【東京新聞杯】3連複,ワイド的中!→公式LINEで毎週予想公開中

【東海ステークス】※京都開催※過去10年間の傾向と配当データ

データ競馬予想

2020年1月26日開催の東海ステークスの予想の為、直近10年間の過去データを参考に傾向を探っていきます。その中から消去条件となるものを探していくので、ご参考までにm(__)m

消去法予想記事

東海ステークス2020【消去法予想】過去傾向から探る消し条件と外厩情報
2020年1月26日開催の東海ステークスを消去法を使い予想していきます。過去の出走馬データと前回記事で挙げた過去傾向のデータを基に消去条件を決めているので、ご参考までにm(__)m 前回記事 東海ステークス2020最終考察 ...

東海ステークス[GⅡ]

京都11R ダート左1800m サラ系4歳上オープン (国際)(指)別定

過去10年間の着順別人気と配当データを見ると、1着は全て4人気以内となっていますが、2~3着馬は10人気以下の人気薄馬なども絡む波乱の傾向にあります。

昨年は順当な決着で、配当も三連単ながら1,610円と非常に堅い結果でしたが、それ以前の2年間はどちらも10人気以下が絡んでおり、かなり結果に差のあるレースとなっています。

今年は京都開催の為、過去傾向がどこまで通用するのかが肝ですが、参考となるデータを集め、予想を行っていきます。

出走予定馬

馬名 性齢
アイファーイチオー
牡6
アナザートゥルース
セ6
アングライフェン
牡8
インティ
牡6
エアアルマス
牡5
キングズガード
牡9
クロスケ
牡5
コスモカナディアン
牡7
コマビショウ
牡5
スマハマ
牡5
ヒストリーメイカー
牡6
ヒロブレイブ
牡7
ビルジキール
牡4
マイネルクラース
牡6
メイショウウタゲ
牡9
モズアトラクション
牡6
ロードアルペジオ
牡7
ヴェンジェンス
牡7

東海ステークス2020の出走予定馬ですが、人気馬としては昨年も東海S1着となっているインティは鉄板と考えてよさそうです。
その他では昨年の東海S3着、ベテルギウスS2着と好走したスマハマや、チャンピオンズC組はある程度人気となりそうです。

東海ステークス2020の過去データ分析

下記が過去の東海ステークスのレース傾向データです。

人気別着順

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5-1-2-2 50.0% 60.0% 80.0%
2番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
3番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
4番人気 3-0-1-6 30.0% 30.0% 40.0%
5番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
6番人気 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
7番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
8番人気 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
9番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気以下 0-2-3-52 0.0% 3.5% 8.8%

人気別の着順では過去10年間の1着は全て4人気以内となっています。5人気以下が1着となった事はない為、本命候補は4人気以内となる事が濃厚です。4人気までの合計は[10-5-4-21]となっており、複勝率としては47.5%です。また1人気のみでみた場合、複勝率は80%と非常に高く、予想からは外せない数値です。

2~3着についてはデータがかなり散っており、10人気以下も過去5度馬券内となっているなど、2着以下の人気の信頼度は低めとなります。

単勝オッズ別勝率

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝率
1.0~1.4 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
1.5~1.9 2-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
2.0~2.9 2-0-1-3 33.3% 33.3% 50.0%
3.0~3.9 1-2-1-2 16.7% 50.0% 66.7%
4.0~4.9 1-1-1-3 16.7% 33.3% 50.0%
5.0~6.9 3-1-0-5 33.3% 44.4% 44.4%
7.0~9.9 0-1-2-3 0.0% 16.7% 50.0%
10.0~14.9 0-0-0-13 0.0% 0.0% 0.0%
15.0~19.9 0-2-0-5 0.0% 28.6% 28.6%
20.0~29.9 0-0-1-14 0.0% 0.0% 6.7%
30.0~49.9 0-1-3-18 0.0% 4.5% 18.2%
50.0~99.9 0-1-1-16 0.0% 5.6% 11.1%
100.0~ 0-1-0-35 0.0% 2.8% 2.8%

単勝オッズで1.9倍以下だった馬は過去3頭中3頭が1着という結果ですが、2.0倍以上ではその信頼度は低下しています。
こちらも人気別の2着以降と同様にかなりデータが散っている為、一定の傾向はほぼないと言えます。

1着については6.9倍以内のみとなっており、それ以上のオッズの馬が1着となった事はありません。

枠別勝率

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 1-0-2-13 6.3% 6.3% 18.8%
2枠 0-1-2-14 0.0% 5.9% 17.6%
3枠 1-3-2-12 5.6% 22.2% 33.3%
4枠 5-0-1-12 27.8% 27.8% 33.3%
5枠 1-1-1-17 5.0% 10.0% 15.0%
6枠 0-2-0-17 0.0% 10.5% 10.5%
7枠 1-1-1-17 5.0% 10.0% 15.0%
8枠 1-2-1-15 5.3% 15.8% 21.1%

過去10年間で最も好走が多い枠は4枠で、1着が5度と勝ちの半数が4枠です。また3枠も好走が目立ち、複勝率では4枠と同等の数値です。

その他の枠については目立つ程の差はありませんが、1~2枠が過去連対一度のみと、内枠が奮わないというデータになっています。

前走着順別勝率

前確定着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 3-2-3-17 12.0% 20.0% 32.0%
2着 4-0-2-11 23.5% 23.5% 35.3%
3着 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
4着 0-2-2-7 0.0% 18.2% 36.4%
5着 2-1-0-6 22.2% 33.3% 33.3%
6~9着 0-4-1-30 0.0% 11.4% 14.3%
10着以下 0-1-2-38 0.0% 2.4% 7.3%

過去1着となった馬は前走で5着内だった馬のみで、前走6着以下が1着となった事はありません。2着以下では前走6~9着で過去5頭、10着以下で3頭と比較的高い確率で馬券内となってくる為、前走凡走馬や大敗馬も軽視はできません。

前走人気別着順

前走人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1人気 4-1-3-9 23.5% 29.4% 47.1%
2人気 1-4-0-8 7.7% 38.5% 38.5%
3人気 3-0-1-10 21.4% 21.4% 28.6%
4人気 0-2-1-5 0.0% 25.0% 37.5%
5人気 1-0-0-10 9.1% 9.1% 9.1%
6~9人気 0-1-3-36 0.0% 2.5% 10.0%
10人気以下 1-2-2-39 2.3% 6.8% 11.4%

前走で1~3人気までだった馬は合計で[8-5-4-27]となっており、複勝率では38.6%となっています。

2~3着については前走6人気以下から全8頭が該当しており、こちらも前走着順と同様に、前走不人気馬の激走は充分にあり得る為、軽視はNGです。

前走着差別勝率

前走着差 成績 勝率 連対率 複勝率
勝0.6~0.9 2-0-0-1 66.7% 66.7% 66.7%
勝0.3~0.5 0-1-2-9 0.0% 8.3% 25.0%
勝0.1~0.2 1-1-0-4 16.7% 33.3% 33.3%
勝0.0 0-0-1-3 0.0% 0.0% 25.0%
負0.0 1-0-1-3 20.0% 20.0% 40.0%
負0.1~0.2 0-0-0-8 0.00% 0.00% 0.00%
負0.3~0.5 3-0-3-12 16.70% 16.70% 33.30%
負0.6~0.9 2-6-3-20 6.5% 25.8% 35.5%
負1.0~1.9 1-1-0-36 2.6% 5.3% 5.3%
負2.0~2.9 0-1-0-15 0.0% 6.3% 6.3%
負3.0~3.9 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
負4.0~ 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

前走着差では1.0~1.9秒負けの馬が過去38頭出走と数が多いですが、その内二頭が連対という結果になっています。
1.0秒以上の負けを合計した場合[1-2-0-57]となっており、現時点でのデータだけでは差分が難しいですが、前走着差は何かしらの条件を加える事で、消去対象として使用できるかと思います。

前走クラス別勝率

前走クラス 成績 勝率 連対率 複勝率
3勝 1-0-2-8 9.1% 9.1% 27.3%
OPEN特別 3-3-3-54 4.8% 9.5% 14.3%
G3 2-4-1-27 5.9% 17.6% 20.6%
G2 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
G1 2-1-4-12 10.5% 15.8% 36.8%

前走クラスとしては最も数値が高いのは前走がGⅠとなる馬で36.8%となっています。次点ではGⅢと順当ではありますが、勝ち数としてはOPEN特別の馬の馬券内も多く、全9頭が前走OPEN特別からの馬券内となっています。

前走開催地別勝率

前走開催 成績 勝率 連対率 複勝率
東京 1-0-2-17 5.0% 5.0% 15.0%
中山 1-2-4-31 2.6% 7.9% 18.4%
中京 1-0-3-7 9.1% 9.1% 36.4%
京都 3-3-1-22 10.3% 20.7% 24.1%
阪神 2-2-0-26 6.7% 13.3% 13.3%
小倉 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
地方 2-2-0-14 11.1% 22.2% 22.2%

前走開催地では地方からの出走となる馬の数値が高く連対率で22.2%となっています。最も出走が多いのは前走中山ですが、こちらは勝率は奮わず、複勝率についてもやや低めとなっています。

また前走が中京となる馬の複勝率が高く36.4%と、全11頭中4頭が馬券内となっています。

前走距離別勝率

前走距離 成績 勝率 連対率 複勝率
1600m 0-0-2-13 0.0% 0.0% 13.3%
1700m 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
1800m 6-7-8-73 6.4% 13.8% 22.3%
1900m 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
2000m 3-1-0-12 18.8% 25.0% 25.0%
2100m 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
2400m 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
2500m 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
3000m 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

前走距離では1着は1800m、2000mからの出走となる馬がほとんどで、その二つの合計は[9-8-8-85]となっており、複勝率としては22.7%程です。

その他もちらほらと他距離が前走となる馬が馬券となったケースありますが、概ね1800m,2000mの馬券内が濃厚と考えていけそうです。

馬齢別勝率

馬齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 2-2-2-19 8.0% 16.0% 24.0%
5歳 6-5-6-23 15.0% 27.5% 42.5%
6歳 1-0-2-35 2.6% 2.6% 7.9%
7歳 1-2-0-26 3.4% 10.3% 10.3%
8歳 0-1-0-11 0.0% 8.3% 8.3%

馬齢では最も数値が高いのは5歳馬で複勝率が42.5%となっています。次点では4歳馬の複勝率が高いですが、6歳から急激に馬券内率が低下し、8歳では連対が一度のみという結果です。

このデータから6歳以上についてはやや割引と考えてよさそうです。

斤量別勝率

斤量 成績 勝率 連対率 複勝率
53kg 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
54kg 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
55kg 1-0-2-10 7.7% 7.7% 23.1%
56kg 4-7-6-70 4.6% 12.6% 19.5%
57kg 4-3-1-28 11.1% 19.4% 22.2%
58kg 1-0-1-4 16.7% 16.7% 33.3%

斤量別での勝率が最も高いのはトップハンデとなる58kgだった馬ですが、母数が少なく有効なデータではない可能性があります。

それを除くと57kgだった馬は出走頭数では56kgの馬に劣るものの、連対率は19.4%と高く、重い斤量を背負った馬が勝ちやすいという傾向がみてとれます。

所属別勝率

所属 成績 勝率 連対率 複勝率
美浦 1-5-2-25 3.0% 18.2% 24.2%
栗東 9-5-8-91 8.0% 12.4% 19.5%

過去の出走馬の多くは栗東所属の馬ですが、連対率や複勝率でみた場合、美浦所属馬のほうが高いという結果になりました。
勝率では栗東馬が高いものの、それ以下では美浦所属が高いという事は2~3着荒れの要因となり得る可能性があるので、ここは過去出走馬のデータなどで詳しく見ていきたいと思います。

種牡馬別勝率

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
キングカメハメハ 1-3-2-15 4.8% 19.0% 28.6%
アグネスデジタル 1-1-0-7 11.1% 22.2% 22.2%
ホワイトマズル 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%
ネオユニヴァース 1-0-1-6 12.5% 12.5% 25.0%
ステイゴールド 1-0-1-1 33.3% 33.3% 66.7%
クロフネ 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%
ゴールドアリュール 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
カリズマティック 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
マンハッタンカフェ 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
ケイムホーム 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%

過去10年間で最も馬券に多く絡んだのはキングカメハメハ産駒で、全6頭が馬券内となっています。それ以外では特段数値が飛び抜けて高いという事はありませんが、ややステイゴールド産駒の複勝率が高めとなっています。

1人気は[5-1-2-2]で複勝率80%と信頼度高め
過去10年間1着馬は4人気以内
1~4人気までは[10-5-4-21]で複勝率は47.5%
オッズ1.9倍以下は勝率100%
過去1着はオッズ6.9倍以下
4枠は[5-0-1-12]で勝率27.8%で好走枠
1~2枠は合計[1-1-4-27]で連対が二度のみ
前走1~5着は[10-5-749]で、過去1着馬は前走5着以内
前走1人気は[4-1-3-9]と複勝率47.1%
前走クラスは前走GⅠが[2-1-4-12]で最も好走が多い
前走地方は[2-2-0-14]で好走多め
5歳馬は[6-5-6-23]で複勝率42.5%
斤量55kg以下は[1-0-2-15]でやや低調
美浦所属馬は[1-5-2-25]と2着以下の馬券内が多い

以上が東海ステークス2020の過去傾向となります。
1着は順当決着となるものの、2着以下が荒れる事が多い為、人気薄の馬に対しても注目していきたいと思います。また冒頭でもお伝えしていますが、今年は京都開催となる為、特に枠データなどは機能しない可能性もあります。

そういった点を踏まえ、最終的な予想と消去クリア馬とである程度変更になる部分もあるかと思いますので、最終予想についてはブログランキングに掲載します。

またTwitterやYoutubeでも情報を出していくので、よければフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいです♪

Youtubeでは動画のみの情報もありますので、よければチェックしてみて下さいm(__)m

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました