキングリー 横山 典弘 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0% 288.0% 90.0%
グァンチャーレ 松岡 正海 0-1-1-3 0.0% 20.0% 40.0% 0.0% 166.0%
マイスタイル 田中 勝春 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0% 0.0% 410.0%
レッドオルガ 岩田 望来 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0% 0.0% 445.0%
ダイアトニック C.スミヨン 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0% 0.0% 230.0%
エメラルファイト 石川 裕紀人 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
ペルシアンナイト O.マーフィー 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

過去3年間の同コースでの騎手別の成績では、最も勝ち数が多いのは一番人気ダノンプレミアム鞍上の川田騎手で、13勝と群を抜いて高い結果です。3着内率で50%弱とこちらも非常に高い数値となっています。
次点ではカテドラル鞍上の武豊騎手で8勝、続いてインディチャンプの乗り替わりでの鞍上となる池添騎手とレイエンダ鞍上のルメール騎手が並んでいます。
2番人気ダノンキングリーは横山騎手への乗り替わりとなっていますが、ここで挙げた5人のうち川田騎手、ルメール騎手を除く3人は過去10年のうちマイルCSで勝ち経験があります。

消去法による予想

下記の表がマイルチャンピオンシップ2019の消去データです。

前走10着以下

前走成績が10着以下だった場合、過去10年間で一度も馬券に絡んだ事はなく消去対象となります。

[0-0-0-40]

こちらの条件では、アルアイン、プリモシーン、フィアーノロマーノが該当しています。特に前の二頭は実力的には有力馬と考えられる馬なので、この条件を適用するか迷いましたが、どちらも前走は故障などによる大敗ではない為、過去データを信頼し、こちらを消去条件としました。

前走GⅡ以下で6人気以下

前走がGⅡ以下となる馬の中で、6番人気以下だった場合は過去全て馬券外となっている為、消しとなります。

[0-0-0-49]

この条件ではカテドラル、クリノガウディー、エメラルファイト、タイムトリップの全4頭が該当しています。

斤量55kg以下※前走1人気を除く

今走の斤量が55kg以下となる馬の中で、前走人気が2番人気以下となる馬は過去馬券に絡んでいない為に消去対象です。

[0-0-0-23]

斤量が54~55kgだった馬は過去[0-0-3-27]と低調な結果が続いており、この中で1番人気を除く条件を加えるとこのような消去条件となります。

前走4角通過14番手以下

前走の4角の通過順位が14番手以下だった馬は過去馬券となっていない為、消しとしています。

[0-0-0-12]

この条件ではレイエンダと他2頭が該当していますが、前走の脚質が追い込みだった馬は成績不振で[0-2-0-26]となっています。また4角通過が13番手以下の合計では[0-1-0-18]という成績で、4角通過が後方の馬は馬券内率が低いと判断し、この条件を加えています。

前走スワンS3人気以下で当日4人気以下

前走がスワンSとなる馬の中で、前走3番人気以下、当日の人気が4番人気以下となる馬は過去に19頭該当し、全て馬券外となっているので消去としています。

[0-0-0-19]

前走レースがピンポイントになっていますが、スワンSからは上位1着~5着までが登録している為、この条件を加えています。こちらの条件ではマイスタイル以下の全3頭が消しとなっており、1~2着だったダイアトニック、モズアスコットがクリアとなっています。
※当日人気が条件となっているので予想が変更となる可能性があります

消去条件クリア馬

上記の消去条件を全てクリアしたのは以下の6頭です。

・ダノンプレミアム
・ダノンキングリー
・インディチャンプ
・ダイアトニック
・モズアスコット
・ペルシアンナイト

外厩情報

マイルCS2019の外厩情報は以下となります。

ノーザンファームしがらき

・インディチャンプ
・フィアーノロマーノ

ノーザンファーム天栄

・ダノンキングリー

以上がマイルCS2019の消去法予想となります。
実力馬が揃っており、予想の難易度はやや高めという印象でしたが、その分結果が楽しみなレースとなりましたね。

今回挙げた条件クリア馬で最終予想となる事が濃厚ですが、当日オッズに依存する消去条件となる為、最終的な予想については改めてブログランキングのほうで公開します。
またTwitterのほうでも情報は出しますので、よければそちらもフォローして頂けると嬉しいです♪

予想はコチラで
↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] 【2019】マイルチャンピオンシップ消去法データと外厩情報 2019.11.11201… 【予想2019】ジャパンカップ出走予定馬と配当過去データ 2019.11.11 【予想2019】マイルチャピオンシップ出走予定馬と過去データ 2019.11.082019.11.12 エリザベス女王杯2019推奨馬予想と消去データ 2019.11.042019.11.08 福島記念2019出走予定馬と過去データ 2019.11.042019.11.06 […]

タイトルとURLをコピーしました