京成杯2020【消去法予想】過去データからみる消去クリア馬6頭と外厩情報

データ競馬予想

2020年1月19日開催の京成杯を消去法を使って予想していきます。前回の記事で掲載した過去データから見る傾向と、過去出走した馬のデータを基に消去条件を決めているので、ご参考までにm(__)m

前回記事

【京成杯2020】過去10年間結果から探る傾向と配当データ
2020年1月19日開催の京成杯の予想の為に、過去のレース結果を基に過去10年間の傾向を確認していきます。 消去法予想記事 京成杯 中山11R 芝右2000m サラ系3歳オープン (国際)(特指)別定 着順毎の人気を...

京成杯2020最終考察


※タップで大きく表示

過去傾向では順当な決着になる事も多く、特に1着馬は5人気以内となる事がほとんどです。ただ2~3着に6~9人気が絡む事も少なくはありませんので、多少の荒れは考慮した上で予想を組んでいきたいと思います。

二桁番人気以下は過去馬券内とはなっていない為、そこについては可能性は薄いと考えてよさそうです。

確定枠順&騎手

枠番&馬番別勝率

京成杯の過去枠番、馬番別の勝率データでは最も数値が高いのは8枠で勝率14.3%、連対率で28.6%と他枠と比較しても非常に高い数値です。今走では1人気のスカイグルーヴがこれに該当しており、かなり有力と言えそうです。
7枠については過去一度も馬券内がないという結果ですが、馬番別でみた場合、9番は全て馬券外という結果ですが、10番については2着が一度という結果ですので、特に9番については割引材料と考えられそうです。

騎手別勝率

馬名 騎手 着回数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
スカイグルーヴ C.ルメール 19-4-3-13 48.7% 59.0% 66.7% 156.4% 97.2%
キングオブドラゴン 田辺裕信 14-13-9-56 15.2% 29.3% 39.1% 101.1% 100.1%
キムケンドリーム 石橋脩 8-4-5-56 11.0% 16.4% 23.3% 82.1% 66.4%
ヴィアメント M.デムーロ 7-4-5-21 18.9% 29.7% 43.2% 68.4% 71.6%
リメンバーメモリー 大野拓弥 4-4-9-70 4.6% 9.2% 19.5% 34.3% 54.9%
クリスタルブラック 吉田豊 3-4-1-24 9.4% 21.9% 25.0% 39.1% 125.3%
ビターエンダー 津村明秀 3-3-6-49 4.9% 9.8% 19.7% 65.4% 53.4%
チュウワジョーダン 丸山元気 3-1-3-23 10.0% 13.3% 23.3% 147.3% 142.0%
ディアスティマ A.シュタルケ 2-1-0-9 16.7% 25.0% 25.0% 117.5% 58.3%
ゼノヴァース O.マーフィー 1-5-5-13 4.2% 25.0% 45.8% 6.7% 99.2%
ロールオブサンダー 松山弘平 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7% 373.3% 108.3%
ヒュッゲ 和田竜二 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

過去3年間の同コースの騎手別勝率では、スカイグルーヴ鞍上のルメール騎手の勝率が最も高く48.7%と次点のデムーロ騎手と比較しても2倍以上の勝率となっています。また複勝率でも66.7%と非常に高い数値です。
次点のヴィアメント鞍上のデムーロ騎手は勝率が18.9%、複勝率では43.2%となっています。

消去法による予想

下記が京成杯2020の消去データとなります。

前走着差0.7秒以上負け

前走で着差0.7秒以上の負けだった馬は過去全て馬券外となっており、消去対象となります。

[0-0-0-38]

過去10年間で馬券内となった馬で、前走で最も着差があったのは2011年3着のプレイで0.6秒負けとなっています。ですので、0.7秒以上の着差を消去条件としています。

前走上がり36.4秒以下

前走の上がりが36.4秒以下だった馬は過去一度も馬券内となっていないので、この条件で消しとなります。

[0-0-0-30]

過去馬券内となった馬の中で、最も上がり時計が遅かった馬は2014年のプレイアンドリアルで、36.3秒でした。過去10年で前走上がりが36秒以下だった馬は4頭のみとなっており、好走条件になり得ると考え、こちらの条件を適用しています。

前走GⅡ以下1700m以下

前走がGⅡ以下の馬の中で、距離が1700m以下だった馬は全て馬券外となっている為、消去対象です。

[0-0-0-15]

前走が1700m以下で馬券内となったのは過去2度のみで、2012年のマイネルロブストと2014年のプレイアンドリアルの二頭です。そのどちらも前走がGⅠ朝日杯だった為、GⅡ以下の条件を加えて消去条件としています。

前走1勝クラス以下で3着以下

前走が1勝クラスとなる馬の中で、3着以下だった馬は一度も馬券内となっていないので、消しとなります。

[0-0-0-18]

過去1勝クラス以下から馬券内となった馬は多く、10年間で全18頭と半数以上が前走1勝クラス以下です。その内で前走着順が最も低いのは前走2着で、3着以下だった場合は全てが馬券外となっているので、この条件で消しとしています。

消去条件クリア馬

以上の条件を全てクリアしたのは以下の6頭です。

スカイグルーヴ
ヒュッゲ
ゼノヴァース
ヴィアメント
ビターエンダー
クリスタルブラック

執筆時点での本命、対抗予想は下記で公開中です。

本命予想
↓↓↓↓

対抗予想
↓↓↓↓

※最終予想で変更となる可能性もあります

外厩情報

外厩情報は動画で公開しています
↓↓↓↓

【京成杯2020】過去データからみる消去法予想クリア馬6頭と外厩情報

以上が京成杯2020の消去法予想となります。

比較的1着馬については堅めで、2着以降に中穴が絡む事もある京成杯ですが、出走馬の前走が少なく過去データから探る消去法予想はやや相性が悪いレースかと思います。。

ただ条件クリア馬についてはある程度堅めで、人気薄の馬についてもカバーできているかと思うので、最終予想までに大きく変更となる事はないと考えています。

それでも、枠順などで微調整はあるかと思いますので、変更などあった場合はブログやTwitterのほうで更新する予定です。

最終予想についてはブログランキングで公開します。
またTwitter、Youtubeでも情報を出しているので、よければフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいです♪

Youtubeでは動画のみのデータも出しています

最終予想はコチラで
↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] 京成杯2020【消去法予想】過去データからみる消去クリア馬6頭と外厩情報20… […]

タイトルとURLをコピーしました