【有馬記念】3連複的中!【ホープフルS】3連単的中!

【朝日杯フューチュリティステークス予想2019】出走予定馬と過去傾向配当データ

データ競馬予想

2019年12月15日開催の朝日杯フューチュリティステークスの予想の為、過去10年間のレースデータを基に、傾向を探っていきます。

まずはこちらの記事で過去傾向を確認し、次回の記事で消去法による予想をアップしていきます。

更新しました

【朝日杯フューチュリティステークス2019予想】消去法データと外厩情報
2019年12月15日開催の朝日杯フューチュリティSを消去法を使い予想していきます。前回挙げた記事のデータと過去10年間の馬データを参照し消去条件を決めていますので、ご参考までにm(__)m 前回記事 朝日杯フューチュリティ...

朝日杯フューチュリティS[GⅠ]

阪神11R 芝右外1600m サラ系2歳オープン (国際)牡・牝(指)馬齢

過去の傾向では阪神JFとは違い堅めの結果とはなっていません。過去10年間のうち7回は1~3着のいずれかに穴馬が絡んでおり、配当もやや高めとなっています。
過去10年の30頭中、6番人気以下は全8頭となっており、3着内率では26.6%と軽視できない数値です。

出走予定馬

馬名 性齢
ウイングレイテスト 牡2
エグレムニ 牡2
カリニート 牡2
クリノプレミアム 牝2
グランレイ 牡2
サリオス 牡2
ジュンライトボルト 牡2
タイセイビジョン 牡2
タガノビューティー 牡2
トリプルエース 牡2
ビアンフェ 牡2
プリンスリターン 牡2
ペールエール 牡2
マイネルグリット 牡2
メイショウチタン 牡2
ラウダシオン 牡2
レッドベルジュール 牡2

執筆時点での登録馬は全17頭となっており、前評判としては頭一つ抜けているサリオス、デイリー杯1着のレッドベルジュール、京王杯2歳S1着のタイセイビジョンあたりが本命候補と考えられます。

登録馬の中での上がり最速は33.1秒のサリオスですが、ペールエールも新潟で同上がりタイムを記録しています。

朝日杯フューチュリティS2019の過去データ分析

以下が過去10年間のレースデータです。まずは過去傾向を探り、消去条件にできるデータを探っていきます。

人気別勝率

人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-2-1-3 40.0% 60.0% 70.0%
2番人気 2-1-2-5 20.0% 30.0% 50.0%
3番人気 0-1-2-7 0.0% 10.0% 30.0%
4番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
5番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
6番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
7番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
8番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気以下 0-1-2-70 0.0% 1.4% 4.1%

人気別では1番人気に関しては勝率40%、3着内率で70%と好走が目立っています。
ただ過去7番人気までが1着となっており、当日の人気薄馬であっても軽視はできません。

また2着以下では穴馬が馬券に絡む事も珍しくなく、昨年も9番人気のクリノガウディーが2着とやや荒れる展開となっていましたので、今年も人気薄の馬を抑えておく必要はありそうです。

単勝オッズ別勝率

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
1.0~1.4 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
1.5~1.9 0-1-1-1 0.0% 33.3% 66.7%
2.0~2.9 2-0-0-2 50.0% 50.0% 50.0%
3.0~3.9 1-0-1-1 33.3% 33.3% 66.7%
4.0~4.9 2-0-0-1 66.7% 66.7% 66.7%
5.0~6.9 1-2-2-5 10.0% 30.0% 50.0%
7.0~9.9 1-1-0-9 9.1% 18.2% 18.2%
10.0~14.9 2-1-3-10 12.5% 18.8% 37.5%
15.0~19.9 0-2-1-5 0.0% 25.0% 37.5%
20.0~29.9 0-0-0-16 0.0% 0.0% 0.0%
30.0~49.9 1-0-0-20 4.8% 4.8% 4.8%
50.0~99.9 0-2-2-21 0.0% 8.0% 16.0%
100.0~ 0-0-0-42 0.0% 0.0% 0.0%

単勝オッズでは50~99.9倍までの層が馬券内となるなど、かなり高いオッズの馬が馬券に絡んでいる事がわかります。

また意外な点として、オッズが1.9倍以下の人気馬が過去1着となった事はありません。過剰人気とも考えられますが、前評判通りにいかない展開となっていると考えていいでしょう。

枠番別勝率

枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 2-1-2-14 10.5% 15.8% 26.3%
2枠 1-1-4-14 5.0% 10.0% 30.0%
3枠 1-3-0-16 5.0% 20.0% 20.0%
4枠 2-0-0-18 10.0% 10.0% 10.0%
5枠 0-2-0-18 0.0% 10.0% 10.0%
6枠 1-3-0-16 5.0% 20.0% 20.0%
7枠 1-0-3-18 4.5% 4.5% 18.2%
8枠 2-0-1-19 9.1% 9.1% 13.6%

枠では顕著に内枠有利の傾向にあり、最内の1枠が最も勝率が高く10.5%程です。3着内まで見ても2枠が最も高い数値となっているので、1,2枠は好走枠と考えて間違いないでしょう。

前走着順別勝率

前走着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 10-5-8-60 12.0% 18.1% 27.7%
2着 0-2-1-22 0.0% 8.0% 12.0%
3着 0-0-1-7 0.0% 0.0% 12.5%
4着 0-1-0-7 0.0% 12.5% 12.5%
5着 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0.0%
6~9着 0-2-0-21 0.0% 8.7% 8.7%
10着以下 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0.0%

前走の着順別では過去の1着馬は全て前走が1着の馬となっており、データとして考えれば前走2着以下の本命はナシとなります。
前走が2着以下となると馬券内率は急激に低下し、最も高い3着内率でも12.5%と前走1着馬と比較して半分以下の数値となっています。

前走人気別勝率

前走人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1人気 6-2-5-24 16.2% 21.6% 35.1%
2人気 2-2-1-22 7.4% 14.8% 18.5%
3人気 0-4-0-16 0.0% 20.0% 20.0%
4人気 1-0-1-13 6.7% 6.7% 13.3%
5人気 0-1-2-20 0.0% 4.3% 13.0%
6~9人気 1-0-1-29 3.2% 3.2% 6.5%
10人気以下 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%

前走人気では着順とは違い、前走で6~9人気と比較的人気の薄かった馬も1着になるなど、幅広く馬券に絡んでいます。

ただ確率としては低く、過去10年で1着は二回のみとなっており、多くは1~2人気以内なので、ここは順当に考えていくほうがベターかと思います。

前走着差別勝率

前走着差 成績 勝率 連対率 3着内率
勝1.0~1.9 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
勝0.6~0.9 0-1-1-2 0.0% 25.0% 50.0%
勝0.3~0.5 2-2-3-8 13.3% 26.7% 46.7%
勝0.1~0.2 6-2-2-32 14.3% 19.0% 23.8%
勝0.0 1-0-2-17 5.0% 5.0% 15.0%
負0.0 0-0-1-7 0.0% 0.0% 12.5%
負0.1~0.2 0-1-1-14 0.0% 6.3% 12.5%
負0.3~0.5 0-3-0-18 0.0% 14.3% 14.3%
負0.6~0.9 0-0-0-21 0.0% 0.0% 0.0%
負1.0~1.9 0-1-0-10 0.0% 9.1% 9.1%
負2.0~2.9 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
負3.0~3.9 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0%
負4.0~ 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

前走着差では前走で0.6秒以上の負けとなる馬は[0-1-0-34]と高い確率で馬券外となっています。これは登録馬の中でも該当する馬はいますので、除外とならなければこの条件から消去対象となりそうです。

前走間隔別勝率

間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
連闘 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
2週 0-0-2-10 0.0% 0.0% 16.7%
3週 4-0-0-10 28.6% 28.6% 28.6%
4週 2-4-1-34 4.9% 14.6% 17.1%
5~9週 3-5-5-64 3.9% 10.4% 16.9%
10~25週 1-1-2-14 5.6% 11.1% 22.2%

前走間隔では2週以下の間隔となる馬は過去に連対が一度もなく、消し候補となりそうです。比較的間隔の空いている馬については成績は悪くはなくマイナス材料とならないと考えていいでしょう。

前走クラス別勝率

前走クラス 成績 勝率 連対率 3着内率
新馬 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
未勝利 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%
1勝 5-1-4-30 12.5% 15.0% 25.0%
OPEN特別 0-0-1-22 0.0% 0.0% 4.3%
G3 2-4-1-22 6.9% 20.7% 24.1%
G2 2-5-4-43 3.7% 13.0% 20.4%

前走クラスでは、前走が未勝利戦となる馬は過去一度も馬券内がありません。またOPEN特別だった馬についても[0-0-1-22]と不調です。詳細なデータは次の記事で確認しますが、これについても消去条件の一つとなりそうです。

前走距離別勝率

前走距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1200m 0-0-0-15 0.0% 0.0% 0.0%
1400m 1-4-4-53 1.6% 8.1% 14.5%
1600m 7-3-6-33 14.3% 20.4% 32.7%
1800m 1-3-0-26 3.3% 13.3% 13.3%
2000m 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%

前走が1200mとなる馬は消去対象となりますが、登録馬の中には該当する馬はいません。対して最も好走が多いのは同距離の1600mが前走となる馬で、過去10年の内で7回は前走1600mの馬が1着となっています。

前走4角順位別勝率

前走4角順位 成績 勝率 連対率 3着内率
1番手 0-0-2-12 0.0% 0.0% 14.3%
2番手以内 3-2-3-34 7.1% 11.9% 19.0%
3番手以内 3-4-6-49 4.8% 11.3% 21.0%
4番手以内 7-5-7-61 8.8% 15.0% 23.8%
5番手以内 8-5-7-71 8.8% 14.3% 22.0%
7番手以内 10-7-8-99 8.1% 13.7% 20.2%
10番手以内 10-9-9-122 6.7% 12.7% 18.7%

前走4角の通過順位が1番手だった馬は過去に連対が一度もなく、逃げ馬が勝ちにくいという傾向がみてとれます。
1着となる馬は4角通過が7番手以内だった馬で、それ以下はありません。ですので、本命候補を絞る際には前走4角通過順位が2~7番手以内というのが一つの指標となりそうです。

1番人気は[4-2-1-3]で3着内率70%
8人気以下は[0-2-2-79]で過去1着なし
単勝オッズ1.0~1.9は[0-2-1-1]で過去1着なし
単勝オッズ50~99.9は[0-2-2-21]で軽視禁物
前走2着以下は[0-5-2-73]で過去1着なし
本命候補は前走2人気以内[8-4-6-46]が濃厚
前走0.6秒以上の負けは[0-1-0-34]で消し候補
間隔2週以内は[0-0-2-11]で過去連対なし
前走未勝利、OPENは合計[0-0-1-31]と消し候補
前走1600mは[7-3-6-33]で勝率高め
前走4角1番手は[0-0-2-12]、7番手以内が[10-7-8-99]なので本命候補は2~7番手以内

以上が朝日杯フューチュリティSの過去傾向となります。

阪神JFはほぼ同条件でかなり堅めの結果ばかりでしたが、朝日杯FSは荒れる傾向にあります。1番人気の馬券内率は高めですが、前評判通りとはいかず、人気薄の馬が高い確率で絡んできています。ただその中でも9人気以下は過去で2度のみですので、馬券内は8人気以内が濃厚と考え予想をしていきます。

これらを踏まえ、消去条件を決め、次回の記事で予想を挙げていきます。
最終的な予想についてはブログランキングで公開予定です。
Twitterのほうでも情報を出していくので、よければフォローして頂けると嬉しいです♪
↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] 【朝日杯フューチュリティステークス予想2019】出走予定馬と過去傾向配当… switchにて無料情報で 12月1日(日)阪神5R 三連複≪90,400円≫的中!! 12月1日(日)中山12R 複勝≪62,000円≫的中!! 合計152,400円獲得!! […]

タイトルとURLをコピーしました