【予想2019】チャレンジカップ消去法データと外厩情報

東京競馬場

11月30日開催のチャレンジカップを消去法を使って予想していきます。前回記事で挙げた過去傾向のデータと、直近10年間の馬券データを基に消去条件を決めていますので、ご参考までにm(__)m

前回記事

【チャンレンジカップ予想2019】出走予定馬と配当過去データ
2019年11月30日開催のチャレンジカップの予想を行っていきます。まずは過去10年間のレースデータを参考に、過去傾向をみていきます。その中で消し条件を探り、消去法による予想を行った上で最終的な予想を出していきます。 消去法予想につい...

【おすすめ直近の的中】
■3月7日(日)小倉11R
┗三連複BOX:10点×1000円
┗結果:11-7-31
┗払戻し:24,300円(回収率243%)

【おすすめ直近の的中】
■3月14日(日)中山3R
┗三連複BOX:20点×500円
┗結果:14-10-11
┗払戻し:51,300円(回収率513%)

3/7、3/14と立て続けに的中を出しており、特に3/14は回収率500%超えの高額配当。1万円の馬券代が推奨という事で少々高めの印象も受けるものの、しっかりと的中している点を考えれば参考にする価値は充分アリと考えられます。

2月中旬以降の結果では毎週コンスタントに的中が出ており、少額配当となった週もありますが、三連系での的中も多い事を考えれば、予想の精度はかなり高めです。3月末から競馬オンシーズンも無料で取得できる情報は非常に多いので、土日は欠かさずチェックしておきたいところですね。

>>無料予想にエントリー

チャレンジカップ2019最終考察

※クリックで大きく表示されます

過去の10年間では大きく荒れる年もあり、三連単配当では90万円以上がついた年もあります。
直近の2年間はどちらも5番人気以内が馬券内となっており、比較的順当な決着となっていますが、それ以前では荒れている傾向です。
これについては2012年から2016年は芝1800mのハンデ戦であって事が大きく影響していると考えられ、芝2000mの別定戦となった現在は大きく荒れる可能性は低いものと考えています。

確定枠順&騎手

枠番&馬番別勝率

過去のデータでは1枠が[0-0-0-15]と過去全てが馬券外というデータになっています。枠では突出した数値はありませんが、3~7枠のみが1着が出ているという結果です。
馬番でみた場合も最内の1番と最外の12番は過去一度も馬券に絡んでいないなど、内外がやや不利な傾向があると考えていいでしょう。

騎手別勝率

馬名 騎手 着別度数 勝率 連対率 3着内率 単回率 複回率
ノーブルマーズ 川田将雅 20-14-17-33 23.8% 40.5% 60.7% 123.2% 94.6%
ロードマイウェイ C.ルメール 9-11-4-32 16.1% 35.7% 42.9% 68.2% 66.3%
ハッピーグリン 武豊 9-10-5-34 15.5% 32.8% 41.4% 75.5% 68.8%
ベステンダンク 和田竜二 7-7-8-68 7.8% 15.6% 24.4% 82.2% 90.2%
トリオンフ 岩田康誠 3-7-11-45 4.5% 15.2% 31.8% 10.9% 67.7%
ケイアイノーテック 幸英明 3-5-6-61 4.0% 10.7% 18.7% 95.6% 86.4%
テリトーリアル 藤岡康太 2-6-3-30 4.9% 19.5% 26.8% 32.9% 101.5%
ステイフーリッシュ 中谷雄太 1-1-1-8 9.1% 18.2% 27.3% 41.8% 73.6%
ゴーフォザサミット 北村宏司 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0% 0.0% 75.0%
ブラックスピネル C.スミヨン 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
ギベオン L.デットーリ 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
ブレステイキング R.ムーア 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

同コースの騎手別成績では勝ち数、勝率、3着内率の全てで川田騎手が最も高い数値となっています。
単回率でも100%を超えている為、騎手別では買いと判断できます。次点のルメール騎手、武豊騎手も3着内率では40%を超えており数値は高めです。

消去法による予想

下記データが今回の消去データとなります。

前走GⅢ以下で10人気以下

前走がGⅢとなる馬の中で、10番人気以下だった馬は過去全てが馬券外となっている為、消去対象としています。

[0-0-0-18]

過去、前走10番人気以下で馬券内となった馬は全4頭ですが、全て前走がGⅡ以上の馬のみでした。菊花賞や東京優駿などクラシックからのローテとなる馬が中心となっており、前走GⅢ以下での大穴馬が来る可能性は低いと考えています。

4歳以上で前走1秒以上負け

馬齢4歳以上の馬の中で、前走1秒以上着差での負けとなった馬は全て馬券外で消去となります。

[0-0-0-26]

こちらも上の人気条件と同様に、前走で1秒以上の差で負けた馬で馬券内となっているのは、全て前走がGⅠとなる馬で、東京優駿と菊花賞からのローテとなる馬でした。

その為、4歳以上での馬券内は過去になく消しとしています。

6歳以上で斤量56kg以上、前走GⅡ以下で4着以下

少し複雑な条件となってしまいましたが、6歳以上の馬で今走の斤量が56kg以上、更に前走がGⅡ以下で4着以下という結果だった馬は全て馬券外となっている為、消去対象です。

[0-0-0-25]

前回の記事でも挙げた通り、チャレンジカップは6歳以上では一度も1着馬が出ておらず、連対率も低下する傾向にあります。その条件に斤量と前走成績を加えての差分条件です。

前走斤量55kg以下で9着以下

前走の斤量が55kg以下の馬の中で、9着以下となった馬は一度も馬券に絡んでいない為、消し対象となります。

[0-0-0-9]

こちらは過去該当する馬がやや少ない為、データの信頼度としては高いものではありませんが、登録馬の中ではハッピーグリンのみが該当しています。2017年に前走レース、成績などでほど同条件だったデニムアンドルビーが2着となったいますが、そちらは斤量が54kgでした。55kgという条件では全てが馬券外となるので、こちらを適用しています。

消去条件クリア馬

上記の条件を全てクリアしたのは以下の6頭です。

・ステイフーリッシュ
・ギベオン
・ロードマイウェイ
・トリオンフ
・ブレステイキング
・テリトーリアル

冒頭でお伝えした通り、2017年よりレース条件が変更となった事で荒れる傾向は緩和されていると考えている為、ある程度オッズに順当な結果となったかと思います。

執筆時点での本命、対抗予想は下記で公開中です。

本命予想
↓↓↓↓

対抗予想
↓↓↓↓

※最終予想で変更になる可能もあります

外厩情報

チャレンジカップ2019の外厩情報は以下となっています。

ノーザンファームしがらき

・トリオンフ
・ブラックスピネル
・ブレステイキング

グリーンウッド

・ギベオン
・ロードマイウェイ

ミホ分場

・ゴーフォザサミット

以上がチャレンジカップの消去法を使った予想です。

過去のデータから条件を引く際に、同条件というのは前提の部分になるので、このレースのようにレース条件が途中で大きく変わっている場合はどうしてもその信頼度は低下してしまうかと思います。

大きな変更はないと思いますが、追い切りや枠順などを見て予想の微調整はしていく予定です。特に前回記事で挙げたように、過去1枠は[0-0-0-15]と全て馬券外となっている為、この枠に入る馬は推奨馬でも消しとなる可能性があります。

その辺りも含めて、最終的な予想はブログランキングで公開する予定です。
Twitterのほうでも情報は出していくので、よければフォローして頂けると嬉しいです♪

最終予想はコチラで
↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました