【東京新聞杯】3連複,ワイド的中!→公式LINEで毎週予想公開中

【シルクロードステークス2020】直近10年間の過去傾向と配当データ

データ競馬予想

2020年2月2日開催のシルクロードSの予想をしていきます。まずは過去10年間の過去レースを参照して、過去傾向を見ていきます。

人気別や前走成績などのデータを参照しているので、ご参考までにm(__)m

【シルクロードステークス2020予想】消去法で探る消し条件と外厩情報
2020年2月2日開催となるシルクロードSの消去法予想を行っていきます。前回の記事で挙げたデータと、過去の出走馬のデータを基にして消去条件を決めてるので、ご参考までにm(__)m 【追記※1/31】枠順が確定したので、枠別デー...

シルクロードステークス[GⅢ]

京都11R 芝右1200m サラ系4歳上オープン (国際)(指)ハンデ

直近の過去10年間は1着は全て4人気以内と順当決着になっているものの、3着がこれでもかというくらいに荒れるレースになっています。
5人気以内の馬が3着となったのは10年間で1度のみで、7頭は10人気以下という結果です。

昨年と2011年は2着も10人気以下という結果ではありましたが、比較的2着馬についても5人気以下となる事が多く、3着馬が異常に荒れるという認識で予想をしていきたいと思います。

出走予定馬

馬名 性齢
アウィルアウェイ 牝4
アンヴァル 牝5
ヴェロックス 牡4
エイティーンガール 牝4
エスターテ 牝5
カラクレナイ 牝6
シヴァージ 牡5
ジャスパープリンス 牡5
ジョイフル 牡6
セイウンコウセイ 牡7
ダイシンバルカン 牡8
ダイメイフジ 牡6
ダイメイプリンセス 牝7
ティーハーフ 牡10
ディープダイバー 牡4
ディアンドル 牝4
ナランフレグ 牡4
ハッピーアワー 牡4
ビップライブリー 牡7
ブラックムーン 牡8
ペイシャフェリシタ 牝7
モズスーパーフレア 牝5
ラブカンプー 牝5
ラヴィングアンサー 牡6
レッドアンシェル 牡6

登録馬が発表されましたが、ヴェロックスが登録という事で少し驚きました(笑)
過去10年間で有馬記念からのローテはなく、この馬自体初のスプリント戦なので正直どうなるのか未知数です。
予想オッズとしては、スプリンターズSで2着と好走したモズスーパーフレアやCBC賞1着のレッドアンシェルあたりが高人気となるかと思いますが、その他も十分馬券内が考えられる馬が多数登録している為、予想を絞るのはやや難解なレースとなりそうです。

シルクロードステークス2020の過去データ分析

以下のデータが過去10年間のシルクロードSのレース傾向です。

人気別着順

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%
2番人気 4-1-0-5 40.0% 50.0% 50.0%
3番人気 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
4番人気 1-3-1-5 10.0% 40.0% 50.0%
5番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
6番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
8番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0-1-2-7 0.0% 10.0% 30.0%
12番人気 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
13番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
14番人気 0-1-0-8 0.0% 11.1% 11.1%
15番人気 0-0-1-8 0.0% 0.0% 11.1%
16番人気 0-0-1-8 0.0% 0.0% 11.1%
17番人気 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%

過去10年間の人気別の傾向としては、1着については4人気までとなっており、比較的人気馬の信頼度は高めで、2着馬についても8頭は5人気以内と高人気馬の連対率は高めと考えていいでしょう。

ただ3着については非常に荒れる傾向があり、過去10年間で5人気以内は1頭のみで、10人気以内でも3頭と人気薄馬の激走が非常に多いレースとなっています。
特に11人気については複勝率が30%と高数値となっているなど、高い確率で人気薄馬の激走があると考えておくべきかと思います。

単勝オッズ別勝率

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝率
1.0~1.4 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
1.5~1.9 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
2.0~2.9 2-0-0-1 66.7% 66.7% 66.7%
3.0~3.9 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
4.0~4.9 2-0-0-4 33.3% 33.3% 33.3%
5.0~6.9 4-2-0-3 44.4% 66.7% 66.7%
7.0~9.9 1-4-0-7 8.3% 41.7% 41.7%
10.0~14.9 0-1-2-15 0.0% 5.6% 16.7%
15.0~19.9 0-0-1-19 0.0% 0.0% 5.0%
20.0~29.9 0-0-1-10 0.0% 0.0% 9.1%
30.0~49.9 0-1-1-19 0.0% 4.8% 9.5%
50.0~99.9 0-1-3-21 0.0% 4.0% 16.0%
100.0~ 0-0-2-29 0.0% 0.0% 6.5%

単勝オッズでは1.9倍までは[1-1-0-0]で連対率100%となっており、2.9倍まででも[3-1-0-1]で連対率80%と信頼度は高い結果になっています。

最も注目する点としては50~99.9倍に該当する馬で、複勝率が16%とオッズに対しての数値が非常に高く、100倍以上の馬についても過去2頭馬券内となっています。
ですので、あえてこの辺りの馬を狙って流していくのも面白いかと思います。

枠番別勝率

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 4-2-1-12 21.1% 31.6% 36.8%
2枠 2-1-1-15 10.5% 15.8% 21.1%
3枠 0-1-1-17 0.0% 5.3% 10.5%
4枠 1-3-3-13 5.0% 20.0% 35.0%
5枠 2-0-1-17 10.0% 10.0% 15.0%
6枠 1-0-1-18 5.0% 5.0% 10.0%
7枠 0-2-0-20 0.0% 9.1% 9.1%
8枠 0-1-2-20 0.0% 4.3% 13.0%

枠番では1枠の勝率が抜けており、過去4頭が1枠から1着となっています。次点では4枠が複勝率35%で好走枠と考えられるでしょう。
反対に外枠は不調で7~8枠での1着は一度もないという結果です。内枠有利の傾向が顕著な為、枠での予想調整は必須となりそうです。

前走着順別勝率

前走着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 4-4-0-28 11.1% 22.2% 22.2%
2着 2-0-2-7 18.2% 18.2% 36.4%
3着 1-0-3-11 6.7% 6.7% 26.7%
4着 1-0-2-9 8.3% 8.3% 25.0%
5着 0-3-0-9 0.0% 25.0% 25.0%
6~9着 1-1-1-28 3.2% 6.5% 9.7%
10着以下 1-2-2-39 2.3% 6.8% 11.4%

数値的には前走で1~2着だった馬が高い傾向にあり、1着は6頭が前走で1~2着だった馬となっています。

ただ、こちらについては前走で凡走や大敗した馬であっても多く馬券内となっており、前走成績はアテになりにくいレースと判断できます。

前走人気別勝率

前走人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1人気 5-2-0-11 27.8% 38.9% 38.9%
2人気 0-2-3-15 0.0% 10.0% 25.0%
3人気 1-0-0-11 8.3% 8.3% 8.3%
4人気 0-1-1-10 0.0% 8.3% 16.7%
5人気 1-2-1-7 9.1% 27.3% 36.4%
6~9人気 3-2-2-39 6.5% 10.9% 15.2%
10人気以下 0-1-3-38 0.0% 2.4% 9.5%

前走1人気の信頼度はまずまずで、複勝率で38.9%となっています。
勝ち数が最も多いのも前走1人気ですが、前走で6~9人気の馬も合計で7度馬券内となっており、決して軽視できない結果となっています。

前走不人気馬の激走は充分に考えられるレースの為、前走人気についても予想の参考材料としてはやや弱めかと思います。

前走着差別勝率

前走着差 成績 勝率 連対率 複勝率
勝0.6~0.9 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
勝0.3~0.5 1-1-0-1 33.3% 66.7% 66.7%
勝0.1~0.2 3-2-0-11 18.8% 31.3% 31.3%
勝0.0 0-0-0-15 0.0% 0.0% 0.0%
負0.0 1-0-2-5 12.5% 12.5% 37.5%
負0.1~0.2 3-1-5-18 11.1% 14.8% 33.3%
負0.3~0.5 1-3-0-26 3.3% 13.3% 13.3%
負0.6~0.9 1-0-2-30 3.0% 3.0% 9.1%
負1.0~1.9 0-2-1-21 0.0% 8.3% 12.5%
負2.0~2.9 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%

前走着差では目立った偏りはないものの、前走で0.0秒の勝ちとなっている馬が[0-0-0-15]となっており、着差をつけずに勝った馬は全て馬券外という結果になっています。

また前走で1.0秒以上の着差での負けとなった馬が1着となった事はなく、本命予想としてはこの辺りは参考値として考えていけそうです。

前走クラス別勝率

前走クラス 成績 勝率 連対率 複勝率
3勝 0-0-1-12 0.0% 0.0% 7.7%
OPEN特別 3-5-5-61 4.1% 10.8% 17.6%
G3 3-2-2-27 8.8% 14.7% 20.6%
G2 2-2-1-12 11.8% 23.5% 29.4%
G1 2-1-0-13 12.5% 18.8% 18.8%

前走クラスでは最も勝率が高いのは前走GⅠとなる馬ですが、複勝率まで見た場合は前走GⅡとなる馬の好走が目立っています。

また前走3勝クラスについては[0-0-1-12]となっており、過去3着が一度のみと馬券内となる確率は低めです。

前走距離別勝率

前走距離 成績 勝率 連対率 複勝率
1200m 8-8-8-105 6.2% 12.4% 18.6%
1400m 2-2-2-17 8.7% 17.4% 26.1%
1600m 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%

前走距離ではそのほとんどが前走1200mと同距離となっていますが、前走が1600mだった馬は過去10頭出走し、その全てが馬券外という結果です。また前走1400mだった馬は1200mだった馬と比較して、馬券内となる事が多い為、プラス材料として考えられます。

馬齢別勝率

馬齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 2-2-0-28 6.3% 12.5% 12.5%
5歳 3-4-2-23 9.4% 21.9% 28.1%
6歳 4-3-4-32 9.3% 16.3% 25.6%
7歳 1-1-1-30 3.0% 6.1% 9.1%
8歳 0-0-2-14 0.0% 0.0% 12.5%

馬券内として多いのは6歳までで、7歳以上になると馬券内率は低下します。
ただそれでも7歳は[1-1-1-30]と3度の馬券内があり、8歳では[0-0-2-14]と3着が2度という結果になっているので、単純な年齢での消しとする事はできません。

斤量別勝率

斤量 成績 勝率 連対率 複勝率
51kg 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
52kg 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
53kg 0-1-3-10 0.0% 7.1% 28.6%
54kg 0-0-1-38 0.0% 0.0% 2.6%
55kg 1-2-2-22 3.7% 11.1% 18.5%
55.5kg 2-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
56kg 0-3-2-24 0.0% 10.3% 17.2%
56.5kg 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
57kg 3-2-2-16 13.0% 21.7% 30.4%
57.5kg 1-0-0-6 14.3% 14.3% 14.3%
58kg 2-1-0-4 28.6% 42.9% 42.9%
58.5kg 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
59kg 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%

過去10年間では軽いハンデの馬に比べ、重いハンデを背負った馬の勝率が高い傾向にあります。
特に57~58kgの馬については[6-3-2-24]と勝率が17.1%、複勝率で31.4%となっており、1着馬は全6頭と好成績です。

種牡馬別勝率

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
フジキセキ 2-0-0-6 25.0% 25.0% 25.0%
アルデバラン2 2-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
アドマイヤムーン 1-2-1-5 11.1% 33.3% 44.4%
マンハッタンカフェ 1-1-1-3 16.7% 33.3% 50.0%
ロードカナロア 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
キングカメハメハ 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%
ロージズインメイ 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
ルールオブロー 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
サクラバクシンオー 0-3-0-20 0.0% 13.0% 13.0%
ストーミングホーム 0-1-1-1 0.0% 33.3% 66.7%

過去10年間の種牡馬別の成績TOP10頭ですが、フジキセキ産駒とアルデバラン2産駒が共に勝ち数が過去2勝となっています。
またアドマイヤムーン、マンハッタンカフェの2頭も出走数はそれなりにあるものの、複勝率が40~50%と高く、信頼度は高めです。

過去1着は[10-6-1-23]で1~4人気からのみ
10人気以下は[0-2-7-63]で複勝率12.5%、過去7頭が3着
単勝オッズ2.9倍までは[3-1-0-1]で連対率80%
50倍以上は[0-1-5-50]で過去5頭が3着
1枠は[4-2-1-12]で勝率21.1%と好走枠
1~4枠[7-7-6-57]、5~8枠[4-3-4-75]で内枠有利が顕著
前走1人気は[5-2-0-11]で複勝率38.9%と信頼度はまずまず
前走着差0.0秒勝ちの馬は[0-0-0-15]で馬券内なし
前走3勝クラスは[0-0-1-12]で低調
前走1600mは[0-0-0-10]で馬券内なし
斤量57~58kgの馬については[6-3-2-24]で好走多

以上がシルクロードS2020の過去傾向となります。

1~2着はそれなりに人気の信頼度も高いですが、3着が非常に荒れる為、三連系での的中はかなり難しいレースかと思います。

僕自身は消去法で予想し、6頭前後まで絞る形がほとんどなので、その消去クリア馬を三連系で買う事が多いですが、今回については馬連あたりで買いを考えていこうと思います。

最終的な予想についてはブログランキングのほうに掲載する予定です。

Twitter、Youtubeでも情報を出しているので、よければフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいです♪

Youtubeでは動画のみの情報もありますので、よければチェックしてみて下さいm(__)m

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました