【有馬記念】3連複的中!【ホープフルS】3連単的中!

【シンザン記念2020予想】過去10年間の傾向と配当データ

データ競馬予想

2020年1月12日開催のシンザン記念の予想を行っていきます。まずは過去10年間の傾向を確認し、次回の記事で消去法を使って予想をしていきますので、ご参考までにm(__)m

消去法予想記事

【消去法予想】シンザン記念2020過去結果から探る消去データと外厩情報
2020年1月12日開催のシンザン記念を消去法を使って予想していきます。 前回の記事で挙げた過去レースのデータと併せ、過去出走馬のデータを基に過去傾向を見て消去条件を決めていますので、ご参考までにm(__)m 前回記事 シ...

シンザン記念[GⅢ]

京都11R 芝右外1600m サラ系3歳オープン (国際)(特指)別定

過去10年間の傾向としては荒れる事が多く、5人気以内の順当決着となったのは2014年のみで、それ以外の年では毎年6人気以内が絡んでおり、3着内に人気薄馬が2頭という結果も珍しくありません。

過去出走の30頭中、13頭は6人気以下という結果で、1人気が飛ぶことも多く、予想は難解なレースと考えられます。

出走予定馬

馬名 性齢
オーマイダーリン 牝3
カイトレッド 牝3
カバジェーロ 牡3
コルテジア 牡3
サンクテュエール 牝3
タガノビューティー 牡3
ディモールト 牡3
ヒシタイザン 牡3
フルフラット 牡3
プリンスリターン 牡3
ルーツドール 牝3
ヴァルナ 牡3

現時点での登録馬は全12頭で、アルテミスS2着のサンクテュエール、朝日杯4着のタガノビューティーあたりはオッズの予想としては人気しそうですね。
個人的にはアルテミスS2着で、上がりも過去2レースで33.6と好時計、更に今走では斤量も軽いサンクテュエールは推したいところです。

シンザン記念2020の過去データ分析

シンザン記念の過去10年間のデータです。
これらのデータから過去の傾向を探っていきます。

人気別着順

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3-0-1-6 30.0% 30.0% 40.0%
2番人気 2-2-1-5 20.0% 40.0% 50.0%
3番人気 0-1-2-7 0.0% 10.0% 30.0%
4番人気 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
5番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
6番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
8番人気 2-0-0-8 20.0% 20.0% 20.0%
9番人気 0-4-0-6 0.0% 40.0% 40.0%
10番人気以下 0-1-3-50 0.0% 1.9% 7.4%

過去10年間で最も馬券内となっているのは2人気の馬で複勝率は50%という結果です。
4人気までは[7-4-5-24]で勝率17.5%、複勝率40%となっています。1着については4人気までは比較的信頼度が高いと考えていいでしょう。

荒れる傾向が強い為、人気薄も軽視はできない結果になっており、特に7~9人気は[3-5-0-22]と8回の連対と高い確率で馬券内となっています。

枠番別勝率

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 1-3-1-9 7.1% 28.6% 35.7%
2枠 2-1-2-11 12.5% 18.8% 31.3%
3枠 2-0-2-12 12.5% 12.5% 25.0%
4枠 2-2-1-12 11.8% 23.5% 29.4%
5枠 1-0-0-18 5.3% 5.3% 5.3%
6枠 0-2-0-18 0.0% 10.0% 10.0%
7枠 1-0-2-18 4.8% 4.8% 14.3%
8枠 1-2-2-16 4.8% 14.3% 23.8%

枠番では内枠有利が顕著で、最も馬券内が多いのは1枠[1-3-1-9]で複勝率は35.7%となっています。勝率として高めなのは4枠までで合計で[7-6-6-44]です。
5,6枠は低調で合計[1-3-0-36]、特に5枠は馬券内は過去一度のみという結果になっています。

内が有利というのは顕著ですが、最外となる8枠の複勝率は決して低い数値ではない為、軽視は禁物です。

前走着順別勝率

前走着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 4-5-5-55 5.8% 13.0% 20.3%
2着 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
3着 0-1-0-8 0.0% 11.1% 11.1%
4着 2-1-1-7 18.2% 27.3% 36.4%
5着 0-1-1-7 0.0% 11.1% 22.2%
6~9着 2-1-2-15 10.0% 15.0% 25.0%
10着以下 1-1-1-18 4.8% 9.5% 14.3%

前走着順では1着馬からの馬券内は多いですが、確率で見た場合、決して高いというものではなく、数値では全体的に大きな差はないという結果になっています。また前走6~9着だった馬の複勝率が25%と高めになっており、前走凡走馬であっても馬券内は十分にあり得ると考えていいでしょう。

前走人気別勝率

前走人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1人気 5-4-3-24 13.9% 25.0% 33.3%
2人気 2-1-1-10 14.3% 21.4% 28.6%
3人気 0-0-1-14 0.0% 0.0% 6.7%
4人気 0-0-0-12 0.0% 0.0% 0.0%
5人気 0-1-2-6 0.0% 11.1% 33.3%
6~9人気 1-3-1-27 3.1% 12.5% 15.6%
10人気以下 2-1-2-21 7.7% 11.5% 19.2%

前走人気としては2人気以内の信頼度が高めで、3人気以下となると数値が低下しています。1~2人気の合計は[7-5-4-34]で複勝率は32%、3~5人気は[0-1-3-32]で複勝率は11.1%となります。

また前走10人気以下だった馬も複勝率で19.2%と、軽視はできない数値となっています。

前走着差別勝率

前走着差 成績 勝率 連対率 複勝率
勝1.0~1.9 0-0-0-1 0.00% 0.00% 0.00%
勝0.6~0.9 3-0-0-7 30.00% 30.00% 30.00%
勝0.3~0.5 1-1-1-10 7.70% 15.40% 23.10%
勝0.1~0.2 1-2-4-24 3.2% 9.7% 22.6%
勝0.0 0-2-0-13 0.0% 13.3% 13.3%
負0.0 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
負0.1~0.2 1-1-0-4 16.7% 33.3% 33.3%
負0.3~0.5 1-2-2-15 5.0% 15.0% 25.0%
負0.6~0.9 2-2-2-20 7.7% 15.4% 23.1%
負1.0~1.9 1-0-1-10 8.3% 8.3% 16.7%
負2.0~2.9 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%
負3.0~3.9 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

前走着差では大きな偏りは確認できませんが、前走2.0秒以上の大敗した馬については該当する数が少ないものの、全てが馬券外となっています。

前走クラス別勝率

前走クラス 成績 勝率 連対率 複勝率
新馬 1-2-1-9 7.7% 23.1% 30.8%
未勝利 2-1-1-30 5.9% 8.8% 11.8%
1勝 4-3-5-39 7.8% 13.7% 23.5%
2勝 0-0-0-0 0.00% 0.00% 0.00%
3勝 0-0-0-0 0.00% 0.00% 0.00%
OPEN特別 0-1-0-5 0.0% 16.7% 16.7%
G3 1-0-1-5 14.3% 14.3% 28.6%
G2 0-2-0-4 0.0% 33.3% 33.3%
G1 2-1-2-20 8.0% 12.0% 20.0%

前走クラスで最も勝ち数が多いのは1勝クラスからの馬で[4-3-5-39]となっています。
ただ前走クラスでの傾向も偏りは少なく、複勝率でみた場合全体的に大きな差は見られません。

前走距離別勝率

前走距離 成績 勝率 連対率 複勝率
1200m 0-0-1-21 0.0% 0.0% 4.5%
1400m 0-1-1-21 0.0% 4.3% 8.7%
1600m 9-7-6-57 11.4% 20.3% 27.8%
1800m 1-2-1-7 9.1% 27.3% 36.4%
2000m 0-0-1-8 0.0% 0.0% 11.1%

前走距離では圧倒的に同距離の1600mからの馬券内が多い結果になっており、[9-7-6-57]と1着は過去9回が前走1600mとなる馬です。数値としては前走1800mの複勝率が高めになっていますが、1400m以下と2000m以上の馬は合計で[0-1-3-50]と低調になっており、馬券内として考えられるのは1600~1800mの馬が濃厚となりそうです。

所属別勝率

所属 成績 勝率 連対率 複勝率
美浦 2-1-0-9 16.7% 25.0% 25.0%
栗東 8-9-10-105 6.1% 12.9% 20.5%

過去10年間の出走馬は圧倒的に栗東所属馬が多いですが、美浦所属の馬は少ないながら勝率が高めとなっています。該当数は全12頭で、その内3頭が連対という結果です。
ですので美浦所属馬については要注意と考えていいでしょう。

1人気は最も勝率が高く[3-0-1-6]で勝率30%
複勝率は2人気が最も高く[2-2-1-5]で50%
7~9人気は[3-5-0-22]で過去8度の連対
最も好走枠は1枠[1-3-1-9]で複勝率35.7%
5,6枠は合計[1-3-0-36]で低調
前走6~9着は[2-1-2-15]で複勝率25%
前走2人気以内は[7-5-4-34]で信頼度高め
前走3~5人気は[0-1-3-32]は複勝率11.1%とやや低調
前走1600mは[9-7-6-57]で高勝率
前走1400m以下と2000m以上の馬は合計で[0-1-3-50]と低調
美浦所属は[2-1-0-9]で勝率16.7%と高め

以上がシンザン記念2020の過去傾向です。

直近の10年では荒れる傾向が強く、データの偏りが少なめです。
次回の記事で過去出走馬のデータを参考にして、消去条件を決めて予想を行っていきます。

最終予想についてはブログランキングで公開予定です。
Twitter、Youtubeでも情報を出しているので、よければフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいです♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] 【シンザン記念2020予想】過去10年間の傾向と配当データ2020年1月12日開催の… […]

タイトルとURLをコピーしました