小倉記念2019予想オッズと前提条件

小倉記念2019予想オッズと前提条件

今回は2019年8月4日(日)開催の小倉記念の予想をしていきます。夏の重賞注目レースの一つで、全体的に直線が長く取られているのが特徴です。

今回もいつもと同様に、まずは過去10年間のデータを基に、前提条件を決めていきます。

小倉記念[GⅢ]

小倉11R 芝右2000m サラ系3歳上オープン (国際)(特指)ハンデ

夏のハンデ重賞の中では比較的荒れにくいレースですが、順当決着となる訳ではなく、10番人気あたりまでは圏内と考えておくべきかと思います。
過去5年での三連単配当は以下です。

  • 2018年 10,700円
  • 2017年 30,410円
  • 2016年 321,730円
  • 2015年 41,990円
  • 2014年 26,460円

2016年は1着に11番人気と大荒れでしたが、その他は基本的には1桁番人気の馬が馬券に絡んでいます。

今回も本命となる馬を条件で絞り、それに対してヒモになる馬を選別していきたいと思いますので、参考程度でご覧頂けると幸いです♪

小倉芝2000mのコース解説

スタートは正面スタンド前直線の4角ポケットからとなり、1~2角にかけては上り坂となります。3~4角は下りのスパイラルカーブとなっており、最後の直線が約300mです。最も高い地点は2角で高低差は3m程になります。

種牡馬別のコース戦績

種牡馬名着別度数勝率連対率複勝率単回率複回率
ディープインパクト16-25-13-9211.0%28.1%37.0%71.4%89.2%
ハービンジャー15-9-9-8113.2%21.1%28.9%51.4%88.9%
ルーラーシップ9-5-3-5013.4%20.9%25.4%86.9%52.2%
ステイゴールド8-7-8-897.1%13.4%20.5%35.8%45.4%
ハーツクライ6-14-13-695.9%19.6%32.4%63.8%81.5%
ドリームジャーニー6-4-2-1225.0%41.7%50.0%111.7%82.9%
ワークフォース4-3-4-339.1%15.9%25.0%70.5%125.9%
ダイワメジャー4-1-0-2314.3%17.9%17.9%422.9%134.6%
ゼンノロブロイ3-4-4-268.1%18.9%29.7%42.2%158.4%
マンハッタンカフェ3-4-4-307.3%17.1%26.8%22.4%83.2%

順当な結果と取れますが、3着以内で見た場合、ディープ産駒、ハーツクライ産駒の安定感がありますね。回収率でみた場合にはダイワメジャーが際立っています。

今走ではディープ産駒が3頭と最も多く、次点がジャングルポケットとなっています。上記表は上位10頭までの成績なので、ジャングルポケットは入っていませんが、成績は以下となっています。

ジャングルポケット
着別度数(1-0-3-27)
勝率:3.2%
連対率:3.2%
複勝率:12.9%
単回率:24.2%
複回率:60.6%

やや低めの数値となっているので、この辺りは絞り込みの際の条件の一つとして考えても良さそうです。

出走予定馬&予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1メールドグラース2
2アイスバブル4.1
3アイスストーム4.5
4タニノフランケル8.3
5ノーブルマーズ14.7
6クリノヤマトノオー18.2
7カデナ21.1
8ストロングタイタン23.8
9アウトライアーズ42.1
10レトロロック115.9
11カフェブリッツ128.1
12アドマイヤアルバ220.9
13シャイニービーム573.1

参照元:netkeiba

現時点での1番人気は4連勝中のメールドグラースです。前走となる鳴尾記念、前々走の新潟大賞典とGⅢを続けて勝利している実績が買われてという事もあるかと思いますが、小倉の2000mでも2走して2勝利を上げるなど、適正も高い為、実績として申し分ありません。

次点の2番人気のアイスバブルは前走GⅡの目黒記念を2着と好走しており、上でも伝えた好成績種牡馬のディープ産駒です。小倉2000mは経験がありませんが、1800mでの勝利経験はあり適正は問題なさそうです。

月曜時点のオッズなので、全体的にかなり変動はあるかと思いますが、メールドグラースあたりは不動の人気になりそうですね。

過去10年間勝率データ

人気別の勝率

人気成績勝率連対率複勝率
3番人気3-0-1-630.0%30.0%40.0%
16番人気1-0-0-325.0%25.0%25.0%
4番人気2-2-0-620.0%40.0%40.0%
1番人気1-2-2-510.0%30.0%50.0%
6番人気1-1-2-610.0%20.0%40.0%
9番人気1-0-2-710.0%10.0%30.0%
11番人気1-0-0-910.0%10.0%10.0%
2番人気0-3-1-60.0%30.0%40.0%
15番人気0-1-0-40.0%20.0%20.0%
5番人気0-1-1-80.0%10.0%20.0%
8番人気0-0-1-90.0%0.0%10.0%
7番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%

人気別での勝率を見ると、最も好成績なのは3番人気の馬、次いで16番人気となっていますが、16番人気は極端に出走数が少ない為、信頼できるデータとは言えません。

それを除くと3番→4番→1番と人気上位馬が馬券に絡む傾向が強い事がわかります。

ただ3着以内で見た場合、6番人気、9番人気共に高い確率で馬券に絡んできており、ヒモとしてこの辺りの馬を抑えておく必要はありそうです。

前走レース別の勝率

レース成績勝率連対率複勝率
七夕賞3-3-3-416.0%12.0%18.0%
鳴尾記念2-0-0-250.0%50.0%50.0%
新潟大賞典1-2-1-216.7%50.0%66.7%
天皇賞(春)1-1-0-133.3%66.7%66.7%
目黒記念1-0-0-325.0%25.0%25.0%
関ケ原S1-0-0-325.0%25.0%25.0%
マレーシアC1-0-0-516.7%16.7%16.7%
むらさき賞0-1-0-00.0%100.0%100.0%
東京優駿0-1-0-00.0%100.0%100.0%
皐月賞0-1-0-00.0%100.0%100.0%
中日新聞杯0-1-0-10.0%50.0%50.0%
米子S0-0-2-30.0%0.0%40.0%
下鴨S0-0-1-00.0%0.0%100.0%
マーメイドS0-0-1-30.0%0.0%25.0%

前走では圧倒的に七夕賞からの出走が多いですが、勝率という部分ではやや低めとなります。馬券に絡んだ回数は最も多いですが、他レースからの出走数が少ない為、あまり信頼できるデータとはならないと考えています。

今回も前走が七夕賞となる馬が5頭いますが、実際に馬券に絡んだ前走七夕賞の馬の成績がどのようなものであったのかをデータに取った上で検討する必要がありそうです。それは次回の記事でお伝えします。

馬齢による勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳3-3-0-1613.6%27.3%27.3%
5歳4-3-6-348.5%14.9%27.7%
7歳2-1-1-208.3%12.5%16.7%
8歳1-0-0-118.3%8.3%8.3%
3歳0-2-0-00.0%100.0%100.0%
6歳0-1-3-330.0%2.7%10.8%
9歳0-0-0-30.0%0.0%0.0%
10歳0-0-0-10.0%0.0%0.0%

馬齢では4歳、5歳の馬が中心として馬券に絡む傾向が強く、それ以上の馬は馬齢と共に確率が低下しています。3歳馬は出走数こそ少ないものの、出走時は必ず馬券に絡むという傾向をみせていますが、今年は3歳馬の出走はありません。

今年は登録馬は4歳~7歳馬のみなので、馬齢で条件を絞るのは難しそうです。

斤量別での勝率

重量成績勝率連対率複勝率
55kg3-1-2-259.7%12.9%19.4%
52kg1-0-0-109.1%9.1%9.1%
57kg2-3-2-168.7%21.7%30.4%
56kg2-3-0-217.7%19.2%19.2%
54kg1-2-1-155.3%15.8%21.1%
53kg1-1-2-174.8%9.5%19.0%
58kg0-0-2-20.0%0.0%50.0%
57.5kg0-0-1-30.0%0.0%25.0%

斤量では54~57kgまでが高い傾向にあり、それ以上での連対は過去10年間で一度もありません。

今回1番人気のメールドグラースは57.5kgとなる為、この条件を考慮すると本命から外れる

という事になりますね。その辺りは他条件も交えて考えていきたいと思います。

脚質での勝率

脚質成績勝率連対率複勝率
先行6-4-4-2117.1%28.6%40.0%
差し4-5-2-486.8%15.3%18.6%
追込み0-1-2-400.0%2.3%7.0%
逃げ0-0-2-90.0%0.0%18.2%

先行馬の勝率が圧倒的に高く、次いで差しといった傾向です。
追込み、逃げが1着となった事はない為、各馬のレース傾向を考えて、それに該当する馬は本命から外すというのはアリかと思います。

枠順での勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
3枠3-1-1-1118.8%25.0%31.3%
8枠4-1-2-1716.7%20.8%29.2%
2枠1-0-2-126.7%6.7%20.0%
6枠1-2-1-165.0%15.0%20.0%
7枠1-1-1-204.3%8.7%13.0%
5枠0-4-0-150.0%21.1%21.1%
4枠0-1-1-150.0%5.9%11.8%
1枠0-0-2-120.0%0.0%14.3%

枠番では3枠、8枠が馬券に絡む確率が高く、反対に1枠はかなり低確率になります。
小倉記念に関しては単純に内枠不利という事ではなく、1枠が不利という条件は頭に入れておいたほうが良さそうですね。

過去10年間の小倉記念のデータからの考察でしたが、次回の記事では馬券に絡んだ馬のデータを見て、更に絞り込める条件を探っていきたいと思います。

Twitterでも有力馬の情報や外厩情報などを出していますので、よければフォローもお願いします♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

記事を見て少しでも良いと思ってもらえたらブログランキングのリンクをクリックして応援して頂けると嬉しいです♪

↓↓↓↓