【東京新聞杯】3連複,ワイド的中!→公式LINEで毎週予想公開中

【消去法予想】シンザン記念2020過去結果から探る消去データと外厩情報

データ競馬予想

2020年1月12日開催のシンザン記念を消去法を使って予想していきます。
前回の記事で挙げた過去レースのデータと併せ、過去出走馬のデータを基に過去傾向を見て消去条件を決めていますので、ご参考までにm(__)m

前回記事

【シンザン記念2020予想】過去10年間の傾向と配当データ
2020年1月12日開催のシンザン記念の予想を行っていきます。まずは過去10年間の傾向を確認し、次回の記事で消去法を使って予想をしていきますので、ご参考までにm(__)m 消去法予想記事 シンザン記念 京都11R 芝右外1...

シンザン記念2020最終考察

※タップで大きく表示

過去出走馬のデータですが、過去10年間で1着は最低8人気、3着では11人気が馬券内となるなど、比較的荒れる傾向が強いレースと言えます。前走で10人気以下の不人気馬が激走するケースも珍しくないため、前走成績が不振だった馬も軽視はできません。

今年のシンザン記念は昨年に続き出走数が少なめですが、その内の半数となる6頭までを消去法で絞り込んでいきます。最終予想ではその中から枠順や騎手などの適性を見つつ調整していく予定です。

確定枠順&騎手

枠番&馬番別勝率


好走枠は1枠で、複勝率で35.7%となっています。今走ではサンクテュエールが1枠となっており、プラス材料と考えられます。ただ、勝率、勝ち数としては2~4枠のほうが上回っており、2~4枠は勝率で10%超えです。

最も低調な枠は5枠で過去の馬券内は一度のみという結果です。今走ではオーマイダーリンがこれに該当しています。

馬番で見た場合は2番、9番がそれぞれ2勝を上げており、ヴァルナ、ルーツドールがそれぞれ該当しています。

騎手別勝率

馬名 騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
ヴァルナ 福永祐一 8-4-5-20 21.6% 32.4% 45.9% 178.9% 93.5%
オーマイダーリン 武豊 7-4-3-23 18.9% 29.7% 37.8% 87.6% 70.8%
サンクテュエール C.ルメール 4-2-3-13 18.2% 27.3% 40.9% 48.2% 57.3%
コルテジア 松山弘平 9-1-4-38 17.3% 19.2% 26.9% 111.5% 62.1%
ルーツドール 川田将雅 6-5-7-21 15.4% 28.2% 46.2% 37.9% 148.2%
カバジェーロ 北村友一 3-1-3-17 12.5% 16.7% 29.2% 270.8% 177.1%
ディモールト 池添謙一 3-6-0-29 7.9% 23.7% 23.7% 58.4% 90.5%
タガノビューティー 和田竜二 3-1-5-37 6.5% 8.7% 19.6% 202.6% 76.3%
ヒシタイザン 幸英明 1-3-3-30 2.7% 10.8% 18.9% 15.1% 65.4%
プリンスリターン 原田和真 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

過去3年間の同コースの騎手別勝率データで最も勝率が高いのはヴァルナ鞍上の福永騎手で勝率は21.6%となっています。複勝率でも45.9%と高く、単回率では178%、複回率でも90%以上と高数値です。次点ではオーマイダーリン鞍上の武豊騎手、続いてサンクテュエール鞍上のルメール騎手となります。

勝ち数として最も多いのはコルテジア鞍上の松山騎手で過去9勝を上げており、単回率で100%以上となっています。

消去法による予想

下記の表が2020年シンザン記念の消去データとなります。

前走GⅡ以下で1600m以上、2人気以下で着差0.7秒以下で負け

前走がGⅡ以下となる馬の中で1600m以上のレースに出走し、2人気以下で着差0.7秒以上での負けとなった馬は過去全て馬券外となっている為、消去対象です。

[0-0-0-11]

かなり詰めた条件となってしまい、やや条件が分かりにくいものになってしまいましたが、前走GⅡ以下1600m以上に出走した馬で馬券内となったのは全22頭です。その内2人気以下だった馬は11頭で、最も大きな着差での負けは2012年3着だったプレミアムブルーの0.6秒負けという結果でした。

ですので、0.7秒差以上という条件を加えて差分を行っています。

前走ダート

前走がダート戦だった馬は過去馬券内となった事がない為、消去対象となります。

[0-0-0-8]

過去10年間で前走がダートだった馬は全8頭で全てが馬券外です。最も成績のよかった馬でも8着という結果で、前走ダートの馬の3着内は難しいと判断し、この条件を適用しています。

前走1勝クラス以下1400m以下で2着以下

前走が1勝クラス以下の1400m以下となるレースに出走した馬の中で、2着以下だった馬は全てが馬券外の為、消去となります。

[0-0-0-14]

前走1勝クラス以下、距離が1400m以下だった馬の中で馬券内となったのは2016年3着のシゲルノコギリザメと、2013年のタマモベストプレイの2頭のみです。そのどちらも前走では1着という成績となっている為、2着以下という条件を加えて消去条件としました。

消去条件クリア馬

今回の消去条件を全てクリアしたのは以下の6頭です。

ルーツドール
サンクテュエール
タガノビューティー
オーマイダーリン
プリンスリターン
カバジェーロ

※執筆時点の暫定的なものです

執筆時点での本命、対抗予想は下記で公開中です。

本命予想
↓↓↓↓

対抗予想
↓↓↓↓

※最終予想で変更となる可能性もあります

外厩情報

外厩情報は動画で公開しています
↓↓↓↓

消去法予想【シンザン記念2020】10年間の結果から見る過去傾向と消去データ

以上がシンザン記念2020の消去法予想です。

各消去条件の該当数が少ない為、データ的にはやや信頼度が低い可能性があります。
元々荒れ傾向が強いレースは消去データは効きにくい傾向があるので、それを頭に置きつつご参考にして頂ければと思います。

執筆時点では全6頭ですが、調教や枠順、騎手などが確定した後に調整し、最終予想を出していく予定です。

最終予想についてはブログランキングで掲載します。
Twitter、Youtubeでも情報を出しているので、よければフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいです♪
Youtubeでは動画のみのデータなども出しています。

最終予想はコチラで
↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] 【消去法予想】シンザン記念2020過去結果から探る消去データと外厩情報202… […]

タイトルとURLをコピーしました