【フェアリーステークス2020予想】10年間の過去傾向と配当データ

データ競馬予想

2020年1月13日開催のフェアリーSの予想を行っていきます。
まずは過去10年間のレースデータを基に過去傾向を探り、次回の記事で消去法を使って予想をしていきますので、ご参考までにm(__)m

消去法予想記事

【フェアリーステークス2020】過去結果から探る消去法予想&勝率データと外厩情報
2020年1月13日開催のフェアリーステークスの予想を消去法を使って行っていきます。過去の傾向に偏りが少なかった為、一部の消去条件を過去10年間ではなく、5年間のデータに置き換えているのと、当日人気が条件となっているものもあり、暫定となる消...

フェアリーステークス[GⅢ]

中山11R 芝右外1600m サラ系3歳オープン (国際)牝(特指)別定

直近10年間は非常に荒れる傾向がみられ、昨年の2019年を除く全ての年で人気薄馬が馬券内に絡む結果となっています。特に2012~2017年までは10人気以下が連対するなど、配当も高めになっており、予想は難解なレースと言えそうです。

過去の1着は1~3人気、若しくは10人気以下という極端な結果です。

出走予定馬

馬名 性齢
アヌラーダプラ 牝3
インターミッション 牝3
ウィーンソナタ 牝3
ウインドラブリーナ 牝3
オーロラフラッシュ 牝3
カイトレッド 牝3
カインドリー 牝3
クリノプレミアム 牝3
サナチャン 牝3
シホノレジーナ 牝3
シャインガーネット 牝3
ジュエルタワー 牝3
スマイルカナ 牝3
セイウンヴィーナス 牝3
ソーユーフォリア 牝3
ダイワクンナナ 牝3
チアチアクラシカ 牝3
チェーンオブラブ 牝3
ニシノステラ 牝3
ハローキャンディ 牝3
ヒメサマ 牝3
フィドル 牝3
フェルミスフィア 牝3
フルートフルデイズ 牝3
ペコリーノロマーノ 牝3
ポレンティア 牝3
メイプルプレゼント 牝3

執筆時点では全27頭が登録しています。現状のオッズからは大きく変わってくると思いますが、個人的な見解としては2連勝中で前走上がりが33.3と好時計のアヌラーダプラはチェックしておきたいところです。中山勝ちがあるという点もプラスです。

次点では赤松賞1着のシャインガーネットも中山勝ちがあり、上がり時計も十分なので注目しておきたい馬です。

フェアリーS2020の過去データ分析

以下のデータが過去10年間のレース結果と傾向です。

人気別勝率

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
2番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
3番人気 3-0-1-6 30.0% 30.0% 40.0%
4番人気 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
5番人気 0-1-2-7 0.0% 10.0% 30.0%
6番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
7番人気 0-1-3-6 0.0% 10.0% 40.0%
8番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
9番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 2-2-0-6 20.0% 40.0% 40.0%
11番人気 2-0-0-8 20.0% 20.0% 20.0%
12番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
15番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%

勝率に関してはかなりデータが散っており、最も勝率が高いのは3人気で勝率は30%程です。3人気までが過去6度1着になっているという結果ですが、残りの4度は10人気、11人気が2回ずつとなっており、10人気は過去で最も連対率が高くなっています。

10人気以下の合計は[4-3-0-63]という結果で、人気薄馬の連対率が非常に高い為、軽視は禁物です。

単勝オッズ別勝率

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝率
2.0~2.9 1-1-1-2 20.0% 40.0% 60.0%
3.0~3.9 0-1-1-1 0.0% 33.3% 66.7%
4.0~4.9 2-0-1-5 25.0% 25.0% 37.5%
5.0~6.9 1-0-1-11 7.7% 7.7% 15.4%
7.0~9.9 2-1-3-10 12.5% 18.8% 37.5%
10.0~14.9 0-1-2-13 0.0% 6.3% 18.8%
15.0~19.9 0-2-1-10 0.0% 15.4% 23.1%
20.0~29.9 0-3-0-13 0.0% 18.8% 18.8%
30.0~49.9 2-0-0-21 8.7% 8.7% 8.7%
50.0~99.9 2-1-0-15 11.1% 16.7% 16.7%
100.0~ 0-0-0-29 0.0% 0.0% 0.0%

オッズ4.9倍以下は[3-2-3-8]で複勝率は50%となっており、信頼度は比較的高めと考えられます。それ以外ではかなりデータが散っており、50~99.9倍までが[2-1-0-15]と勝率で10%以上という結果で、穴馬の激走は十分に考えられます。

ただ100倍以上のオッズとなると[0-0-0-29]となり、全てが馬券外の為、消去対象となりそうです。

枠番別勝率

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 1-0-2-17 5.0% 5.0% 15.0%
2枠 2-2-2-14 10.0% 20.0% 30.0%
3枠 1-1-1-17 5.0% 10.0% 15.0%
4枠 3-1-1-15 15.0% 20.0% 25.0%
5枠 1-1-0-18 5.0% 10.0% 10.0%
6枠 0-1-0-19 0.0% 5.0% 5.0%
7枠 1-2-3-14 5.0% 15.0% 30.0%
8枠 1-2-1-16 5.0% 15.0% 20.0%

過去最も好走の多い枠は4枠で勝率15%、過去3度1着が出ています。次点では2枠でこちらは複勝率で30%という結果です。

反対に低調なのは1枠と6枠で、特に6枠は過去2着が一度のみとなっています。内外で大きな差はありませんが、数値的にはやや内枠が有利という傾向です。

前走着順勝率

前走着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 5-5-6-50 7.6% 15.2% 24.2%
2着 0-2-2-5 0.0% 22.2% 44.4%
3着 1-1-0-7 11.1% 22.2% 22.2%
4着 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%
5着 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0%
6~9着 2-1-2-23 7.1% 10.7% 17.9%
10着以下 2-1-0-29 6.3% 9.4% 9.4%

前走着順では、1着だった馬の馬券内は多く複勝率でも24%程度とまずまずです。前走3着内まででは[6-8-8-62]となっており、複勝率で26%という結果です。

また前走で6着以下だった場合、[4-2-2-53]で4度1着馬が出ている為、こちらは軽視できない結果となっています。

前走人気別勝率

前走人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1人気 4-3-5-24 11.1% 19.4% 33.3%
2人気 1-0-2-13 6.3% 6.3% 18.8%
3人気 0-1-3-8 0.0% 8.3% 33.3%
4人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
5人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
6~9人気 2-2-0-36 5.00% 10.00% 10.00%
10人気以下 2-3-0-31 5.60% 13.90% 13.90%

前走1人気の信頼度はそれなりに高く[4-3-5-24]と過去4度1着馬が出ています。ただこちらも前走着順と同様に6人気以下でも[4-5-0-67]と4度の勝ちがあり、前走不人気馬でも軽視は禁物です。

前走着差別勝率

前走着差 成績 勝率 連対率 複勝率
勝0.6~0.9 0-1-1-3 0.0% 20.0% 40.0%
勝0.3~0.5 0-2-0-10 0.0% 16.7% 16.7%
勝0.1~0.2 4-2-4-22 12.5% 18.8% 31.3%
勝0.0 1-0-1-15 5.9% 5.9% 11.8%
負0.0 0-1-2-1 0.0% 25.0% 75.0%
負0.1~0.2 0-2-0-9 0.0% 18.2% 18.2%
負0.3~0.5 1-1-0-20 4.5% 9.1% 9.1%
負0.6~0.9 3-1-2-18 12.5% 16.7% 25.0%
負1.0~1.9 1-0-0-25 3.8% 3.8% 3.8%
負2.0~2.9 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
負3.0~3.9 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
負4.0~ 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

前走着差では0.3秒以上の着差で勝っていた馬の1着は一度もないという結果で、最も勝率が高いのは0.1~0.2秒の勝ち、若しくは0.6~0.9秒の負けだった馬となっています。
また1.0秒以上の負けの馬は過去1度のみ1着がありますが、それ以外は全て負けとなっており、消去対象として考えられそうです。

前走クラス別勝率

前走クラス 成績 勝率 連対率 複勝率
新馬 2-2-2-20 7.7% 15.4% 23.1%
未勝利 3-2-3-25 9.1% 15.2% 24.2%
1勝 2-6-4-55 3.0% 11.9% 17.9%
2勝 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0%
3勝 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0%
OPEN特別 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%
G3 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%
G2 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
G1 2-0-1-12 13.3% 13.3% 20.0%

出走馬が最も多いのは前走が1勝クラスの馬ですが、勝率は低めで3%程です。勝率では前走GⅢが最も高く、次点でGⅠからの出走となる馬です。また複勝率では未勝利戦からの出走となる馬が高いなど、データの偏りは少なく、前走クラスでの大きな傾向はみられません。

前走開催地別勝率

前走場所 成績 勝率 連対率 複勝率
福島 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
新潟 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
東京 6-4-4-58 8.3% 13.9% 19.4%
中山 2-3-2-39 4.3% 10.9% 15.2%
中京 0-1-0-10 0.0% 9.1% 9.1%
京都 0-1-0-3 0.0% 25.0% 25.0%
阪神 2-0-4-17 8.7% 8.7% 26.1%
小倉 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
地方 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

出走数では前走東京、中山が圧倒的に多いですが、それ以外の開催では阪神を除くと馬券内となった馬は少なめです。中京開催では過去11頭が出走し、2着が一度のみとなっており、他条件を加えて消去条件とできるかと思います。

前走距離別勝率

前走距離 成績 勝率 連対率 複勝率
1200m 0-1-1-11 0.0% 7.7% 15.4%
1400m 0-1-1-30 0.0% 3.1% 6.3%
1600m 9-5-6-72 9.8% 15.2% 21.7%
1800m 1-1-1-11 7.1% 14.3% 21.4%
2000m 0-2-1-6 0.0% 22.2% 33.3%

前走が同距離となる馬の馬券内が圧倒的に多く[9-5-6-76]という結果です。数値としては1600m以上は比較的高い傾向にありますが、1400m以下では合計では[0-2-2-41]で過去1着は一度も出ていません。

ですので距離延長ローテとなる馬はやや不利な傾向と考えて良さそうです。

所属別勝率

所属 成績 勝率 連対率 複勝率
美浦 10-8-7-109 7.5% 13.4% 18.7%
栗東 0-2-3-21 0.0% 7.7% 19.2%

過去出走馬の多くは美浦所属の馬で[10-8-7-109]と過去1着馬は全て美浦所属となっています。数値としては栗東所属が[0-2-3-21]で連対率までは低めですが、複勝率では美浦よりも栗東のほうが高いという結果です。

最も勝率が高いのは3人気[3-0-1-6]で勝率30%
1~3人気は[6-2-4-18]で複勝率40%
10人気以下は[4-3-0-63]で連対7頭
オッズ4.9倍以下は[3-2-3-8]で複勝率は50%
50~99.9倍までは[2-1-0-15]で勝率10%超え
100倍以上は[0-0-0-29]で消し候補
好走枠は4枠[3-1-1-15]で勝率15%
1~4枠[7-4-6-63]、5~8枠[3-6-4-67]でやや内枠有利
前走3着までは[6-8-8-62]で複勝率26%
前走1人気は[4-3-5-24]で信頼度高め
前走着差1.0秒以上は[1-0-0-32]で馬券内は一度のみ
前走1勝クラスは[2-6-4-55]で勝率は3%と低め
前走1400m以下は[0-2-2-41]で過去1着なし
美浦所属[10-8-7-109]で過去1着は美浦所属馬のみ

以上がフェアリーSの過去傾向となります。
昨年は3着内が5人気以内と順当決着ではありましたが、それ以外の年は全て6人気以下が馬券内で、1着に10人気以下が絡むなど非常に荒れる傾向が強いレースです。

ですので、荒れる事を前提に考え、馬券としてはワイドなど比較的広めに取れる馬券で勝負を考えていきたいと思います。

最終的な予想についてはブログランキングのほうで掲載する予定です。
またTwitterやYoutubeでも情報を出しているので、よければフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいです♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] 【フェアリーステークス2020予想】10年間の過去傾向と配当データ2020年1月13… […]

タイトルとURLをコピーしました