【京成杯2020】過去10年間結果から探る傾向と配当データ

データ競馬予想

2020年1月19日開催の京成杯の予想の為に、過去のレース結果を基に過去10年間の傾向を確認していきます。

消去法予想記事

京成杯2020【消去法予想】過去データからみる消去クリア馬6頭と外厩情報
2020年1月19日開催の京成杯を消去法を使って予想していきます。前回の記事で掲載した過去データから見る傾向と、過去出走した馬のデータを基に消去条件を決めているので、ご参考までにm(__)m 前回記事 京成杯2020最終考察...

京成杯[GⅢ]

中山11R 芝右2000m サラ系3歳オープン (国際)(特指)別定

着順毎の人気を確認すると、5人気以下の馬券内は多く全30頭中で21頭が5人気以内となっています。ただ過去10年中8回6人気以下が馬券内となっており、堅めの決着とは言い切れない結果です。

ですので、本命は堅めにヒモ荒れも考慮した形での馬券を狙っていきたいと思います。

出走予定馬

馬名 性齢
ウインカーネリアン 牡3
カップッチョ 牡3
キムケンドリーム 牝3
キングオブドラゴン 牡3
クリスタルブラック 牡3
コスモスタック 牡3
スカイグルーヴ 牝3
ゼノヴァース 牡3
チュウワジョーダン 牡3
ディアスティマ 牡3
ヒュッゲ 牡3
ビターエンダー 牡3
フルフラット 牡3
リメンバーメモリー 牡3
ロールオブサンダー 牡3
ワスカランテソーロ 牡3
ヴィアメント 牡3

2020年の京成杯出走予定馬ですが、前走1.4倍人気で5馬身差の勝利を上げたスカイグルーヴが登録しており、人気する可能性は濃厚です。
その他ではヒュッゲやロールオブサンダーなどが注目かと思いますが、オッズについては現時点の予想オッズからはかなり変動すると思われます。

京成杯2020の過去データ分析

以下のデータが過去10年間のレース結果からみた傾向です。

人気別着順

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3-2-1-4 30.0% 50.0% 60.0%
2番人気 2-2-2-4 20.0% 40.0% 60.0%
3番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
4番人気 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
5番人気 2-2-0-6 20.0% 40.0% 40.0%
6番人気 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
7番人気 1-2-2-5 10.0% 30.0% 50.0%
8番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
9番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
10番人気以下 0-0-0-57 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年間は人気の信頼度は高めで1人気からほぼ順当な勝率となっています。1~2人気については複勝率で60%とまずまずの高数値です。

また過去10年で10人気以下が馬券内となった事は一度もなく、消去対象として考えていけそうです。

特に馬券内として可能性が高いのは7人気までで、7人気の馬は複勝率が50%と高い数値になっているので、見逃せません。

単勝オッズ別勝率

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝率
2.0~2.9 1-0-1-2 25.0% 25.0% 50.0%
3.0~3.9 2-2-0-1 40.0% 80.0% 80.0%
4.0~4.9 2-3-2-2 22.2% 55.6% 77.8%
5.0~6.9 2-0-1-11 14.3% 14.3% 21.4%
7.0~9.9 1-2-2-10 6.7% 20.0% 33.3%
10.0~14.9 2-2-0-6 20.0% 40.0% 40.0%
15.0~19.9 0-0-2-10 0.0% 0.0% 16.7%
20.0~29.9 0-1-2-19 0.0% 4.5% 13.6%
30.0~49.9 0-0-0-17 0.0% 0.0% 0.0%
50.0~99.9 0-0-0-21 0.0% 0.0% 0.0%
100.0~ 0-0-0-18 0.0% 0.0% 0.0%

単勝オッズでは4.9倍以下となった馬は[5-5-3-5]で複勝率で72.2%と好走が目立ちます。オッズの信頼度は高いものと考えていいでしょう。

オッズが15倍以上となると馬券内率は急に低下し、30倍以上のオッズとなった馬は過去一度も馬券内になっていないという結果になっています。

枠番別勝率

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 1-0-3-10 7.1% 7.1% 28.6%
2枠 0-1-2-14 0.0% 5.9% 17.6%
3枠 1-1-2-13 5.9% 11.8% 23.5%
4枠 1-2-1-14 5.6% 16.7% 22.2%
5枠 2-2-0-16 10.0% 20.0% 20.0%
6枠 2-1-2-15 10.0% 15.0% 25.0%
7枠 0-0-0-20 0.0% 0.0% 0.0%
8枠 3-3-0-15 14.3% 28.6% 28.6%

最も好走が多い枠は8枠で、過去6度の連対という結果です。次点では6枠となっており、1枠は複勝率は高いものの連対は一度のみと低調の結果になっています。

また7枠については過去一度も馬券内がないという結果ですので、この枠となった馬については一考が必要となりそうです。

前走着順別勝率

前走着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 6-4-6-49 9.2% 15.4% 24.6%
2着 1-2-2-4 11.1% 33.3% 55.6%
3着 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
4着 0-1-0-7 0.0% 12.5% 12.5%
5着 1-2-1-10 7.1% 21.4% 28.6%
6~9着 1-0-0-25 3.8% 3.8% 3.8%
10着~ 0-0-0-15 0.0% 0.0% 0.0%

前走成績では前走1着の馬の勝ち数が圧倒的に多いという結果になっていますが、勝率では前走2着が最も高く、複勝率についても55.6%とかなり高数値です。

前走6着以下だった馬については、過去1着が一度あるものの、それ以外では全てが馬券外となっている為、消し対象として考えていけるかと思います。

前走人気別勝率

前走人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1人気 3-3-1-13 15.0% 30.0% 35.0%
2人気 3-0-0-16 15.8% 15.8% 15.8%
3人気 1-2-2-15 5.0% 15.0% 25.0%
4人気 1-3-0-8 8.3% 33.3% 33.3%
5人気 0-0-2-11 0.0% 0.0% 15.4%
6~9人気 2-1-5-32 5.0% 7.5% 20.0%
10人気以下 0-1-0-22 0.0% 4.3% 4.3%

前走1人気だった馬の好走が目立っており、過去3度1着、複勝率では35%という結果です。また前走で2人気だった馬も2~3着は一度もないものの、1着が過去3度と好走しています。

前走4人気までは[8-8-3-52]で、連対が16回、複勝率で26.8%と信頼度は高めです。

前走クラス別勝率

前走クラス 成績 勝率 連対率 複勝率
新馬 1-0-3-15 5.3% 5.3% 21.1%
未勝利 1-3-1-22 3.7% 14.8% 18.5%
1勝 5-2-2-31 12.5% 17.5% 22.5%
OPEN特別 2-0-2-15 10.5% 10.5% 21.1%
G3 0-3-1-15 0.0% 15.8% 21.1%
G2 0-1-1-9 0.0% 9.1% 18.2%
G1 1-1-0-10 8.3% 16.7% 16.7%

最も好走しているのは1勝クラスが前走となる馬で、1着では過去10年間の半数となる5頭が前走1勝クラスとなっています。

前走がGⅡ~Ⅲとなる馬は合計で[0-4-2-24]と連対は4度あるものの、1着が一度もないという結果です。

前走距離別勝率

前走距離 成績 勝率 連対率 複勝率
1400m 0-0-0-1 0.00% 0.00% 0.00%
1600m 1-1-0-22 4.20% 8.30% 8.30%
1700m 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
1800m 3-1-3-33 7.5% 10.0% 17.5%
2000m 6-8-7-60 7.4% 17.3% 25.9%

前走距離では1600mからの出走となる馬はやや低調で、複勝率でも8.3%と奮いません。同距離となる前走2000mの馬券内率は高く、1着が6度、2着が8度と合計で14回の連対がある為、距離延長ローテ馬はやや不利な傾向とみてよさそうです。

前走開催地別勝率

前走場所 成績 勝率 連対率 複勝率
新潟 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
東京 2-1-2-17 9.1% 13.6% 22.7%
中山 5-4-6-68 6.0% 10.8% 18.1%
中京 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
京都 1-2-0-6 11.1% 33.3% 33.3%
阪神 2-2-2-19 8.0% 16.0% 24.0%
小倉 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%

前走開催では、同開催となる中山からの勝ちが最も多いですが、勝率では京都が最も好走しているという結果です。

京都からの出走は過去9頭と少ないですが、その内3頭が連対と見逃せない結果となっています。

前走4角通過別勝率

前走4角 成績 勝率 連対率 複勝率
2番手以下 9-10-9-106 6.7% 14.2% 20.9%
3番手以下 8-10-9-90 6.8% 15.4% 23.1%
4番手以下 7-7-7-76 7.2% 14.4% 21.6%
5番手以下 5-5-6-63 6.3% 12.7% 20.3%
7番手以下 3-3-5-45 5.4% 10.7% 19.6%
10番手以下 0-2-2-25 0.0% 6.9% 13.8%
13番手以下 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
16番手以下 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%

前走4角の通過順位ですが、前走で10番手以下で4角を通過した馬については過去1着はなしそいう結果で、13番手以下では連対もなしとなっています。

参考としてのデータですが、前走10番手以下での4角通過はマイナス材料として考えられそうです。

所属別勝率

所属 成績 勝率 連対率 複勝率
美浦 6-5-6-81 6.1% 11.2% 17.3%
栗東 3-5-4-35 6.4% 17.0% 25.5%

出走数が多いのは美浦所属馬で、栗東所属馬の約2倍となっています。勝率についてはどちらもほぼ差がないという結果ですが、連対以下では出走数が少ない栗東が上回るという結果です。
この数値から栗東所属馬がやや有利な傾向にある事がわかります。

種牡馬別勝率

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ハービンジャー 2-0-1-6 22.2% 22.2% 33.3%
バゴ 1-1-0-0 50.0% 100.0% 100.0%
ステイゴールド 1-0-2-4 14.3% 14.3% 42.9%
ディープインパクト 1-0-1-10 8.3% 8.3% 16.7%
デュランダル 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
ハーツクライ 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
ノヴェリスト 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
スクリーンヒーロー 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
King’sBest 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
キングカメハメハ 0-4-2-5 0.0% 36.4% 54.5%

種牡馬で最も勝ちが多いのはハービンジャー産駒で過去1着が二度、3着が一度という結果です。
またバゴ産駒は過去2頭の出走がありましたが、そのどちらも連対と好走を見せています。

最も出走数が多いのはディープインパクト産駒で全12頭という結果ですが、その内馬券内は二度のみと結果は奮いません。続いて多いのはキングカメハメハ産駒で、こちらは全11頭出走で6頭が馬券内と安定感のある結果となっています。

1~2人気は[5-4-3-8]で複勝率60%で信頼度高め
7人気は[1-2-2-5]と複勝率50%と注意
10人気以下は[0-0-0-57]で全て馬券外
単勝4.9倍以下は[5-5-3-5]で複勝率72.2%
単勝オッズ30倍以上は[0-0-0-56]で全て馬券外
好走枠は8枠で[3-3-0-15]と6度の連対
7枠は[0-0-0-20]で全て馬券外
前走2着は[1-2-2-4]で出走数が少ないものの複勝率55.6%と数値高め
前走4人気までは[8-8-3-52]で、連対が16回、複勝率で26.8%
前走1勝クラスは[5-2-2-31]で最も好走が多い
前走GⅡ~Ⅲは[0-4-2-24]で過去1着なし
前走1600mは[1-1-0-22]でやや低調
前走京都開催は[1-2-0-6]で出走数が少ないものの好走目立つ
前走4角通過10番手以下は[0-2-2-25]で過去1着なし
栗東所属馬は[3-5-4-35]で複勝率高め

以上が京成杯2020の過去傾向です。

比較的人気、オッズの信頼度は高めですが、2着以下に6~9人気の馬が絡む事が多く、その辺りを考慮した予想が必要になるかと思います。

次回の記事で消去法による予想を行い、最終的な予想はブログランキングのほうで掲載する予定です。

またTwitter、Youtubeでも情報を出しているので、よければフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいですm(__)m

Youtubeでは動画のみの情報もありますので、よければチェックしてみて下さい♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] 【京成杯2020】過去10年間結果から探る傾向と配当データ2020年1月19日開催の… […]

タイトルとURLをコピーしました