【東京新聞杯】3連複,ワイド的中!→公式LINEで毎週予想公開中

【消去法】共同通信杯2020の10年間の傾向・結果からみる予想と外厩情報

データ競馬予想

2020年2月16日開催となる共同通信杯の予想をしていきます。
消去法による予想を行う為、過去10年間のレース傾向と、過去出走した馬のデータを参考にして消去条件を決めていくので、ご参考までにm(__)m

記事執筆時点で未定の項目や発表前の項目などもある為、それらは発表後や確定後に随時追記していきます。

【追記2/9】※出走予定馬,外厩情報を追記しました
【追記2/10】※消去条件,消去クリア馬を追記しました
【追記2/14】※枠番馬番別勝率,騎手別勝率を追記しました

Youtubeにて予想動画も公開しています^^

共同通信杯2020予想【厳選推奨馬】本命有力候補の鉄板軸馬は〇番人気?!過去傾向から探る消去法予想見解!

共同通信杯2020のレース傾向と配当データ

東京11R 芝左1800m サラ系3歳オープン (国際)(特指)別定

過去配当データでは、昨年の2019年はかなり堅めの結果で、三連単配当でも2,170円という結果でした。ですが、2018年については566,290年と非常に高い配当になっています。

10年間を通してみると堅めの結果が多いように思えますが、2016年、2013年などやや荒れる結果となる事もあり、常に堅めの結果というレースではありません。

人気別では比較的高人気馬が馬券内となっている傾向で、多くは6人気以内という結果です。ですので、高人気となった1人気馬などが飛ぶ事で高額配当がついていると考えられるレースです。

出走予定馬

馬名 性齢
アジュバント 牡3
エン 牡3
ココロノトウダイ 牡3
コンバットマーチ 牝3
サトノインプレッサ 牡3
シコウ 牡3
シングンバズーカ 牡3
スウィートメリナ 牝3
ダーリントンホール 牡3
ビターエンダー 牡3
フィリオアレグロ 牡3
マートルフィールド 牡3
マイラプソディ 牡3

執筆時点では全13頭が登録しており、中でも注目なのは現3歳馬の中で実力馬として考えられているマイラプソディで、3ヶ月の休養明けでの出走となります。予想オッズでも圧倒的な1人気となっています。

その他では過去重賞勝ちのある馬はいませんが、前走京成杯で4着となったビターエンダーあたりも注目をしていきたいところです。

共同通信杯2020の過去データ分析

下記データが過去10年間のレース傾向となります。

人気別勝率

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1-3-2-4 10.0% 40.0% 60.0%
2番人気 2-2-1-5 20.0% 40.0% 50.0%
3番人気 4-2-2-2 40.0% 60.0% 80.0%
4番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
5番人気 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
6番人気 2-2-0-6 20.0% 40.0% 40.0%
7番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
8番人気 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0-0-1-8 0.0% 0.0% 11.1%
10番人気以下 0-0-1-24 0.0% 0.0% 4.0%

人気別では馬券内はほぼ6人気以内となっており、9人気と10人気に3着がそれぞれ一度のみという結果です。1人気の勝率は10%程で、1着は過去一度しかありません。

対して最も勝率が高いのは3人気で、40%と過去4度1着となっており、複勝率でも80%と好走が目立ちます。

7人気以下は合計で[0-0-2-51]となっている為、消しの候補となりそうです。

単勝オッズ別勝率

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝率
1.0~1.4 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
1.5~1.9 0-2-1-2 0.0% 40.0% 60.0%
2.0~2.9 1-0-1-1 33.3% 33.3% 66.7%
3.0~3.9 1-0-1-3 20.0% 20.0% 40.0%
4.0~4.9 3-2-0-4 33.3% 55.6% 55.6%
5.0~6.9 2-1-2-3 25.0% 37.5% 62.5%
7.0~9.9 1-1-1-4 14.3% 28.6% 42.9%
10.0~14.9 1-2-2-4 11.1% 33.3% 55.6%
15.0~19.9 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0%
20.0~29.9 1-1-0-7 11.1% 22.2% 22.2%
30.0~49.9 0-0-1-11 0.0% 0.0% 8.3%
50.0~99.9 0-0-0-15 0.0% 0.0% 0.0%
100.0~ 0-0-1-22 0.0% 0.0% 4.3%

単勝オッズで1倍台は合計で[0-3-1-2]となっており、1着が一度もないという結果になっています。ですので、前評判の高さなどから過剰人気となっている馬についてはアタマと考える場合は注意が必要です。

15倍以上については合計で[1-1-2-62]となっており、4度の馬券内がありますが、複勝率で6%程度と数値としてはかなり低い確率となります。

枠番別勝率

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%
2枠 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
3枠 1-1-0-9 9.1% 18.2% 18.2%
4枠 1-1-5-6 7.7% 15.4% 53.8%
5枠 3-1-0-11 20.0% 26.7% 26.7%
6枠 0-1-2-14 0.0% 5.9% 17.6%
7枠 1-2-2-14 5.3% 15.8% 26.3%
8枠 0-1-1-16 0.0% 5.6% 11.1%

勝率では1枠が最も高く30%となっていますが、5枠も勝ち数では同様で3勝となっています。また注目する点は4枠で、勝率は7.7%と高くはありませんが、複勝率が53.8%と飛び抜けて高く、3着馬は10年間の半数となる5頭が4枠です。

傾向では1~4枠[6-5-5-28]、5~8枠[4-5-5-55]で内枠の数値が外枠と比較し2倍程度となっており、内枠有利が顕著です。

前走着順別勝率

前確定着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 5-4-3-29 12.2% 22.0% 29.3%
2着 3-3-1-8 20.0% 40.0% 46.7%
3着 1-2-3-4 10.0% 30.0% 60.0%
4着 0-0-0-4 0.0% 0.0% 0.0%
5着 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0.0%
6~9着 0-1-1-20 0.0% 4.5% 9.1%
10着以下 0-0-2-10 0.0% 0.0% 16.7%

馬券内は前走3着内の馬に偏っており、前走1~3着は合計で[9-9-7-41]と連対はほぼ前走3着内の馬となっています。
反対に前走4着以下については[0-1-3-42]となっており、3着馬は3頭と軽視できないものの、連対については消し条件と考えられそうです。

前走人気別勝率

前走人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1人気 3-4-6-15 10.7% 25.0% 46.4%
2人気 3-1-1-11 18.8% 25.0% 31.3%
3人気 1-2-0-11 7.1% 21.4% 21.4%
4人気 2-0-1-9 16.7% 16.7% 25.0%
5人気 0-1-1-6 0.0% 12.5% 25.0%
6~9人気 0-2-1-20 0.0% 8.7% 13.0%
10人気以下 0-0-0-11 0.0% 0.0% 0.0%

前走人気では1~2人気だった馬の数値が高く、合計で[6-5-7-26]と複勝率で40%という数値です。また前走5人気以下の1着は過去一度もない為、本命候補は前走4人気以内という事になります。

更に前走で10人気以下だった馬は11頭出走し、その全てが馬券外となっている為、こちらは消し条件と考えられます。

前走クラス別勝率

前走クラス 成績 勝率 連対率 複勝率
新馬 1-1-0-5 14.3% 28.6% 28.6%
未勝利 0-0-0-12 0.0% 0.0% 0.0%
1勝 2-2-2-25 6.5% 12.9% 19.4%
OPEN特別 3-2-2-6 23.1% 38.5% 53.8%
G3 3-2-6-22 9.1% 15.2% 33.3%
G2 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
G1 0-3-0-4 0.0% 42.9% 42.9%

前走クラスで最も勝率が高いのはOPEN特別からとなる馬で、出走数は少ないものの、勝率23.1%、複勝率では53.8%と高数値です。

前走がGⅠとなる馬は連対率42.9%と数値は高いものの、過去1着となった事がありません。また前走未勝利戦となる馬は[0-0-0-12]となっており、こちらは消しの対象と考えられます。

前走距離別勝率

前走距離 成績 勝率 連対率 複勝率
1200m 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
1400m 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
1600m 2-3-1-22 7.1% 17.9% 21.4%
1800m 3-4-1-15 13.0% 30.4% 34.8%
2000m 5-3-8-41 8.8% 14.0% 28.1%
2200m 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
2400m 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

前走距離では1600~2000m以内に偏っており、出走数はかなり少ないですが、それ以外の距離の馬は過去全てが馬券外となっています。

最も高数値なのは前走が同距離の1800mとなる馬で、勝率13%と好走が目立っています。

キャリア別勝率

キャリア 成績 勝率 連対率 複勝率
1戦 1-1-0-6 12.50% 25.00% 25.00%
2戦 1-2-4-15 4.50% 13.60% 31.80%
3戦 3-4-3-22 9.40% 21.90% 31.30%
4戦 4-1-2-14 19.00% 23.80% 33.30%
5戦 0-1-0-8 0.00% 11.10% 11.10%
6戦 1-0-1-11 7.70% 7.70% 15.40%
7戦 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
8戦 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
9戦 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%

キャリア別では過去4戦となる馬までの馬券内率が高く、それ以上となると馬券内は少なくなっています。特に7戦以上となる馬については合計で[0-1-0-7]となっている為、消しの候補となりそうです。

所属別勝率

所属 成績 勝率 連対率 複勝率
美浦 6-5-6-51 8.8% 16.2% 25.0%
栗東 4-5-4-27 10.0% 22.5% 32.5%

過去の出走数では美浦所属が倍程度となっていますが、数値では栗東所属が高く、複勝率では7%以上上回っています。
このデータからやや栗東所属馬のほうが有利という傾向が見えるかと思います。

種牡馬別勝率

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 3-3-6-15 11.1% 22.2% 44.4%
フジキセキ 2-1-0-1 50.0% 75.0% 75.0%
ステイゴールド 2-0-0-3 40.0% 40.0% 40.0%
マンハッタンカフェ 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%
ハーツクライ 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
オウケンブルースリ 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
キングカメハメハ 0-1-1-4 0.00% 16.70% 33.30%
ネオユニヴァース 0-1-0-3 0.00% 25.00% 25.00%
ダイワメジャー 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
ローエングリン 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%

過去10年間で最も出走数が多いのはディープインパクト産駒で、勝ち数も最も多い3勝となっています。連対以下でも9頭が馬券内と安定した成績と考えていいでしょう。
またフジキセキ、ステイゴールド産駒もそれぞれ2勝を挙げており、共に勝率は高めとなっています。

1人気は[1-3-2-4]で複勝率は60%とまずまず、勝率は10%と低調
3人気は[4-2-2-2]で勝率40%、複勝率80%と好走目立つ
7人気以下は合計[0-0-2-51]で消し候補
単勝オッズ1倍台は[0-3-1-2]で過去1着なし
単勝オッズ15倍以上は[1-1-2-62]で複勝率6%程度
4枠は[1-1-5-6]で複勝率が53.8%と高数値
1~4枠[6-5-5-28]、5~8枠[4-5-5-55]で内枠有利の傾向
前走1~3着は[9-9-7-41]で連対はほぼ該当
前走5人気以下は[0-3-2-37]で過去1着なし
前走GⅠは[0-3-0-4]で過去1着なし
前走未勝利は[0-0-0-12]で消し候補
キャリア7戦以上は[0-1-0-7]で消し候補
栗東所属は[4-5-4-27]でやや有利の傾向

共同通信杯2020消去データ

過去の出走馬データを参照して、消去条件を決め予想を行います。
登録馬の中で「エン」のみ、過去の出走データがありませんので、この馬については予想対象馬から外しています。

下記が過去出走馬のデータです。

※タップで大きく表示

消去条件

NF,社台系生産を除く前走9着以下

ノーザン系、社台系の生産馬を除き、前走で9着以下だった馬については全て馬券外の為、消去対象です。

[0-0-0-9]

前走で9着以下という成績ながら馬券内となったのは過去3頭で、その全てがノーザン系、又は社台系生産の馬となっています。ですので、その条件で差分をし消去としています。

前走新馬or未勝利で2人気以下

前走が新馬戦、又は未勝利戦となる馬で2人気以下だった馬は過去馬券内となった事がない為、消しとなります。

[0-0-0-12]

前走新馬、未勝利となる馬が馬券内となったのは過去二度のみで、そのどちらも前走が1人気という結果でした。ですので、2人気以下の差分を加えての消去条件となります。

前走GⅡ以下で距離1600m以下2着以下

前走がGⅡ以下となる馬の中で、距離が1600m以下且つ2着以下という成績だった馬については全て馬券外となっているので消去となります。

[0-0-0-12]

前走GⅡ以下1600m以下という条件で馬券内となったのは過去3頭が該当していますが、全てが1着という結果で、2着以下での馬券内は一度もありませんでしたので、この条件で消しとしています。

キャリア5戦以上で前走1600m以下

キャリアが5戦以上となる馬の中で、前走が1600m以下だった場合は全て馬券外となっている為、消しとなります。

[0-0-0-12]

キャリアが5戦以上となる馬で馬券内となったのは過去3頭のみで、前走が全て1800m以上となっています。1600m以下だった場合の馬券内はない為、この条件を適用しています。

消去クリア馬

以上の条件を全てクリアしたのは以下の5頭です。

マイラプソディ
フィリオアレグロ
ダーリントンホール
ビターエンダー
ココロノトウダイ

※執筆時点の暫定的なものです

執筆時点での本命、対抗予想は下記で公開中です。

本命予想
↓↓↓↓

対抗予想
↓↓↓↓

※最終予想で変更となる可能性もあります

外厩情報

ノーザンファーム天栄
ココロノトウダイ

ノーザンファームしがらき
フィリオアレグロ
マイラプソディ

グリーンウッド
コンバットマーチ
サトノインプレッサ

松風馬事センター
シコウ
スウィートメリナ

ユタカファーム
シングンバズーカ

ミッドウェイファーム
ダーリントホール

今走なし
アジュバント
ビターエンダー
マートルフィールド

枠順確定後データ

枠番馬番別勝率


過去最も好走が多い枠は1枠となっており、エンがこちらに該当しています。対して最も低調な枠は8枠で、予想オッズ1人気のマイラプソディが該当しています。8枠については過去1度も勝ちがないという結果になっていますが、馬番で見た場合8番は[1-2-1-5]となっています。

騎手別勝率

馬名 騎手 着回数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
ダーリントンホール C.ルメール 22-15-12-32 27.2% 45.7% 60.5% 71.4% 94.7%
フィリオアレグロ M.デムーロ 12-5-2-22 29.3% 41.5% 46.3% 129.8% 84.9%
マイラプソディ 武豊 4-5-2-21 12.5% 28.1% 34.4% 46.9% 77.8%
ココロノトウダイ 丸山元気 4-3-1-18 15.4% 26.9% 30.8% 1611.9% 321.9%
エン 柴田大知 3-7-10-101 2.5% 8.3% 16.5% 75.8% 99.4%
シコウ 木幡巧也 1-0-0-28 3.4% 3.4% 3.4% 12.8% 4.8%
シングンバズーカ 柴田善臣 0-3-2-31 0.0% 8.3% 13.9% 0.0% 123.9%
ビターエンダー F.ミナリク 0-2-1-14 0.0% 11.8% 17.6% 0.0% 139.4%
アジュバント 幸英明 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

直近3年間の騎手別データでは、最も勝ち数が多いのはダーリントンホール鞍上のルメール騎手で、22勝を上げています。また複勝率でも60.5%とかなり数値は高めです。ただ勝率についてはフィリオアレグロ鞍上のデムーロ騎手が上回っており、29.3%となっています。またデムーロ騎手は単回率で100%以上となっています。

以上が第54回共同通信杯の予想です。

執筆時点では発表されていないデータがありますので、諸々は発表、確定され次第で随時追記していきます。

配当としては大きく荒れた年もあるレースですが、基本的には6人気以内が馬券内となる事がほとんどの為、その辺りを基準として予想を組み立てていきたいと思います。

最終予想についてはいつも通りブログランキングのほうに記載する予定です。

最終予想は公式LINEでも公開しています^^
LINEだけの限定予想(1~2R程)や情報も毎週公開しているので、よければ友達追加して頂けると嬉しいです♪

友だち追加

その他、TwitterやYoutubeでも情報を出しているので、フォロー、チャンネル登録なども宜しくお願い致しますm(__)m

最終予想はコチラから
↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

タイトルとURLをコピーしました