【京都金杯2020予想】過去10年間データから探る消去法予想と外厩情報

データ競馬予想

2020年1月5日開催の京都金杯を消去法を使って予想していきます。
前回記事で挙げた過去レースのデータと、出走馬のデータを基に消去条件を決めています。

※執筆時点では斤量などの発表もまだでしたので、消去内容はかなり暫定的なものになります。各データが揃ってから都度調整していきますので、最終予想とは変更になる可能性があります

前回記事

【京都金杯2020予想】やや荒れの過去傾向、配当データと出走予定馬
2020年1月5日開催の京都金杯の予想を行っていきます。まずは過去10年間のデータを基に傾向を探り、その上で出走馬のデータを洗って消去条件を決めていきますので、ご参考までにm(__)m 消去法予想記事 京都金杯 京都11R...

京都金杯2020最終考察

タップで大きく表示

過去10年間の1~3着となった馬のデータですが、データの偏りが少なめです。
1人気は過去6度馬券内となっていますが、10人気以下も4度馬券内となっており、順当決着にはなりにくい傾向があります。前走凡走馬も高い確率で馬券内となっているため、人気薄馬でもあっても軽視できません。

人気や前走成績での条件差分が難しい為、かなり細かい消去条件となってしまいましたが、ご参考までにm(__)m

確定枠順&騎手

枠番&馬番別勝率


過去10年の好走枠は1枠で勝率15.8%、3着内率で31.6%という結果です。3枠も3着内率では同水準の31.6%となっています。
最も不調な枠は7枠で、過去連対が一度のみという結果です。執筆時点で1人気のカテドラルはこれに該当しています。

騎手別勝率

馬名 騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
ソーグリッタリング 川田将雅 13-5-7-27 25.0% 34.6% 48.1% 101.0% 140.4%
サウンドキアラ 松山弘平 11-4-4-46 16.9% 23.1% 29.2% 178.2% 82.8%
ドーヴァー 福永祐一 9-5-6-25 20.0% 31.1% 44.4% 155.1% 91.1%
カテドラル 武豊 8-5-6-30 16.3% 26.5% 38.8% 70.8% 72.7%
メイショウショウブ 池添謙一 5-7-0-43 9.1% 21.8% 21.8% 78.0% 81.8%
タイムトリップ 岩田康誠 4-7-6-34 7.8% 21.6% 33.3% 56.3% 90.8%
オールフォーラヴ 和田竜二 3-1-8-49 4.9% 6.6% 19.7% 152.8% 74.6%
ダイアトニック 北村友一 3-1-3-19 11.5% 15.4% 26.9% 250.0% 178.1%
ブレステイキング 藤岡佑介 2-5-6-26 5.1% 17.9% 33.3% 43.1% 80.8%
ストロングタイタン 幸英明 2-3-3-39 4.3% 10.6% 17.0% 17.7% 54.7%
モズダディー 酒井学 2-2-1-15 10.0% 20.0% 25.0% 74.0% 93.5%
マルターズアポジー 松若風馬 1-2-3-36 2.4% 7.1% 14.3% 6.0% 41.9%
ボンセルヴィーソ 太宰啓介 1-1-3-17 4.5% 9.1% 22.7% 295.0% 220.0%
エントシャイデン 坂井瑠星 0-1-1-12 0.0% 7.1% 14.3% 0.0% 26.4%
ハッピーグリン 吉田隼人 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3% 0.0% 213.3%
メイケイダイハード 柴山雄一 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
エメラルファイト 石川裕紀人 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
マイネルフラップ 国分優作 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

最も勝率が高いのはソーグリッタリング鞍上の川田騎手で、勝率25%、複勝率では48.1%となっています。また単回率、複回率でも共に100%超えです。
次点の勝率はドーヴァー鞍上の福永騎手で、勝率20%、複勝率で44.4%となっています。勝ち数ではサウンドキアラ鞍上の松山騎手が11勝で2番手です。

消去法による予想

以下が今回の消去条件となります。

前走OPEN以下で6着以下

前走がOPEN特別以下となる馬の中で6着以下だった馬は全てが馬券外となっている為、消去対象となります。

[0-0-0-24]

前走がOPEN特別以下で馬券内となったのは過去11頭ですが、その中の前走最低着順は2018年1着ブラックムーン、2016年1着ウインプリメーラ、2015年3着マイネルメリエンダの3頭が前走5着という成績でした。その他は全て前走3着内となっており、6着以下での馬券内は一度もないため、この条件を適用しています。

関東所属で前走6着以下

関東所属馬の中で、前走成績が6着以下だった馬は全て馬券外となっており、この条件で消しとなります。

[0-0-0-11]

京都金杯は関東馬の馬券内は少なく、過去4頭のみです。その中で前走成績が最も悪かったのは、上記でも挙げた2015年3着マイネルメリエンダの5着という結果です。ですので、関東馬の中で前走6着以下は消しとしています。

8歳以上で前走4着以下

馬齢8歳以上の馬の中で、前走成績が4着以下だった馬は一度も馬券になっていないため、この条件で消去です。

[0-0-0-14]

8歳以上の馬の出走は過去10年で15頭該当がありますが、そのうち馬券内となったのは2017年のフィエロのみです。フィエロは前走が3着という結果で、4着以下だった8歳以上の馬は馬券となっていないので、この条件で消しです。

前走チャレンジCで5人気以下

前走がチャレンジCの馬の中で、前走人気が5人気以下だった馬は全て馬券外の為、消去対象です。

[0-0-0-6]

この条件は該当数が少ない為、やや信頼度は低めのデータですが、過去チャレンンジCが前走となる馬は全8頭で、その内馬券内となったのは2頭です。2頭の前走人気は最低4人気となっており、5人気以下は馬券外となっているので、この条件を適用しています。

前走着差1.4秒以上での負け

前走で着差1.4秒以上の差をつけられて負けた馬は一度も馬券内となっていない為、消去対象になります。

[0-0-0-21]

荒れる傾向が強い京都金杯ですが、前走の着差はそれほど大きくなく、最も大きな着差でも1.3秒負けです。前走でそれ以上の着差の馬が馬券内となった事はない為、1.4秒以上差を差分条件として消しとしています。

前走OPEN以下で当日8人気以下

前走がOPEN特別以下となる馬の中で、当日オッズで8人気以下だった馬は全て馬券外となっており、消去対象です。

[0-0-0-38]

上の条件でも挙げましたが、前走がOPEN特別以下での馬券内は過去11頭で、その内当日7人気が最低人気でした。前走OPEN以下の馬券内も決して少なくないレースですが、当日ある程度の人気を得ている馬でなければ馬券内はないと判断しましたので、この条件を適用しています。

※当日人気が条件の為、執筆時点での暫定的な条件です

前走3勝クラスで当日3人気以下

前走が3勝クラスとなる馬の中で、当日オッズが3人気以下だった馬は一度も馬券内となっていない為、消しとなります。

[0-0-0-11]

上の条件と被る部分がありますが、前走3勝クラスの馬で過去馬券内となったのは2頭のみで、その2頭はどちらも当日オッズが2人気以内でした。前走3勝クラス馬は高人気となった場合は買いと判断できますが、3人気以下の場合は過去に例がない為、この条件で消しとしています。

※当日人気が条件の為、執筆時点での暫定的な条件です

消去条件クリア馬

今回の条件を全てクリアしたのは下記7頭です。

カテドラル
ソーグリッタリング
ダイアトニック
ストロングタイタン
ハッピーアワー
メイショウショウブ
ブレステイキング

※当日人気などの条件もあるので執筆時点の暫定的なものです
※1頭が回避、除外となりました

※1.4追記※開催前日時点では、消去条件「前走OPEN以下で当日8人気以下」で当日人気の条件からサウンドキアラがクリアとなっています

執筆時点での本命、対抗予想は下記で公開中です。

本命予想
↓↓↓↓

対抗予想
↓↓↓↓

※最終予想で変更となる可能性もあります

外厩情報

外厩情報は動画で公開しています

↓↓↓↓

京都金杯2020【消去法予想】出走予定馬全26頭から19頭を消し!消去データと過去傾向&外厩情報

以上が京都金杯2020の消去法予想となります。

冒頭でもお伝えした通り、今回の消しデータは記事執筆時点で発表となっていないデータなどもあるので、かなり暫定的な部分があります。
更にクリア馬の除外や回避なども考えられるので、その都度記事を更新していきます。

最終的な予想についてはレース前日から当日の間でブログランキングのほうで公開する予定です。

またTwitter、Youtubeでも情報を出しているので、よければフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいです♪

最終予想はコチラで
↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] 【京都金杯2020予想】過去10年間データから探る消去法予想と外厩情報2020年… […]

タイトルとURLをコピーしました