【マイルCS】三連単的中!!【菊花賞】【天皇賞】2週連続三連複的中!!

函館記念2019予想オッズと前提条件

データ競馬予想

今回は2019年7月14日(日)開催予定の函館記念の予想における前提条件をみていきます。

過去10年間のレース傾向で大まかな条件を決め、その後5年分の馬券データを基に詳細な条件で有力馬を絞り込んでいきたいと思います。

函館記念[GⅢ]

函館11R 芝右2000m サラ系3歳上オープン 16頭 (国際)(特指)ハンデ

前回の七夕賞もそうでしたが、今回の函館記念もほぼ荒れるといって間違いないくらいに波乱のあるレースです。

過去5年の間、その全てで三連複で万馬券、三連単では10万馬券以上が4回と順当決着になることがありませんでした(笑)

  • 2018年 三連単571,480円
  • 2017年 三連単915,320円
  • 2016年 三連単233,010円
  • 2015年 三連単124,990円
  • 2014年 三連単85,710円

夏競馬はこうしたレースが多く、一定の条件での絞り込みは難しいですが、根拠が持てるデータを探し、有力馬を決めていきますので、ご参考にして頂ければと思います♪

函館芝2000mのコース解説

スタートは4角ポケットからとなり、坂の頂上付近からのスタートとなります。最初の直接半ばまでは下り坂となり、その後1角手前から2角にかけてはまた緩い下り坂です。
向正面は緩やかな上り坂となり、最終の直線でまか緩やかな下り坂となります。このように緩い起伏が続くのが函館競馬場です。

種牡馬による勝率

種牡馬名着別度数勝率連対率複勝率単回率複回率
ハービンジャー7-8-6-529.6%20.5%28.8%54.8%53.2%
ステイゴールド6-6-7-439.7%19.4%30.6%70.0%71.3%
ディープインパクト6-6-3-3113.0%26.1%32.6%43.3%61.3%
ハーツクライ6-3-4-3014.0%20.9%30.2%151.6%78.8%
キングカメハメハ4-2-1-1716.7%25.0%29.2%87.9%59.2%
マンハッタンカフェ4-1-2-2911.1%13.9%19.4%130.0%63.1%
ヴィクトワールピサ3-3-4-1015.0%30.0%50.0%42.5%120.5%
ローエングリン3-1-1-530.0%40.0%50.0%152.0%96.0%
エイシンフラッシュ2-0-1-428.6%28.6%42.9%130.0%181.4%
メイショウサムソン2-0-1-916.7%16.7%25.0%90.0%50.8%

上位5頭までは複勝率という点では高い成績を残しています。勝率という点で見た場合、ローエングリン、エイシンフラッシュ、キングカメハメハ産駒が強い印象です。

今回の出走馬ではエアスピネルがキングカメハメハ産駒となります。

出走予定馬

馬名
エアスピネル
ステイフーリッシュ
レッドローゼス
マイスタイル
メートルダール
ナイトオブナイツ
ポポカテペトル
スズカデヴィアス
ブラックバゴ
マイネルファンロン
アメリカズカップ
ゴールドギア
ドレッドノータス
マイネルサージュ
アーバンキッド
カルヴァリオ

※執筆時点

現時点ですの1番人気馬はエアスピネルとなっており、前走は去年のマイルCSで8ヶ月の休み明けとなります。実力的には1番人気として申し分ないと思いますが、この休養期間がどう影響するのか、調教の様子を見て判断したいと思います。

続く2番、3番人気はステイフーリッシュ、レッドローゼスですが、こちらは前走での好走を買われての人気かと思います。

現時点でのオッズなので今後の変動もありますし、更に函館記念は波乱が多く、人気上位馬が勝つといったものでもないので、あくまで参考という事で。

過去10年間勝率データ

人気別の勝率

人気成績勝率連対率複勝率
3番人気3-0-0-730.0%30.0%30.0%
4番人気3-0-0-730.0%30.0%30.0%
5番人気2-0-0-820.0%20.0%20.0%
2番人気2-0-0-820.0%20.0%20.0%
7番人気0-2-5-30.0%20.0%70.0%
8番人気0-2-2-60.0%20.0%40.0%
10番人気0-2-0-80.0%20.0%20.0%
13番人気0-1-1-80.0%10.0%20.0%
1番人気0-1-0-90.0%10.0%10.0%
12番人気0-1-0-90.0%10.0%10.0%
14番人気0-1-0-90.0%10.0%10.0%
9番人気0-0-1-90.0%0.0%10.0%
6番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%

このデータは予想の上ではかなり参考になるデータではないでしょうか。
過去10年間で1着となった馬は2~5番人気以内に限定されています。更に1番人気となった馬が馬券に絡んだのは一度のみ。このようにヒモ荒れ傾向が強く見られる為、1番人気を除く人気上位馬を軸として、ヒモを穴馬に設定する形が最も効果的な買い方かも知れません。

前走レース別の勝率

レース成績勝率連対率複勝率
目黒記念3-0-0-827.3%27.3%27.3%
エプソムC2-1-1-718.2%27.3%36.4%
巴賞1-4-3-422.0%10.0%16.0%
新潟大賞典1-1-1-414.3%28.6%42.9%
金鯱賞1-0-1-133.3%33.3%66.7%
福島TVOP1-0-0-150.0%50.0%50.0%
鳴尾記念1-0-0-712.5%12.5%12.5%
天皇賞(春)0-2-1-80.0%18.2%27.3%
日経賞0-1-0-20.0%33.3%33.3%
五稜郭S0-1-0-40.0%20.0%20.0%
ジェーンS0-0-1-00.0%0.0%100.0%
NHKマイル0-0-1-00.0%0.0%100.0%
マーメイドS0-0-1-10.0%0.0%50.0%
アハルテケS0-0-0-10.0%0.0%0.0%

前走としては目黒記念、エプソムカップからが勝率が高いようです。
今年の出走馬でこれに該当する馬はポポカテペトル一頭のみですが、参考条件として考えておいても良さそうですね。

前走距離別の勝率

距離成績勝率連対率複勝率
1800m4-6-4-635.2%13.0%18.2%
2000m3-1-4-317.7%10.3%20.5%
2500m3-1-0-1120.0%26.7%26.7%
3200m0-2-1-80.0%18.2%27.3%
1600m0-0-1-80.0%0.0%11.1%
1400m0-0-0-10.0%0.0%0.0%
2200m0-0-0-10.0%0.0%0.0%

前走としては1800m~2500mまでの勝率が高く、それ以外での優勝はありません。
この条件から外れる馬は1600mのマイルCSが前走となるエアスピネル一頭のみ。前走レース条件と併せて、こちらも参考程度で考えておいて良さそうです。

馬齢による勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
7歳3-3-0-259.7%19.4%19.4%
5歳3-0-5-307.9%7.9%21.1%
4歳1-3-0-107.1%28.6%28.6%
8歳1-2-1-116.7%20.0%26.7%
6歳2-1-3-424.2%6.3%12.5%
10歳0-1-0-20.0%33.3%33.3%
3歳0-0-1-20.0%0.0%33.3%
9歳0-0-0-60.0%0.0%0.0%

こちらは少し意外でしたが、7歳馬の勝率が高いようです。勝率だけではなく、連対も高く勝利条件の一つとして考えても良さそうです。ただ、全体で見た場合、8歳以下ではほぼ条件を満たす形となる為、単純に馬齢で条件を定めるのは難しいかと思います。
他条件で絞った上で、各馬の最終判断材料としては有効かなと考えています。

斤量別での勝率

重量成績勝率連対率複勝率
57.5kg1-1-0-612.5%25.0%25.0%
56kg4-2-1-3210.3%15.4%17.9%
54kg3-0-2-2410.3%10.3%17.2%
55kg2-2-4-207.1%14.3%28.6%
56.5kg0-1-0-10.0%50.0%50.0%
58kg0-1-0-40.0%20.0%20.0%
52kg0-2-0-90.0%18.2%18.2%
53kg0-1-1-100.0%8.3%16.7%
57kg0-0-2-170.0%0.0%10.5%

このデータを見る限り、斤量で条件を組む事は難しいのではないかと思います。
ハンデを多く抱えたからと言って勝てない訳ではなく、ハンデが少ないからと言って勝てるというものでもないといったデータです。

ただ、傾向としては54~56kgあたりの斤量となる馬が好走する傾向が強い為、それ以上orそれ以下の馬に対してのマイナス評価点としては有効かと思います。

こちらは斤量が確定した時点で再考の余地がありそうです。

脚質での勝率

脚質成績勝率連対率複勝率
逃げ2-0-2-620.0%20.0%40.0%
先行5-6-4-2113.9%30.6%41.7%
差し3-4-3-524.8%11.3%16.1%
追込み0-0-1-500.0%0.0%2.0%

函館の2000mは逃げ馬が有利とされていますが、このデータでも同様に逃げ馬の勝率が最も高く出ています。今回の出走馬の中ではアーバンキッド、ドレッドノータス、マイネルファンロンあたりは過去レースで逃げの傾向が見られ、その展開で勝利しているのはアーバンキッド、マイネルファンロンの二頭のみです。

展開は枠順が確定しないと予想も難しいですが、上記の2頭が内枠となるなら検討の余地は充分にあるかと思います。

枠順での勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
2枠3-3-1-1315.0%30.0%35.0%
3枠3-0-0-1715.0%15.0%15.0%
4枠2-2-1-1510.0%20.0%25.0%
6枠1-1-1-175.0%10.0%15.0%
8枠1-0-3-165.0%5.0%20.0%
5枠0-2-1-170.0%10.0%15.0%
1枠0-1-2-160.0%5.3%15.8%
7枠0-1-1-180.0%5.0%10.0%

2~4枠ば馬券に絡む傾向が非常に高く、やはり内枠が有利という条件で間違いはなさそうです。
ただ、1枠となると極端に勝率が下がる為、このあたりもチェックしておくべきポイントになりそうです。

今回は過去10年間のレースデータを参考にしましたが、いくつか有効な条件を作れそうですね。次回の記事では過去5年間で馬券に絡んだ馬のデータを参考にして、条件を考えていきたいと思います。

Twitterでも有力馬の情報や外厩情報などを出していますので、よければフォローもお願いします♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

記事を見て少しでも良いと思ってもらえたらブログランキングのリンクをクリックして応援して頂けると嬉しいです♪

↓↓↓↓

Reportにて無料情報で2週連続的中Report
11月10日(日)京都7R
三連単≪178,000円≫的中!!
11月17日(日)京都5R
馬連≪34,500円≫的中!!

Report

三連単フォーメーション&馬連の買い目で見事的中!
完全無料提供の情報ながら178,000円&34,500円獲得

・”妥協なき”プロによる渾身の買い目
・完全無料から高配当を狙う事が可能

獲得実績には直近でも数百万円以上の配当獲得も多数掲載
無料情報でも十数万円という配当獲得が出ているReport

無料登録で毎週完全無料の情報が受け取れます

≪Report≫無料会員登録ページ

データ競馬予想GⅢ
もやしをフォローする
もやしのデータ競馬予想ブログ

コメント

  1. […] こちらは前回の記事からのデータで、10年間の間で1着となった馬は2~5番人気馬のみとなっています。 […]

タイトルとURLをコピーしました