【東京新聞杯】3連複,ワイド的中!→公式LINEで毎週予想公開中

【シルクロードステークス2020予想】消去法で探る消し条件と外厩情報

データ競馬予想

2020年2月2日開催となるシルクロードSの消去法予想を行っていきます。前回の記事で挙げたデータと、過去の出走馬のデータを基にして消去条件を決めてるので、ご参考までにm(__)m

【シルクロードステークス2020】直近10年間の過去傾向と配当データ
2020年2月2日開催のシルクロードSの予想をしていきます。まずは過去10年間の過去レースを参照して、過去傾向を見ていきます。 人気別や前走成績などのデータを参照しているので、ご参考までにm(__)m シルクロードステークス...

【追記※1/31】枠順が確定したので、枠別データや騎手別データを追記、消去クリア馬を修正しました

シルクロードS2020最終予想


※タップで大きく表示

過去出走馬の傾向では、3着馬で10人気以下の馬券内が非常に多く荒れる傾向にあります。また前走が京阪杯、淀短距離となる馬の馬券内が目立っているので、この辺りの馬については注目しておく必要がありそうです。

現時点での登録馬多い点と、3着荒れが多い為、消去条件が多くなってしまいましたが、ご参考にして頂ければと思います。

確定枠順&騎手

枠番&馬番別勝率


好走枠は1枠となっており、勝率が21.1%で過去4頭が1着となっています。レットアンシェル、カラクレナイが該当しており、枠としてはかなりプラス材料です。
最も低調な枠は7枠で複勝率でも10%以下という数値です。6枠から8枠にかけてはやや低調な傾向にあるので、外枠は割引と考えています。

騎手別勝率

馬名 騎手 着回数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
アウィルアウェイ 川田将雅 5-4-4-16 17.20% 31.00% 44.80% 59.30% 72.80%
ダイメイプリンセス 松山弘平 5-2-2-46 9.10% 12.70% 16.40% 38.50% 30.70%
セイウンコウセイ 幸英明 4-7-7-43 6.60% 18.00% 29.50% 102.80% 77.00%
ペイシャフェリシタ 岩田康誠 4-5-2-28 10.30% 23.10% 28.20% 94.90% 99.70%
ディアンドル 池添謙一 4-2-4-22 12.50% 18.80% 31.30% 102.20% 100.90%
ラヴィングアンサー 和田竜二 3-5-4-41 5.70% 15.10% 22.60% 75.80% 59.40%
ディープダイバー 酒井学 3-5-1-25 8.80% 23.50% 26.50% 166.20% 178.50%
エイティーンガール 四位洋文 3-4-1-20 10.70% 25.00% 28.60% 61.40% 55.40%
モズスーパーフレア 松若風馬 2-3-4-32 4.90% 12.20% 22.00% 97.10% 76.80%
ティーハーフ 国分優作 2-0-1-40 4.70% 4.70% 7.00% 100.50% 66.00%
ダイシンバルカン 松田大作 1-3-2-6 8.30% 33.30% 50.00% 84.20% 225.00%
ビップライブリー 高倉稜 1-0-1-21 4.30% 4.30% 8.70% 39.60% 257.40%
カラクレナイ 大野拓弥 0-1-3-5 0.00% 11.10% 44.40% 0.00% 142.20%
ハッピーアワー 吉田隼 0-1-0-8 0.00% 11.10% 11.10% 0.00% 23.30%
ジョイフル 川又賢治 0-1-0-12 0.00% 7.70% 7.70% 0.00% 12.30%
レッドアンシェル S.フォーリー 0-0-1-4 0.00% 0.00% 20.00% 0.00% 52.00%
ラブカンプー 斎藤新 0-0-0-4 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00%
ナランフレグ 丸田恭介 0-0-0-0 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00%

直近3年の騎手別の勝率ではアウィルアウェイ鞍上の川田騎手が17.2%で最も数値が高く、勝ち数でも最多の5勝となっています。
複勝率ではダイシンバルカン鞍上の松田騎手が複勝率50%と最も高く複回率でも225%と高数値です。

消去法による予想

下記が今回の消去データです。

前走GⅢ以下で9着以下

前走がGⅢ以下の馬の中で、9着以下という成績だった馬は、過去3着が一度のみ出ていますが、負けの傾向が強いと判断した為、消去としています。

[0-0-1-29]

前走がGⅢ以下となる馬で馬券内となったのは過去22頭と非常に多いですが、9着以下で馬券内となったのは1頭のみで、2014年3着のリトルゲルダとなります。こちらは前走で11着と大敗していますが、人気は2人気と推されているという点と、直近の勝ちではない為、消しとする事にしました。

前走1200mで上がり35.4秒以上

前走が1200mとなる馬の中で、上がりが35.4秒以上となる馬は過去全て馬券外の為、消しとなります。

[0-0-0-12]

前走1200mとなる馬の中で、前走上がりが最も遅かったのは2013年2着のダッシャーゴーゴーで35.3秒でした。それ以上の上がり時計での馬券内はない為、この条件を適用しています。

前走GⅢ以下で4角通過12番手以下

前走がGⅢ以下となる馬の中で、4コーナーの通過順位が12番手以下だった馬は全て馬券外の為、消しとなります。

[0-0-0-15]

過去の前走の4コーナー通過順位が最も低かったのは2018年3着のフミノムーンで14番手でした。フミノムーンは前走がGⅡだった為、今回はGⅢ以下という条件を入れて差分しています。

スプリント戦で直線距離の短い京都の為、4角の通過順位の影響は大きいと考えているので、この条件を適用する事にしました。

前走3勝クラス以下で1200m

前走が3勝クラス以下となる馬の中で、距離が1200mだった馬は過去全て馬券外となっているので、消去対象となります。

[0-0-0-11]

過去前走が3勝クラス以下となる馬は全13頭が出走し、1頭のみ馬券内となっています。その1頭は前走新春Sの1400m戦で、1200mからの出走となる馬は一度も馬券内となっていない為、消しとしています。

7歳以上の牝馬・セン馬

7歳以上で牝馬、セン馬は全て馬券外となっているので、消去対象です。

[0-0-0-12]

過去10年で馬券内となった牝馬は7頭でセン馬は0頭です。その内、全てが6歳以内で7歳以上での馬券内は一度もなかった為、この条件で消しとしています。

前走GⅡ以下の中山開催で4着以下

前走がGⅡ以下で中山開催だった馬の中で、成績が4着以下だった馬は一度も馬券内となっていない為、消去となります。

[0-0-0-15]

前走GⅡ以下の中山開催で馬券内となっているのは2頭で、どちらも前走がラピスラズリSで3着内となっています。ですので、4着以下の条件を加えての条件適用です。

消去条件クリア馬

以上の全ての条件をクリアしたのは以下の7頭です。

レッドアンシェル
ヴェロックス
ディアンドル
アウィルアウェイ
カラクレナイ
シヴァージ
セイウンコウセイ

※執筆時点の暫定的なものです
【追記】
ヴェロックス、シヴァージは回避となりました
枠順からモズースーパーフレアは予想に組み込む事にしました

執筆時点での本命、対抗予想は下記で公開中です。

本命予想
↓↓↓↓

対抗予想
↓↓↓↓

※最終予想で変更となる可能性もあります

外厩情報

外厩情報は動画で公開します
↓↓↓↓

シルクロードステークス2020【厳選推奨馬7頭】過去10年間の傾向から探る消去法による消去データとクリア馬毎の予想見解!

Youtubeでは動画のみのクリア馬に関するデータも挙げていますので、是非チェックしてみて下さい♪

以上がシルクロードS2020の消去法予想です。

執筆時点では登録馬が25頭と多く、その分消去条件も多くなってしまいました。また3着荒れが多い為、やや条件も難しいレースでしたが、基本的にはクリア馬7頭の中から最終的な予想をしていきたいと思います。

ただ実力馬のモズスーパーフレアも消去対象となっているので、この辺りは調教や枠順などを見てから、本当に消しとするかどうかを決めたいと思います。
またヴェロックスに関しては今出ている情報では回避はなく出走との事ですが、過去の出走傾向からは少し不思議なローテなので、注意して様子を見ていきたいと思います。

最終的な予想についてはブログランキングのほうで出していきます。

Twitter、Youtubeでも情報を出しているので、よければフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいです♪

最終予想はコチラで

↓根岸ステークス最終予想↓

↓シルクロードステークス最終予想↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました