小倉記念2019予想条件と外厩情報

小倉記念2019予想条件と外厩情報

前回の記事に引き継続き、今回は2019年の小倉記念の予想をしていきます。過去5年間に馬券に絡んだ馬のデータを基に予想条件を探っていきたいと思います。

小倉記念2019選定条件

上の画像は過去5年間で馬券に絡んだ馬のデータです。

荒れにくいレースではありますが、勝ち馬の共通点などが絞り込みにくいレースなので、過去条件から得られる条件は少な目かと思います。

ただ、オッズなどの条件ではいくつか限定できるものもありますので、そういった諸条件+追い切りの様子などから最終的な予想を組み立てていく予定です。

6番人気以内

過去5年間で3着以内の全15頭中14頭が6番人気以内となっています。
高い確率で高人気馬が馬券に絡んでいる為、堅めの馬を軸として狙う形で良いかと思います。

6番人気以内  93.3%(全15頭中14頭)

直近2走、10番人気以内

過去5年の15頭全てに当てはまっているデータですが、直近の2走で10番人気を下回った馬が馬券に絡んだ事は一度もありません。ただ、条件の信頼性として高いものとは言い切れませんので、あくまで絞り込む際の追加条件として考えています。

直近2走、10番人気以内 100%(全15頭中15頭)

前走着差1.0秒以内(前走G1を除く)

前走がGⅠとなる馬を除いで、前走の着差は全て1.0秒以内です。
大敗をした馬が馬券に絡むという事は少ない為、これも一つの条件として考えても良さそうです。

前走着差1.0秒以内 100%(全13頭中13頭)※前走G1を除く

今回の登録馬で前走がGⅠとなるノーブルマーズはこちらの条件はクリアとなります。

有力馬絞り込み考察

各条件だけではなく、過去のレース傾向などから気になる点や傾向を考え、今回の予想に当てはめていきます。

考慮する点などを挙げるので、参考程度でご覧ください。

過去のレース展開

年度1着上がり2着上がり3着上がり
2018②②②①2④④③③5①①①②6
2017③③③⑤3⑪⑨⑥②2⑤⑤⑤⑥4
2016②②②②5⑪⑪⑩⑨2⑨⑨⑩⑨3
2015⑫⑫⑩⑨2⑩⑩⑩⑦4②③③②7
2014⑥⑥⑤②1⑩⑨⑧⑤1①①①①6

過去5年間の着順別の通過順と上がり順位です。これを参考に各順位の展開を考察します。

1着となった馬

比較的、先頭集団からそのまま1着となっているケースが多く見られます。特に直近の3年はそうした展開になっている為、先行~逃げの傾向がある馬が1着馬となる可能性は高いと見ます。

2着となった馬

こちらは1着とは対称的に後方から追い上げが目立ちます。直近のレースではカデナなどはこうした展開から馬券に絡んでおり、一考の余地はあるかと思います。

3着となった馬

こちらは1着馬よりも更に逃げの傾向が強く出ています。若しくは中団からの差しとなり、後方からの馬が3着となるケースは稀です。

枠番による勝率の偏り

前回の記事で紹介していますが、枠番によって極端に勝率が異なります。

特に勝率が高いのが3枠と8枠で、3着以内までを見てもかなり高い確率になっています。
ここまで顕著に勝率が変化している条件は見逃せませんので、枠順もプラスαの条件として必須になりそうです。

外厩情報

2019年小倉記念登録馬の外厩情報は以下となります。

馬名今走外厩前走外厩
アイスストーム吉澤ステーブルWEST吉澤ステーブルWEST
アイスバブルNFしがらきNFしがらき
アウトライアーズNF天栄
アドマイヤアルバNFしがらきNFしがらき
カデナ大山ヒルズ
カフェブリッツ吉澤ステーブルWEST
クリノヤマトノオー宇治田原優駿S
シャイニービーム信楽牧場
ストロングタイタンNFしがらき
タニノフランケル
ノーブルマーズ
メールドグラースNFしがらきNFしがらき
レトロロック吉澤ステーブルWEST吉澤ステーブル

現状では枠順も確定していない為、最終的な絞り込みはできませんが、オッズやいくつか挙げた条件などで大まかな絞り込みを行い、追い切りなどの様子を見つつ決めていきたいと思います。

そちらはまた次回の記事で詳細を挙げていきます。

Twitterでも有力馬の情報や外厩情報などを出していますので、よければフォローもお願いします♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

記事を見て少しでも良いと思ってもらえたらブログランキングのリンクをクリックして応援して頂けると嬉しいです♪

↓↓↓↓