【有馬記念】3連複的中!【ホープフルS】3連単的中!

【消去法予想】日経新春杯2020過去傾向から探る消しデータと外厩情報

データ競馬予想

2020年1月19日開催の日経新春杯を消去法を使って予想していきます。
過去10年間で出走した馬のデータと、前回の記事で挙げている過去傾向のデータを基に消去条件を決めているので、ご参考までにm(__)m

前回記事

【日経新春杯2020】過去10年間のレース結果からみる傾向と配当データ
2020年1月19日開催の日経新春杯の予想を行う為、過去傾向の確認をしていきます。過去10年間のデータを参照していますので、ご参考までにm(__)m 次回の記事で消去法を使った予想をしていきます。 日経新春杯 京都11R ...

日経新春杯2020最終考察


※タップで大きく表示

過去10年間の傾向としては、荒れる年もあるものの比較的順当な決着となる事が多いレースと考えてよさそうです。特に直近の3年間は全て1人気が1着という結果で、6人気以下が馬券内となったのは2018年の3着一度のみです。

ですので、予想としては堅めに考えていきますが、稀に10人気以下なども紛れるので、穴馬についても好走が期待できそうな馬については予想に組み込んでいきたいと思います。

確定枠順&騎手

枠番&馬番別勝率


過去傾向では1枠の勝率が非常に高く28.6%となっています。今走ではメロディーレーンが該当しており、ハンデの軽さもあり好走も期待されます。枠では1枠が非常に好走枠ですが、馬番で見た場合は2番も1番と同率となっており、こちらについては2枠となったレッドジェニアルについても好走期待が高いと考えて良さそうです。

低調な枠は5枠ですが、こちらも馬番で見た場合、8枠13番、14番が過去一度も馬券内となっておらず、アフリカンゴールド、プリンスオブペスカはやや不利と考えていいかと思います。

騎手別勝率

馬名 騎手 着回数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
タイセイトレイル 川田将雅 8-3-7-11 27.6% 37.9% 62.1% 163.8% 83.1%
レッドジェニアル 武豊 6-0-2-9 35.3% 35.3% 47.1% 151.8% 78.2%
アフリカンゴールド 福永祐一 4-4-1-15 16.7% 33.3% 37.5% 49.6% 56.7%
マスターコード 幸英明 2-2-2-25 6.5% 12.9% 19.4% 26.5% 38.4%
サトノガーネット 坂井瑠星 2-0-1-6 22.2% 22.2% 33.3% 1094.4% 247.8%
モズベッロ 池添謙一 1-3-2-11 5.9% 23.5% 35.3% 11.2% 107.6%
プリンスオブペスカ 藤井勘一郎 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0% 242.0% 96.0%
チェスナットコート 藤岡康太 0-2-0-11 0.0% 15.4% 15.4% 0.0% 62.3%
サイモンラムセス 小牧太 0-1-1-21 0.0% 4.3% 8.7% 0.0% 14.8%
エーティーラッセン 藤懸貴志 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3% 0.0% 93.3%
ロードヴァンドール 太宰啓介 0-0-1-11 0.0% 0.0% 8.3% 0.0% 0.0%
メロディーレーン 岩田望来 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
スズカディープ 岩崎翼 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
レッドレオン 北村友一 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

過去3年間の同コースで最も勝率が高いのはレッドジェニアル鞍上の武豊騎手で35.3%となっています。勝ち数ではタイセイトレイル鞍上の川田騎手で8勝を上げており、複勝率については62.1%と非常に高い数値です。

消去法による予想


以下、2020年日経新春杯の消去データです。

前走GⅡ以下2100m以上で4着以下

前走がGⅡ以下、距離が2100m以上の馬の中で4着以下だった馬は過去全てが馬券外となっている為、消去対象となります。

[0-0-0-24]

前走がGⅡ以下で距離2000m以下のレースだった馬を省くと、過去馬券内となったのは全部で11頭です。その内、前走の最低着順は2017年のステイヤーズSが前走となるモンドインテロで前走3着という結果でした。
ですので、前走4着以下の条件を加えて消去条件となります。

前走GⅢ以下で7着以下※美浦所属馬を除く

美浦所属を除いた馬の内、前走GⅢ以下で7着以下という成績だった馬は一度も馬券内となっていないので、消しとします。

[0-0-0-39]

美浦所属を除く前走GⅢ以下となる馬で、馬券内となった馬は全15頭が該当しており、その中で最も前走着順が低かった馬は2015年のフーラブライドの前走6着という成績です。それ以外では前走3着が最低で、これに該当する馬は前走で好走がないと馬券外となる可能性が高い条件となります。

馬齢7歳以上

馬齢が7歳以上の馬は過去全てが馬券外となっているので、消去対象となります。

[0-0-0-42]

去10年間で馬齢7歳以上の馬は全42頭が出走しており、その全てが馬券外という結果です。今走でも7歳以上の馬は4頭が該当しており、過去の結果から全て消去対象としました。

消去条件クリア馬

2020年日経新春杯の消去条件クリア馬は以下の6頭となります。

レッドジェニアル
アフリカンゴールド
サトノガーネット
タイセイトレイル
レッドレオン
エーティーラッセン

執筆時点での本命、対抗予想は下記で公開中です。

本命予想
↓↓↓↓

対抗予想
↓↓↓↓

※最終予想で変更となる可能性もあります

外厩情報

外厩情報は動画で公開しています
↓↓↓↓

日経新春杯2020【消去法予想】データで探る消去クリア馬推奨6頭と過去傾向と外厩情報

以上が日経新春杯2020の消去法予想となります。

最初にもお伝えした通り、直近3年間は1人気が1着と人気の信頼度はそれなりに高い為、高人気馬を中心とした堅めの予想で考えています。クリア馬についても事前の予想オッズでの人気馬が残っているの、ここから大きな変更などはないかと思います。

ただ、枠順の確定後に多少の調整はするかと思いますので、最終予想についてはブログランキングのほうに掲載します。またTwitterやYoutubeでも情報を出しているので、よければフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいです♪

Youtubeでは動画のみのデータも出しています

最終予想はコチラで
↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

タイトルとURLをコピーしました