【東京新聞杯】3連複,ワイド的中!→公式LINEで毎週予想公開中

【日経新春杯2020】過去10年間のレース結果からみる傾向と配当データ

データ競馬予想

2020年1月19日開催の日経新春杯の予想を行う為、過去傾向の確認をしていきます。過去10年間のデータを参照していますので、ご参考までにm(__)m

次回の記事で消去法を使った予想をしていきます。

【消去法予想】日経新春杯2020過去傾向から探る消しデータと外厩情報
2020年1月19日開催の日経新春杯を消去法を使って予想していきます。 過去10年間で出走した馬のデータと、前回の記事で挙げている過去傾向のデータを基に消去条件を決めているので、ご参考までにm(__)m 前回記事 日経新春...

日経新春杯[GⅡ]

京都11R 芝右外2400m サラ系4歳上オープン (国際)ハンデ

過去10年間で三連単配当が1万円以下だった年が5度と、堅めの決着になる事が多いレースです。稀に荒れる年もあるものの、直近3年間は全て1人気が1着という結果になっています。

高人気馬の信頼度が高い為、予想についてもある程度堅めで考えていきたいと思います。

出走予定馬

馬名 性齢
アクート 牡7
アフリカンゴールド セ5
エーティーラッセン 牡6
サイモンラムセス 牡10
サトノガーネット 牝5
スズカディープ セ8
タイセイトレイル 牡5
チェスナットコート 牡6
プリンスオブペスカ 牡6
マスターコード 牡6
メロディーレーン 牝4
モズベッロ 牡4
ヨシオ 牡7
レッドジェニアル 牡4
レッドレオン 牡5
ロードヴァンドール 牡7

2020年の日経新春杯の出走予定馬が決定しましたが、予想オッズでの人気馬は前走が菊花賞となるレッドジェニアルで、過去の傾向としても菊花賞組が好走が目立つ為、最有力と考えられます。
またアルゼンチン共和国杯好走組のアフリカンゴールド、タイセイトレイルの人気上位は堅そうです。

日経新春杯2020の過去データ分析

以下、過去10年間の日経新春杯のレースデータと傾向です。

人気別着順

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4-4-1-1 40.0% 80.0% 90.0%
2番人気 4-1-0-5 40.0% 50.0% 50.0%
3番人気 0-2-1-7 0.0% 20.0% 30.0%
4番人気 0-1-4-5 0.0% 10.0% 50.0%
5番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
6番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
7番人気 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
8番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
10人気以下 1-1-1-48 2.0% 3.9% 5.9%

1~2人気から1着が計8頭と信頼度は高めです。また1人気については連対率80%、複勝率90%と非常に高数値で、1人気は予想からは外せないと考えてよさそうです。

2着は5人気までに9頭ですので、こちらも人気別での信頼度は高めと考えられますが、3着馬は7人気以下で4頭が該当しており、ヒモ荒れは充分に考えられる結果となっています。

単勝オッズ別勝率

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝率
1.5~1.9 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
2.0~2.9 2-1-1-0 50.0% 75.0% 100.0%
3.0~3.9 4-2-0-1 57.1% 85.7% 85.7%
4.0~4.9 1-2-0-5 12.5% 37.5% 37.5%
5.0~6.9 0-3-1-7 0.0% 27.3% 36.4%
7.0~9.9 0-1-4-7 0.0% 8.3% 41.7%
10.0~14.9 1-0-1-15 5.9% 5.9% 11.8%
15.0~19.9 0-1-1-9 0.0% 9.1% 18.2%
20.0~29.9 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
30.0~49.9 0-0-1-18 0.0% 0.0% 5.3%
50.0~99.9 0-0-0-11 0.0% 0.0% 0.0%
100.0~ 0-0-1-34 0.0% 0.0% 2.9%

単勝オッズでは2.9倍以下の馬は[3-1-1-0]と複勝率で100%という結果です。4.9倍以下の馬は合計で[8-5-1-6]となっており、複勝率で70%と高数値です。

30倍以上のオッズでは[0-0-2-63]と過去2頭が馬券内となっていますが、こちらはレアケースと判断し、消去対象として考えていけそうです。

枠別勝率

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 4-1-0-9 28.6% 35.7% 35.7%
2枠 1-1-2-10 7.1% 14.3% 28.6%
3枠 1-2-2-10 6.7% 20.0% 33.3%
4枠 1-1-1-13 6.3% 12.5% 18.8%
5枠 0-1-1-18 0.0% 5.0% 10.0%
6枠 2-2-0-16 10.0% 20.0% 20.0%
7枠 0-1-4-16 0.0% 4.8% 23.8%
8枠 1-1-0-19 4.8% 9.5% 9.5%

好走枠は圧倒的に1枠で、勝率で28.6%と次点で1着の多い6枠の2倍以上の数値となっています。

対して外枠の8枠は合計で[1-1-0-19]となっており、2度馬券内があるものの数値としては低調です。ただ7枠の複勝率が高く、3着となった馬が過去4頭と見逃せません。

内外で分けた場合、1~4枠[7-5-5-42]、5~8枠[3-5-5-69]という結果になっており、複勝率で内枠28,8%、外枠15.9%と内枠有利の傾向が見えます。

前走着順別勝率

前走着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 2-5-3-9 10.5% 36.8% 52.6%
2着 1-2-1-11 6.7% 20.0% 26.7%
3着 2-2-2-5 18.2% 36.4% 54.5%
4着 0-0-1-4 0.0% 0.0% 20.0%
5着 2-0-0-2 50.0% 50.0% 50.0%
6~9着 3-1-0-32 8.3% 11.1% 11.1%
10着以下 0-0-2-45 0.0% 0.0% 4.3%

前走着順では最も数値が高いのは前走3着だった馬で複勝率で54.5%と高数値です。このデータから前走で好走している馬については信頼度が高めとみてよさそうです。

前走で6~9着だった馬も4度の連対と決して馬券内が少なくはありませんが、数値としてはやや低調と考えられるでしょう。また10着以下だった馬は過去3着が二度で、消去対象として考えていけそうです。

前走人気別勝率

前走人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1人気 2-6-1-11 10.0% 40.0% 45.0%
2人気 2-1-1-9 15.4% 23.1% 30.8%
3人気 0-2-0-7 0.0% 22.2% 22.2%
4人気 1-0-1-7 11.1% 11.1% 22.2%
5人気 1-1-0-6 12.50% 25.00% 25.00%
6~9人気 2-0-3-17 9.10% 9.10% 22.70%
10人気以下 2-0-3-51 3.60% 3.60% 8.90%

前走人気では1人気だった馬の連対率、複勝率は高いものの、それ以外ではややデータが散っています。上で挙げたデータとの差異が大きいので、前走人気よりは着順での評価のほうが信頼度は高めと考えられます。

前走着差別勝率

前走着差 成績 勝率 連対率 複勝率
勝0.3~0.5 0-3-1-2 0.0% 50.0% 66.7%
勝0.1~0.2 1-2-1-5 11.1% 33.3% 44.4%
勝0.0 1-0-1-2 25.0% 25.0% 50.0%
負0.0 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
負0.1~0.2 2-2-2-10 12.5% 25.0% 37.5%
負0.3~0.5 4-2-1-10 23.5% 35.3% 41.2%
負0.6~0.9 2-0-1-22 8.0% 8.0% 12.0%
負1.0~1.9 0-0-0-45 0.0% 0.0% 0.0%
負2.0~2.9 0-0-1-5 0.0% 0.0% 16.7%
負3.0~3.9 0-0-1-3 0.0% 0.0% 25.0%
負4.0~ 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%

前走着差で注目するのは0.3~0.5秒着差での負け馬の勝率が非常に高い点です。この辺りは前走がGⅠとなる馬で惜敗した馬が多く該当している為と考えられます。

また前走で1秒以上の着差で負けた馬は合計で[0-0-2-55]という結果になっており、こちらも消去対象として考えていけそうです。

前走クラス別勝率

前走クラス 成績 勝率 連対率 複勝率
2勝 1-1-1-1 25.0% 50.0% 75.0%
3勝 1-4-1-19 4.0% 20.0% 24.0%
OPEN特別 0-0-2-21 0.0% 0.0% 8.7%
G3 1-4-1-30 2.8% 13.9% 16.7%
G2 1-1-4-20 3.8% 7.7% 23.1%
G1 6-0-1-20 22.2% 22.2% 25.9%

前走がGⅠとなる馬の勝率は高く過去6頭が該当します。ただ2~3着は少なく、複勝率としてはまずまずといった数値です。

最も複勝率が高いのは2勝クラスからの出走となる馬で、出走数が少ない為、データの信頼性は低いですが、複勝率75%と非常に高数値となっています。
また3勝クラスも複勝率は高めで24.0%となっており、2~3勝クラスの合計では[2-5-2-20]で複勝率31%です。

OPEN特別からの出走となる馬は低調で、[0-0-2-21]と過去3着が2度のみとなっています。

前走開催地別勝率

前走場所 成績 勝率 連対率 複勝率
札幌 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%
函館 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
福島 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
新潟 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
東京 1-1-0-17 5.3% 10.5% 10.5%
中山 3-1-2-21 11.1% 14.8% 22.2%
中京 2-2-3-9 12.5% 25.0% 43.8%
京都 4-0-2-26 12.5% 12.5% 18.8%
阪神 0-5-2-25 0.0% 15.6% 21.9%
小倉 0-1-0-5 0.0% 16.7% 16.7%

前走開催地では勝率としては中山、中京、京都が高く、東京、阪神からの出走となる馬の勝率は奮いません。

ただ阪神の連対率は高めで2着が過去5度と見逃せない結果となっています。

前走距離別勝率

前走距離 成績 勝率 連対率 複勝率
1400m 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
1600m 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%
1800m 0-1-0-12 0.0% 7.7% 7.7%
2000m 3-3-5-34 6.7% 13.3% 24.4%
2100m 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
2200m 0-1-0-5 0.0% 16.7% 16.7%
2400m 1-3-2-18 4.2% 16.7% 25.0%
2500m 3-2-1-13 15.8% 26.3% 31.6%
2600m 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
3000m 3-0-1-12 18.8% 18.8% 25.0%
3200m 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
3600m 0-0-1-6 0.0% 0.0% 14.3%

前走距離では最も馬券内が多いのは2500mだった馬で、JCからのローテとなる馬が中心かと思います。勝率では高数値なのは前走3000mだった馬で、こちらは菊花賞からのローテとなる馬と思われます。2019年1着のグローリーヴェイズも菊花賞からのローテで1着となっています。

馬齢別勝率

馬齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 7-5-1-19 21.9% 37.5% 40.6%
5歳 2-3-5-21 6.5% 16.1% 32.3%
6歳 1-2-4-29 2.8% 8.3% 19.4%
7歳 0-0-0-25 0.0% 0.0% 0.0%
8歳 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%

馬齢では圧倒的に4歳馬の数値が高く、1着に関しては過去7頭が4歳という結果です。上で挙げたデータから考えると、前走が菊花賞や2~3勝クラスからの出走となる好走した4歳馬は馬券内となる傾向が強いと思われる為、予想の肝になりそうです。

斤量別勝率

斤量 成績 勝率 連対率 複勝率
49kg 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
50kg 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
51kg 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
52kg 1-0-3-13 5.9% 5.9% 23.5%
53kg 0-1-0-13 0.0% 7.1% 7.1%
54kg 2-1-0-22 8.0% 12.0% 12.0%
55kg 4-3-1-17 16.0% 28.0% 32.0%
56kg 1-5-3-21 3.3% 20.0% 30.0%
56.5kg 1-0-1-0 50.0% 50.0% 100.0%
57kg 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0%
57.5kg 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
58kg 0-0-2-5 0.0% 0.0% 28.6%
58.5kg 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%

斤量では55~56kgを平均として、上下どちらでも馬券内率が低下する傾向があります。特に51kg以下では過去馬券内はなく、軽いハンデであっても実力差を埋める事が難しいレースと考えてよさそうです。

所属別勝率

所属 成績 勝率 連対率 複勝率
美浦 1-0-3-17 4.8% 4.8% 19.0%
栗東 9-10-7-94 7.5% 15.8% 21.7%

出走数自体圧倒的に栗東所属が多いですが、馬券内率についても栗東所属馬のほうが高い数値となっています。美浦所属馬は過去10年間で連対1度のみという結果です。

種牡馬別勝率

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
キングカメハメハ 2-0-0-4 33.3% 33.3% 33.3%
ステイゴールド 1-1-1-2 20.0% 40.0% 60.0%
ディープインパクト 1-0-2-8 9.1% 9.1% 27.3%
アドマイヤドン 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
マンハッタンカフェ 0-1-1-5 0.0% 14.3% 28.6%
ハーツクライ 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
ダイワメジャー 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
ゴールドアリュール 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
ナカヤマフェスタ 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%
ゼンノロブロイ 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%

種牡馬別ではキングカメハメハ産駒の勝率が最も高い数値となっていますが、最も多く馬券に絡んでいるのはステイゴールド産駒で、複勝率60%と高めの数値になっています。ディープインパクト産駒は最も出走数が多いものの、連対が一度のみとやや低調と言える数値です。

※このデータのみ過去5年間のデータとなっています

1人気は連対率80%、複勝率90%と信頼度高め
過去10年間の1着は1~2人気から8頭
単勝オッズ2.9倍以下は[3-1-1-0]で複勝率100%
単勝オッズ4.9倍以下は[8-5-1-6]で複勝率で70%
好走枠は1枠で[4-1-0-9]と勝率は他枠の2倍以上
1~4枠[7-5-5-42]、5~8枠[3-5-5-69]で内枠有利の傾向
前走3着以内は[5-9-6-25]で特に複勝率44.4%
前走1人気は[2-6-1-11]と連対率の高さが目立つ
前走1.0秒以上差での負けは[0-0-2-55]で消し候補
前走が2~3勝クラスは[2-5-2-20]は複勝率31%と好走目立つ
前走距離3000mは[3-0-1-12]で最も勝率が高く1着馬が過去3度該当
4歳馬の勝率が高く[7-5-1-19]で10年間で1着馬が7度
過去5年間でステイゴールド産駒は[1-1-1-2]で複勝率60%と好走目立つ

以上が2020年日経新春杯の過去傾向です。

荒れる年もちらほら見られますが、概ね順当決着に落ち着く事が多く、人気やオッズの信頼度は高めと考えてよさそうです。執筆時点では出走馬が確定していないので、もし該当する馬がいればという話になりますが、途中でも挙げたように前走が菊花賞となる馬、前走が2~3勝クラスで好走している4歳馬は狙い目と考えていけそうです。

過去出走馬のデータなどをまとめ、次回の記事で消去法予想と共にアップする予定です。

最終予想についてはいつも通りブログランキングで公開します。
またTwitter、Youtubeでも情報を出しているのでよければフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいですm(__)m

Youtubeでは動画のみの情報もありますので、よければチェックしてみて下さい♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] 【日経新春杯2020】過去10年間のレース結果からみる傾向と配当データ2020年… […]

タイトルとURLをコピーしました