【ターコイズステークス2019】過去データからみる消去法予想

データ競馬予想

2019年12月14日開催のターコイズステークスを消去法を使って予想していきます。前回記事のデータと、直近10年間の出走馬データを基にしているので、ご参考までm(__)m

過去大荒れ傾向のレースの為、データを使った消去法予想の信頼度は低めかと思います(~_~;)予めご了承下さい。。。

前回記事

【ターコイズステークス2019予想】10年間の過去傾向と配当データ
2019年12月14日開催となるターコイズSの予想を行う為、過去のレースデータを参考に傾向を探っていきます。データは過去10年分をピックアップしていますので、ご参考までにm(__)m 消去法予想記事を更新しました ターコイズ...

ターコイズステークス2019最終考察


直近の10年間はこれでもか!というくらいに荒れた結果で、前走着順など消去法で必要なデータがあまりあてにならないレース傾向です。過去10年間の30頭中6人気以下は6頭、10人気以下は8頭と約半数は6人気以下が馬券内という結果になっています。

というのも表ではわかりにくいかと思いますが、このレースはかなり斤量差がある為、こうした結果に繋がる大きな要因と推測できますので、今回は斤量での傾向を多く取り入れ消去条件を決めています。

確定枠順

枠番&馬番別勝率

過去10年間では4枠が圧倒的に成績がよく、[4-2-2-11]という結果です。ですので、シゲルピンクダイヤ、エスポワールについてはプラス材料と考えています。反対に最も成績が悪いのは6枠で、過去3着が一度のみという結果ですので、ここは割引材料と考えられます。

騎手別勝率

馬名 騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
コントラチェック C.ルメール 19-8-9-26 30.6% 43.5% 58.1% 62.4% 74.7%
ハーレムライン 大野拓弥 15-13-13-111 9.9% 18.4% 27.0% 96.5% 69.1%
トロワゼトワル 横山典弘 10-11-8-47 13.2% 27.6% 38.2% 125.4% 101.6%
エスポワール M.デムーロ 10-7-4-17 26.3% 44.7% 55.3% 70.3% 73.2%
ダノングレース 三浦皇成 9-9-6-95 7.6% 15.1% 20.2% 96.3% 49.1%
モアナ 石橋脩 7-6-9-80 6.9% 12.7% 21.6% 65.3% 93.3%
デンコウアンジュ 柴田善臣 6-3-6-69 7.1% 10.7% 17.9% 60.8% 57.9%
フローレスマジック 北村宏司 5-9-3-79 5.2% 14.6% 17.7% 24.7% 46.0%
ウインシャトレーヌ 松岡正海 5-1-8-93 4.7% 5.6% 13.1% 60.7% 46.7%
フィリアプーラ 丸山元気 5-0-4-35 11.4% 11.4% 20.5% 115.5% 59.5%
メイショウグロッケ 蛯名正義 4-11-9-76 4.0% 15.0% 24.0% 18.7% 95.6%
ディメンシオン O.マーフィー 4-1-1-7 30.8% 38.5% 46.2% 146.2% 72.3%
フロンテアクイーン 津村明秀 3-7-7-72 3.4% 11.2% 19.1% 25.7% 62.9%
オールフォーラヴ W.ビュイック 1-1-0-4 16.7% 33.3% 33.3% 40.0% 51.7%
リバティハイツ 藤岡佑介 0-2-0-7 0.0% 22.2% 22.2% 0.0% 36.7%
シゲルピンクダイヤ 和田竜二 0-0-1-7 0.0% 0.0% 12.5% 0.0% 25.0%

直近3年間の同コース騎手別成績ですが、勝ち数が最も多いのはコントラチェック鞍上のルメール騎手となっています。勝率ではディメンシオン鞍上のマーフィー騎手の数値が高く単回率でも100%超えです。
トロワゼトワル鞍上の横山騎手も単回率、複回率で100%超えとなっており、エスポワール鞍上のデムーロ騎手は複勝率が55.3%と高めの数値です。

消去法による予想

下記がターコイズS2019の消去データです。

消去条件について一つずつ解説をしていきます。

前走GⅡ以下7着以下で今走斤量54kg以上

前走がGⅡ以下の7着以下となる馬の中で、今走の斤量が54kg以上だった馬は過去全て馬券外となっている為、消去対象となります。

[0-0-0-17]

前走成績があまりあてにならないレースではありますが、斤量による偏りがある程度みられ、前走GⅡ以下の馬では斤量54kg以上となると、前走6着以内の馬のみが馬券内となっています。馬券内となったのは過去5頭で、昨年のリバティハイツ、デンコウアンジュもこれに該当します。その為、前走成績を7着以下として消去条件としています。

今走斤量54kg以上で前走1.1秒以上負け

斤量54kg以上を背負った馬が前走で1.1秒以上の負けだった場合、全て馬券外の為、この条件で消しとなります。

[0-0-0-14]

前走がGⅠとなる馬は重い斤量でも馬券内となっている事が多いですが、前走で1.1秒以上の大敗をしてしまった場合は全て馬券外です。過去、斤量が54kg以上で最も前走着差がついている馬は2012年2着のオメガハートランドで、前走GⅠ秋華賞で着差1.0秒の負けとなっています。

今走の高人気馬に予想されるコントラチェックもこの条件に当てはまっている為、消去対象としています。

5歳以上前走3勝クラス以下で今走斤量52kg以上

5歳以上となる馬の中で、前走が3勝クラス以下、今走の斤量が52kg以上となる馬は全て馬券外の為、消去対象です。

[0-0-0-8]

該当する頭数が少ない為、データとしてやや信頼度が低めですが、前走が3勝クラス以下となる馬の中で5歳以上が馬券内となったのは過去に1度で、2011年のマイネプリンセスのみとなります。この時の斤量が51kgで、それ以上の斤量を背負った馬が過去馬券に絡んだ事はありません。

前走GⅢ,2勝クラスで当日3人気以下

前走がGⅢ、または2勝クラスとなる馬の中で、当日の人気が3番人気以下だった場合、全て馬券外となり消しとなります。

[0-0-0-20]

前走がGⅢ、2勝クラスとなる馬はかなり低調で、過去の成績は[0-0-1-20]となっています。唯一3着となったのは2012年のアミカブルナンバーで、当日2人気となっていました。その条件を差分し、こちらの条件で消去としています。

6歳以上で当日4人気以下

6歳以上の馬の中で、当日4番人気以下だった馬は過去一度も馬券に絡んでいない為、消去対象となります。

[0-0-0-17]

過去傾向では6歳以上の馬はかなり低調となっており、[0-0-1-17]という結果です。3着となったのは2016年のカフェブリリアントで当日3番人気でした。ですので4番人気以下という条件を加えて消去対象としています。

ただ、この条件はと上の条件は当日オッズが含まれる為、暫定的なものとなります。特に6歳以上の条件では昨年好走を見せた馬も含まれ、人気する事も考えられる為、オッズの変動によっては消去対象から外れます。

消去条件クリア馬

今回の条件を全てクリアしたのは以下の7頭です。

シゲルピンクダイヤ
エスポワール
ディメンシオン
オールフォーラヴ
メイショウショウブ
ブランノワール
メイショウオワラ

※ブランノワール、メイショウショウブ、メイショウオワラは回避、除外

除外馬が多く出てしまったので、最終予想では消去対象となった馬を見直し、一部予想に組み込む予定です。

執筆時点での本命、対抗予想は下記で公開中です。

本命予想
↓↓↓↓

対抗予想
↓↓↓↓

※最終予想で変更となる可能性もあります

Youtubeで動画も公開中です
↓↓↓↓

【ターコイズステークス2019】過去傾向から探る消去法を使った厳選6頭予想

以上がターコイズステークス2019の消去法予想となります。
冒頭でもお伝えしましたが、過去が大荒れ傾向のレースの為、消去条件の信頼度は低めかと思います(^_^;)

ですので、あくまで参考程度に考えて頂けると幸いですm(__)m

最終的な予想についてはブログランキングで掲載する予定ですが、Twitter、Youtubeでも情報を出しているので、よければそちらもフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいです♪
最終予想はコチラで
↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました