【ステイヤーズステークス2019】厳選6頭!消去法データ予想

データ競馬予想

11月30日開催のステイヤーズSを消去法を使い、予想していきます。前回の過去傾向のデータと、過去10年間の出走馬データを基にして消去条件を決めていますので、ご参考までにm(__)m

前回記事

【ステイヤーズステークス予想2019】出走予定馬と配当過去データ
2019年11月30日開催のステイヤーズステークスの予想を行っていきます。まずは今回の記事で過去10年間のデータを基に消去条件を探り、次回の記事で消去対象となる馬を決め、最終的な予想を行っていく予定です。 更新しました ステ...

ステイヤーズS2019最終考察

過去傾向としては比較的荒れにくいレースとなっており、直近の4年間は1番人気が1着となっていて、1着馬で最も人気薄だった馬は2012年の8番人気のトウカイトリックで、それ以降は3番人気以内が占めています。

2,3番人気についても直近5年では6番人気以下が馬券内となったのは一度のみで、かなり堅めの結果になるレースと考えられます。またリピーターの多いレースでアルバートに関しては3年連続で1着となるなど、過去馬券内となった馬が再度好走するというのが目立つレースでもあります。

確定枠順&騎手

枠番&馬番別勝率


最も好走が多いのは5枠で過去の3着内率は30%を超えています。勝率でみた場合は1枠が最も高い数値となっています。
反対に最も数値が低いのは6枠で3着内率で10%強ですが、今年は出走頭数が少なめの為、過去の馬番別成績でみた場合「最も勝率の高い9番が6枠」となっています。馬番でみた場合は6枠よりも内側の勝率が安定しており、内枠有利の傾向が見えます。

騎手別勝率

馬名 騎手 着別度数 勝率 連対率 3着内率 単回率 複回率
リッジマン 蛯名 正義 1-1-0-1 33.3% 66.7% 66.7% 130.0% 113.3%
レイホーロマンス 横山 典弘 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0% 0.0% 330.0%
ヴァントシルム 田辺 裕信 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0% 0.0% 70.0%
モンドインテロ W.ビュイック 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0% 0.0% 160.0%
ララエクラテール 石橋 脩 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
サンシロウ 勝浦 正樹 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
エイシンクリック 津村 明秀 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
ネイチャーレット 野中 悠太郎 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
ベイビーステップ 大野 拓弥 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
メイショウテンゲン 池添 謙一 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
チェスナットコート 坂井 瑠星 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
オジュウチョウサン M.デムーロ 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
アルバート O.マーフィー 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

直近3年間の同コース別の勝率ですが、唯一勝利経験があるのはリッジマン鞍上の蛯名騎手のみとなっています。
ただこちらは過去傾向して十分なデータではないので、あくまで参考までに。

消去法による予想

以下がステイヤーズS2019の消去データです。

前走2200m以下で6着以下

前走が2200m以下となる馬の中で6着以下だった馬は全て馬券外となり消去対象です。

[0-0-0-36]

2200m以下で該当するのは2000m又は1800mの馬のみで、その内で前走5着というのが最も低い数値となっています。また前走2200m以下の馬が馬券内となったのは2015年が最後で、それ以降で3着内となった事はありません。

前走GⅢ以下で6着以下

前走クラスがGⅢ以下となる馬の中で、前走6着以下だった馬の馬券内はなく、消しとなります。

[0-0-0-39]

OPEN特別などからも馬券内が出る事は珍しくないレースですが、その全てが前走で5着内だった馬で前走で大敗している馬などは含まれません。昨年のリッジマンも前走がOPENですが、前走1着という成績での出走でした。

前走開催「東京」「京都」を除く2着以下

前走開催地が東京、京都を除く会場で、2着以下だった馬は全て馬券外となっており、消しとなります。

[0-0-0-24]

過去馬券となった馬の前走開催地は昨年のリッジマンの札幌開催を除き、全て東京、京都となっています。リッジマンは前走が1着という成績だった為、前走2着以下の条件を加え消去条件としています。

前走2勝クラス

前走が2勝クラスとなる馬は過去全て馬券外となっている為、消去対象になります。

[0-0-0-6]

出走頭数が少ない為、やや信頼性に欠けるデータではありますが、2勝クラスからは前走成績がよくても全てが馬券外となっている為、こちらは消しとする事にしました。

消去条件クリア馬

今回、消去条件を全てクリアしたのは以下の6頭となっています。

・アルバート
・リッジマン
・チェスナットコート
・メイショウテンゲン
・オジュウチョウサン
・ベイビーステップ

昨年1着のリッジマン、3年連続1着のアルバートなど人気上位馬が中心となりますが、堅めの展開が予想されるので、こちらで大きな変更はないと考えています。

執筆時点での本命、対抗予想は下記で公開中です。

本命予想
↓↓↓↓

対抗予想
↓↓↓↓

※最終予想で変更になる可能性もあります

以上が、今回の予想となります。
過去10年ではやや荒れた年もありましたが、特に直近の5年間はかなり堅めの決着となっている為、オッズの信頼度は高めと判断します。

最終的な予想については騎手、枠順などの確定後に行いますが、過去傾向として枠による有利不利の傾向は少ない為、消去条件クリア馬から大きく変動する事はないかと思います。

最終予想については下記のブログランキングで公開します。
Twitterのほうでも情報は出していくので、よければフォローして頂けると嬉しいです♪

最終予想はコチラで
↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました