エルムステークス2019予想条件と外厩情報

エルムステークス2019予想条件と外厩情報

今週は8/11開催予定のエルムステークスの予想をしていきます。前回の記事で出した前提条件にプラスして、過去馬券に絡んだ馬のデータを参考にした絞り込みを行っていきます。

エルムステークス2019選定条件

上の画像は過去5年間で馬券に絡んだ馬のデータです。
※クリックで大きく表示されます

いくつかのイレギュラーはあるものの、比較的高人気の馬が入賞している事や、一定条件の馬が連対している事が分かるので、それらの条件について考えていきます。

以下の条件は現時点のものなので、今後のオッズ変動などで多少変更となる可能性があります。それらを踏まえた上でご覧頂けると幸いです。

一桁番人気以内

過去5年の全15頭の内で人気が二桁番の穴馬が入賞したのは2014年3着のインカンテーションのみです。
それ以外では最低でも8番人気で、連対に関しては2016年を除いて、全て5番人気以内の馬が入線している為、高人気馬の連対率が非常に高いです。

一桁番人気以内  93.3%(全15頭中14頭)

この条件から二桁番人気の馬は除外していきます。

前走重賞orOP以下3着以内

過去入賞の馬は前走が重賞だった馬、若しくはOP以下だった場合、3着以内だった馬が入賞しています。特に入賞の多い前走マリーンSですが、全て3着以内となっているので、有効な条件と判断します。

前走重賞orOP以下3着以内  100%(全15頭中15頭)

※地方重賞も含みます

馬齢4~6歳(7歳以上斤量58kgは除く)

4~6歳までの活躍が目立っており、全15頭中13頭はこれに該当します。
7歳以上の場合はどれも58kgのハンデを背負っており、それ以下の馬が入賞した事はありません。

馬齢4~6歳 86.6%(全15頭中13頭)

この条件から7歳以上の場合は実績の伴う強い馬でない限りは除外という形で良いと思います。

前走6着以内

この条件は補足的な条件になりますが、過去の入賞馬で前走6着以内だったのは13頭と比較的高い確率です。ただイレギュラーはあるので、ワイドで馬券購入を考える場合には有効な条件になるかと思います。

前走6着以内 86.6%(全15頭中13頭)

前走4角通過順位5番以内

過去の入賞馬の中で、前走4角の通過順位が5番手以内だった馬は14頭と、かなり高い確率のデータです。エルムステークスでは、前回の記事に挙げた通り、先行馬である事が入賞の必須条件と思われるので、直近レースで同様の展開が出来ている馬の入賞確率が非常に高いと判断できます。

前走4角通過順位5番以内 93.3%(全15頭中14頭)

有力馬絞り込み考察

上記で挙げた各条件の補足的な説明になりますが、レースの展開にある傾向が強く見られるので、そちらを紹介しておきます。
また前回の記事でも挙げたその他の注目条件も記載します。

過去のレース展開

1着上がり2着上がり3着上がり
2018③③②②2①①①①3⑭⑬⑬⑩1
2017④④③③2②②②②4①①①①4
2016⑥⑥⑥②1②②②②2①①①①3
2015⑪⑪②①3②③③③2①①①②5
2014④④②②1②②②①2⑤⑥④③3

過去5年間の入賞馬の通過と上がり順位です。

1着となった馬

4角を通過する際に必ず先頭集団におり、最低でも3番手と既に前に詰めている状態でコーナーを抜けている事がわかります。ただ、常に先頭という訳でもなく、中団から先頭集団まで順位を上げつつ最終コーナーというケースもある為、直近のレース展開で同様の展開が行われていたかをチェックする必要がありそうです。

2着となった馬

こちらは基本的に先行よりは逃げといった傾向が強く出ています。4角の通過は遅くとも3番手以内でレース序盤から先頭を走るタイプの馬が該当する展開です。今回の登録馬では以下の5頭にこうした展開が多く見られる為、候補になりそうです。

スーパーステション
テーオーエナジー
リームキラリ
マルターズアポジー
アンヴェリテ

3着となった馬

こちらも2着同様、逃げの傾向が強く見られます。昨年の2018年はイレギュラーで後方からの追込みでの入賞となっていますが、それを除けば逃げ~先行有利は一目瞭然なので、余程末脚が鋭い馬でない限りは可能性はないものと考えてよさそうです。

もしイレギュラー要素を考えるなら、直近の展開、成績から候補としては以下の馬が挙げられるかと思います。

モズアトラクション

枠番での勝率の偏り

こちらは前回の記事でも挙げていますが、枠番で4枠のみが突出して勝率が高い傾向にあります。
ただ、複勝率まで見た場合は散在しているデータなので、有力馬の候補が4枠だった場合はプラス要素として考えて良いと思いますが、4枠だから買いという事はないと考えています。

外厩情報

今回のエルムステークスでの外厩情報は以下になります。

馬名今走外厩前走外厩
アディラート吉澤ステーブルWEST
グリム
グレンツェントNF天栄NF天栄
サトノティターンNF空港阿見TC
サングラス加藤ステーブル加藤ステーブル
スーパーステション
タイムフライヤー山元TC
テーオーエナジーファンタストクラブ
ドリームキラリ
ハイランドピーク
マルターズアポジーオークリーフ
メイショウスミトモフジワラファーム
モズアトラクション
モルトベーネ
リアンヴェリテ
リーゼントロックシュウジデイファーム

エルムステークスは堅めの予想が吉かと思いますが、稀に出るイレギュラー要素をどう捉えるかが肝になるレースかと思います。

基本的には先行馬であること、前走が重賞若しくはOP以下で入賞している事などが候補となるラインになりそうです。

これから最終追い切りの様子や枠番を見て最終的な予想をしていきたいと思います。

Twitterでも有力馬の情報や外厩情報などを出していますので、よければフォローもお願いします♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

記事を見て少しでも良いと思ってもらえたらブログランキングのリンクをクリックして応援して頂けると嬉しいです♪

↓↓↓↓