セントウルステークス2019出走予定馬と過去データ

セントウルステークス2019出走予定馬と過去データ

今回は2019年9月8日(日)開催予定のセントウルステークスの予想をしていきます。

まずは過去10年間の過去データを基に、傾向を確認して、消去条件を考えて有力馬を絞り込んでいきたいと思います。

消去条件などに関しては次回の記事で挙げます。
次回記事は水曜日の更新予定です。

更新しました

産経賞セントウルステークス[GⅡ]

阪神11R 芝右1200m サラ系3歳上オープン (国際)(指)(別定)

秋のGⅡ一戦目となるセントウルステークスですが、直近開催では大きく荒れるようなレースではなく、比較的人気上位の馬が馬券に絡みます。
2015年は10番人気のアクティブミノルが1着となり40万超えの高配当となっていますが、全般的に上位人気馬が馬券に絡む傾向が強い為、大荒れとなるケースは稀とみてよさそうです。

過去配当(三連単)

・2018年 15,660円

・2017年 36,810円

・2016年 15,990円

・2015年 405,590円

・2014年 11,510円

阪神芝右1200mのコース解説

向正面直線からのスタートとなる内回りコースで、3コーナーまでの距離が約240mとなっています。スタートからやや下りとなり、3~4コーナーに掛けて本格的な下りとなり、最終直線のゴール前200m付近で急な上り坂となります。スタートから下りとなっている事から逃げ、先行が決まるケースが多く見られます。

出走予定馬

馬名
タワーオブロンドン
ミスターメロディ
アンヴァル
ダイメイプリンセス
イベリス
ファンタジスト
マテラスカイ
ラブカンプー
カイザーメランジェ
モーニン
シュウジ
ペイシャフェリシタ
キングハート
タマモブリリアン
キャプテンペリー

※記事執筆時点

現時点での1番人気はタワーオブロンドン、2番人気がミスターメロディとなっています。タワーオブロンドンは前走間隔が短く気になるところなので、回避とならないのであれば、前走間隔での勝率なども調べてみると良さそうですね。

過去データ分析

過去10年間のレース傾向です。
必要と思われるデータを掲載していますが、その他に有力なものがあれば追記していきます。

人気別勝率

人気成績勝率連対率3着内率
1~3番人気5-8-3-1416.7%43.3%53.3%
4~6番人気4-2-3-2113.3%20.0%30.0%
7~9番人気0-0-2-282.5%2.5%7.5%
10番人気以下1-0-2-541.8%1.8%5.3%

1~3番人気の3着内率が50%以上とかなり高い確率で馬券に絡んでいます。逆に7番人気以下となるとかなり確率が低下する為、余程の好条件となる馬がいない限りは買いとは言えません。

枠番別勝率

枠番成績勝率連対率3着内率
1枠2-1-0-916.7%25.0%25.0%
2枠1-1-1-145.9%11.8%17.6%
3枠1-0-1-165.6%5.6%11.1%
4枠0-2-2-160.0%10.0%20.0%
5枠2-1-0-1710.0%15.0%15.0%
6枠1-1-0-185.0%10.0%10.0%
7枠0-2-2-160.0%10.0%20.0%
8枠3-2-4-1115.0%25.0%45.0%

阪神1200mのコースは比較的内枠優立と言われていますが、セントウルSに限っては圧倒的に8枠の勝率が高い傾向にあります。最内の1枠も成績が悪いわけではないですが、8枠以外の有利不利は判断が難しいところです。ですので8枠となった馬に関してはチェックが必要になるかと思います。

馬齢別勝率

馬齢成績勝率連対率3着内率
3歳3-1-0-1416.7%22.2%22.2%
4歳3-2-1-1415.0%25.0%30.0%
5歳4-5-3-329.1%20.5%27.3%
6歳0-0-5-330.0%0.0%13.2%
7歳0-2-2-190.0%9.1%13.6%
8歳0-0-0-40.0%0.0%0.0%

本命とできるのは3~5歳までで、6歳以上では過去に1着となった馬はいません。2017年は7歳馬が2~3着となっていますが、これは稀なケースとなる為、基本的には割引と考えてよさそうです。

前走クラス別勝率

前走クラス成績勝率連対率3着内率
OP以下0-0-1-250.0%0.0%3.8%
GⅢ7-5-9-727.5%12.9%22.6%
GⅡ1-0-0-233.3%33.3%33.3%
GⅠ1-3-0-126.3%25.0%25.0%

前走がOP以下となる馬に関しては[0-0-1-25]ととても買える内容ではありませんので、無条件で消去対象として良いかと思います。
前走GⅠ馬はやや苦戦傾向にあり、馬券となった馬は高松宮記念が3頭、安田記念が1頭となっています。

前走人気別勝率

前走人気成績勝率連対率3着内率
前走1人気4-3-3-1218.2%31.8%45.5%
前走2人気2-3-1-814.3%35.7%42.9%
前走3人気0-0-1-60.0%0.0%14.3%
前走4人気0-0-2-100.0%0.0%16.7%
前走5人気0-0-1-120.0%0.0%7.7%
前走6~9人気3-2-1-327.9%13.2%15.8%
前走10人気以下0-0-1-340.0%0.0%2.9%

前走人気では1~2番人気に集中しており、3~5番人気馬の連対は一度もありません。ですが6~9人気となると、馬券に絡んできている為、前走で人気薄ながら好走した馬はチェックが必要です。

前走距離別勝率

前走距離成績勝率連対率3着内率
1000m2-2-0-620.0%40.0%40.0%
1200m7-6-9-836.7%12.4%21.0%
1400m0-0-1-150.0%0.0%6.3%
1600m1-2-0-126.7%20.0%20.0%

前走が1400mとなる馬は[0-0-1-15]と買えない結果になっています。また1600mだった場合も[1-2-0-12]と芳しくない結果となっているので、基本的に距離短ローテとなる場合は割引条件となりそうです。

斤量別勝率

斤量成績勝率連対率3着内率
52kg1-1-0-416.7%33.3%33.3%
54kg2-1-4-266.1%9.1%21.2%
55kg3-0-2-1614.3%14.3%23.8%
56kg2-3-3-463.7%9.3%14.8%
57kg0-2-0-210.0%8.7%8.7%
58kg2-1-1-328.6%42.9%57.1%
59kg0-2-0-10.0%66.7%66.7%

58kg以上を背負った馬が馬券に絡む傾向が非常に高い傾向にあります。単純に実力のある馬が勝つといった結果ですが、トップハンデなどは買いと考えてよさそうです。57kgだった馬は[0-2-0-21]と凡走が目立つので、このあたりも消去条件の一つと考えられそうです。

過去データのPOINT

・人気上位馬が馬券に絡む傾向が強い

・8枠が圧倒的に成績優秀

・6歳以上は過去1着なし

・前走OP以下は[0-0-1-25]と買えない

・前走3~5番人気は不調

・距離短ローテは不調

・斤量58kg以上は馬券内確率高め

セントウルSはかなり分かりやすい傾向が見て取れるレースかと思います。次回の記事で消去法を使い、有力馬を絞り込んでいく予定です。
最終的な予想はいつも通りブログランキングのほうに出すので、そちらもチェックしてみて下さい♪

Twitterなどもやっておりますので、宜しければフォローをお願いしますm(__)m

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想