阪神大賞典2020予想【消去法】10年間の過去傾向データと外厩情報

データ競馬予想

2020年3月22日開催の阪神大賞典を消去法を使って予想していきます。直近10年間の過去傾向のデータを参照しているので、ご参考までにm(__)m

執筆時点で発表となっていないデータもある為、随時追記、加筆していきます

【3/15追記】※出走予定馬,外厩情報を追記しました
【3/16追記】※各消去データを追記しました

穴予想
↓↓↓↓

本命予想
↓↓↓↓

阪神大賞典2020のレース傾向と配当データ

阪神11R 芝右3000m サラ系4歳上オープン (国際)(指)別定

過去の配当データを見ると、かなり堅めの決着となっている事がわかります。昨年は2~3着が6人気以下とやや荒れた結果ではありますが、過去10年間で6人気以下の馬券内は4度のみです。

特に1着については2010年の5人気を除くと全て3人気以内という結果となっており、高人気馬の信頼度が高いレースとなっています。

出走予定馬

馬名 性齢
キセキ 牡6
タイセイトレイル 牡5
トーセンカンビーナ 牡4
ドレッドノータス セ7
ボスジラ 牡4
ムイトオブリガード 牡6
メイショウテンゲン 牡4
メロディーレーン 牝4
ユーキャンスマイル 牡5
レノヴァール 牡5

登録馬は全10頭となっており、最も注目したいのは前走有馬記念のキセキで間違いないかと思います。予想オッズでも1人気ですが、当日も1人気は堅そうです。ただ、キセキは有馬記念からの休み明けなので、今走はあくまで叩きとして、次走で天皇賞・春を狙っているのかな?と考えています。ただ、それにしても実力は充分ですので、アタマ候補となりそうですね。

個人的には3000m戦では出走馬中で最も速い3:04.7というタイムを持っているムイトオブリガードに注目しています。

阪神大賞典2020の過去データ分析

以下のデータが直近10年間のレース傾向です。

人気別着順

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 6-2-2-0 60.0% 80.0% 100.0%
2番人気 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
3番人気 3-1-2-4 30.0% 40.0% 60.0%
4番人気 0-3-0-7 0.0% 30.0% 30.0%
5番人気 1-1-3-5 10.0% 20.0% 50.0%
6番人気 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
7番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
8番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気以下 0-0-1-19 0.0% 0.0% 5.0%

人気別では1人気が圧倒的な信頼度で、複勝率で100%となっています。
過去のデータとして1人気の複勝率が100%というのは非常に珍しいですが、これは素直に1人気を軸と考えていくべきかと思います。

また過去馬券内となったのはほぼ5人気以内で、6人気以下の馬券内は4頭のみです。それも7人気以内がほとんどを占めており、10人気以下については昨年の3着1頭のみという結果です。

枠別勝率

枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 2-0-2-6 20.0% 20.0% 40.0%
2枠 0-2-2-6 0.0% 20.0% 40.0%
3枠 1-1-1-9 8.3% 16.7% 25.0%
4枠 0-1-1-10 0.0% 8.3% 16.7%
5枠 0-0-1-12 0.0% 0.0% 7.7%
6枠 1-4-1-10 6.3% 31.3% 37.5%
7枠 2-0-2-13 11.8% 11.8% 23.5%
8枠 4-2-0-14 20.0% 30.0% 30.0%

複勝率という点では1,2枠の数値が高めとなっていますが、勝率では8枠も高く、勝ち数では4勝と偏りが見られます。
内外が数値が高く中枠が低調といったデータになっている為、内外有利と考えていいでしょう。

前走着順

前走着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 3-4-3-9 15.8% 36.8% 52.6%
2着 2-0-0-6 25.0% 25.0% 25.0%
3着 1-1-1-4 14.3% 28.6% 42.9%
4着 1-1-0-6 12.5% 25.0% 25.0%
5着 1-0-1-13 6.7% 6.7% 13.3%
6~9着 2-3-2-24 6.5% 16.1% 22.6%
10着以下 0-1-3-17 0.0% 4.8% 19.0%

前走1着馬は信頼度が高く、複勝率で50%を超えています。ただ、前走着順についてはデータが散っている為、その他では際立っている傾向は見えません。

後述しますが、前走クラスが上位の馬の馬券内率が高い事から、前走で好走をしている下位クラスの馬よりも、上位クラスの凡走馬のほうが期待値は高いと考えてよさそうです。

前走人気別勝率

前走人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1人気 5-4-1-4 35.7% 64.3% 71.4%
2人気 1-1-1-4 14.3% 28.6% 42.9%
3人気 0-1-0-6 0.0% 14.3% 14.3%
4人気 1-1-2-7 9.1% 18.2% 36.4%
5人気 0-1-2-7 0.0% 10.0% 30.0%
6~9人気 3-0-2-21 11.5% 11.5% 19.2%
10人気以下 0-2-2-29 0.0% 6.1% 12.1%

前走1人気だった馬は複勝率で70%を超えており、連対率でも60%以上と非常に高数値で、連対が過去9頭と見逃せないデータです。

ただこちらも前走着順と同様ですが、前走で6人気以下だった馬についても勝ちが多い為、上位クラス馬に対しての信頼度が高いという傾向と考えていいでしょう。

前走クラス別勝率

前走クラス 成績 勝率 連対率 複勝率
1勝 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
2勝 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
3勝 0-2-1-11 0.0% 14.3% 21.4%
OPEN特別 0-1-0-8 0.00% 11.10% 11.10%
G3 2-2-2-25 6.50% 12.90% 19.40%
G2 4-0-5-20 13.80% 13.80% 31.00%
G1 4-5-2-8 21.1% 47.4% 57.9%

前走クラスでは圧倒的に重賞クラスの馬券内が多くOPEN以下での馬券内は過去4頭のみです。
3勝クラスについては軽視はできませんが、OPEN以下については好走確率は低いと考えていいでしょう。

前走開催地別勝率

前走開催地 成績 勝率 連対率 複勝率
東京 2-2-3-27 5.9% 11.8% 20.6%
中山 6-6-1-10 26.1% 52.2% 56.5%
中京 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
京都 2-1-5-22 6.70% 10.00% 26.70%
阪神 0-1-1-10 0.0% 8.3% 16.7%
小倉 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
地方 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
海外 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

前走開催地では東京、中山、京都に偏っており、それ以外では阪神で2頭の馬券内があるのみです。特に注目したいのは前走が中山となる馬で、連対率で50%以上と非常に高数値となっています。これはほとんどが有馬記念に該当する馬となっており、有馬記念出走馬については馬券外となる可能性は低めと考えられる為、抑えておきたいところです。

前走距離別勝率

前走距離 成績 勝率 連対率 複勝率
1600m 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
1800m 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%
2000m 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0%
2200m 2-1-2-15 10.0% 15.0% 25.0%
2400m 2-0-5-16 8.7% 8.7% 30.4%
2500m 4-6-1-5 25.0% 62.5% 68.8%
2600m 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
3000m 0-1-0-5 0.0% 16.7% 16.7%
3400m 2-2-2-21 7.4% 14.8% 22.2%
3600m 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

前走距離では2200~2500m、更に3400mからの馬券内が多いという結果になっており、2000m以下が前走となる馬については合計で[0-0-0-15]と全て馬券外です。

最も好走が多いのは2500mで、こちらも前走開催地別で挙げたように前走有馬記念組の好走が目立つ形となっています。

前走脚質別勝率

前走脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0-0-1-12 0.0% 0.0% 7.7%
先行 3-1-3-16 13.0% 17.4% 30.4%
中団 5-7-5-26 11.6% 27.9% 39.5%
後方 1-2-1-22 3.8% 11.5% 15.4%
マクリ 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%

前走の脚質では先行、差しの数値が高い傾向にあり、複勝率では差し馬が最も安定して馬券内となっている事がわかります。

また前走逃げだった馬については[0-0-1-12]と1頭馬券内はあるものの、複勝率で7.7%と低調な結果となっています。

馬齢別勝率

馬齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 4-5-2-12 17.4% 39.1% 47.8%
5歳 2-3-4-13 9.1% 22.7% 40.9%
6歳 3-2-2-23 10.0% 16.7% 23.3%
7歳 0-0-2-17 0.0% 0.0% 10.5%
8歳 1-0-0-7 12.5% 12.5% 12.5%

馬齢では6歳までの馬券内が濃厚で、7歳以上については過去3頭馬券内があるものの、合計で[1-0-2-24]という結果です。

上で挙げたように人気についても上位人気馬の信頼度が高い為、高齢馬で8人気以下などになる場合は消し候補と考えていいでしょう。

斤量別勝率

斤量 成績 勝率 連対率 複勝率
54kg 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
55kg 2-2-1-5 20.0% 40.0% 50.0%
56kg 1-5-5-46 1.8% 10.5% 19.3%
57kg 5-2-4-23 14.7% 20.6% 32.40%
58kg 2-0-0-4 33.3% 33.3% 33.30%

斤量ではあまり極端な差が見られないデータとなっていますが、56kgについては出走が最も多いものの、過去1着は一頭のみという結果です。
馬券内は合計で11頭と決して悪い結果ではありませんが、単勝などで狙う場合には低勝率となっている為、注意が必要です。

1人気は[6-2-2-0]で複勝率100%
5人気までは[10-8-8-24]で複勝率52%
7,8枠は合計[6-2-2-27]で過去8回の連対
前走1着は[3-4-3-9]で複勝率52.6%
前走1人気は[5-4-1-4]で複勝率71.4%
前走OPEN以下は[0-3-1-22]で過去1着なし
前走中山は[6-6-1-10]で複勝率56.5%
前走1800m以下は[0-0-0-15]で消し候補
馬齢7歳以上は[1-0-2-24]でやや低調
斤量56kgは[1-5-5-46]で勝率1.8%と低調

阪神大賞典2020消去データ

下記が今回の消去条件と、それに該当する消去対象馬のデータです。

消去条件

7歳以上で前走2200m以下

[0-0-0-11]

ドレッドノータス

馬齢5歳以下で前走GⅡ以下,5人気以下

[0-0-0-12]

タイセイトレイル,メロディーレーン

阪神・中山開催を除く前走3勝クラス以下

[0-0-0-7]

トーセンカンビーナ

前走斤量54kg以下で3着以下

[0-0-0-16]

レノヴァール,メロディーレーン

消去クリア馬

上の条件を全てクリアしたのは以下の5頭です。

キセキ
ボスジラ
ムイトオブリガード
メイショウテンゲン
ユーキャンスマイル

外厩情報

外厩 馬名
吉澤S-WEST キセキ
ヒイラギawaji メロディーレーン
ノーザンファーム天栄 ボスジラ
ノーザンファームしがらき タイセイトレイル
ノーザンファームしがらき ムイトオブリガード
ノーザンファームしがらき ユーキャンスマイル
*今走なし トーセンカンビーナ
*今走なし ドレッドノータス
*今走なし メイショウテンゲン
*今走なし レノヴァール

以上が第68回阪神大賞典の予想となります。
かなり堅めの結果となるレースですし、1人気の複勝率が100%という点からも、今回は素直にその傾向に従って予想をしていこうと思います(笑)

最終予想は公式LINEで公開予定です^^
LINEだけの限定予想(1~2R程)や情報も毎週公開しているので、よければ友達追加して頂けると嬉しいです♪

友だち追加

ブログランキングでも印のみの予想は公開しますので、よければそちらもチェックしてみて下さいm(__)m

その他、TwitterやYoutubeでも情報を出しているので、フォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいです^^

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

タイトルとURLをコピーしました