オークス(優駿牝馬)2019予想前提条件

オークス(優駿牝馬)2019予想前提条件

3歳牝馬の最高峰クラシックレースとなるオークスが2019年5月19日に開催されます。今回はオークス予想の為の過去レースにおける傾向から予想の為の前提条件を絞り込んでいきます。

オークス(優駿牝馬)[GⅠ]

東京11R 芝左2400m サラ系3歳オープン (国際)牝(指定)(定量)

牝馬クラシックの2戦目となるオークスは2400mと桜花賞よりも長く、スピードだけではなく、スタミナも求められるレースになります。

詳しくは後述しますが、東京競馬場の2400mでは最後の勾配をどれだけ力強く駆け上がる事ができるかが勝負所と言って良いでしょう。その為、逃げや先行馬の勝率が低く、差し馬の勝率が最も高い傾向にあります。

また前走レースでも過去データに極端な偏りが見られており、そういった点から各条件での絞り込みを行い、2019年のオークスの予想を組み立てていこうと思います。

出走予定馬&予想オッズ

馬名性齢
アイリスフィール牝3
アクアミラビリス牝3
ウィクトーリア牝3
ウインゼノビア牝3
エールヴォア牝3
エアジーン牝3
カレンプーケドール牝3
クロノジェネシス牝3
グラディーヴァ牝3
コントラチェック牝3
シェーングランツ牝3
シャドウディーヴァ牝3
シゲルピンクダイヤ牝3
ジョディー牝3
ダノンファンタジー牝3
ノーワン牝3
ビーチサンバ牝3
フィリアプーラ牝3
メイショウアステカ牝3
メイショウショウブ牝3
ラヴズオンリーユー牝3
ルタンブル牝3

現時点での出走予定馬ですが、桜花賞で1着のグランアレグリアは先日のNHKマイルカップ出走の為、注目は桜花賞2着のシゲルピンクダイヤ、続いてクロノジェネシス、ダノンファンタジーとなるかと思います。

前走レースとしてはやはり桜花賞からの出走、続いてフローラSが前走となる馬が多く見られます。

  • 桜花賞…8頭
  • フローラS…6頭
  • 忘れな草賞…2頭

事前の予想としては、以下の馬が人気馬となるのではないかと予想されます。

  • クロノジェネシス
  • コントラチェック
  • ダノンファンタジー
  • シゲルピンクダイヤ
  • ラヴズオンリーユー

人気馬の勝率

人気成績勝率連帯率複勝率
1番人気5-2-1-250.0%70.0%80.0%
3番人気2-0-1-720.0%20.0%30.0%
2番人気1-3-3-310.0%40.0%70.0%
5番人気1-1-1-710.0%20.0%30.0%
9番人気1-0-1-810.0%10.0%20.0%
7番人気1-0-0-910.0%10.0%10.0%
4番人気0-1-1-80.0%10.0%20.0%
6番人気0-1-1-80.0%10.0%20.0%
8番人気0-1-1-80.0%10.0%20.0%
10番人気0-0-0-80.0%0.0%0.0%
11番人気0-0-0-80.0%0.0%0.0%

オークスにおけるオッズを参照した勝率は圧倒的に人気馬が馬券に絡んでくる傾向がみてとれます。

つまり、前評判通りの結果となりやすいという事になりますが、4~6着あたりまでは多少ブレている事を考えると、出走馬の中の上位半分あたりまでをマークしておけば、概ねカバーできるだろうと予想できます。

今回は穴を狙わず、こちらのデータを基に堅めの予想を中心に組み立てていくことになりそうですね!

前走レースからの傾向

レース成績勝率連対率複勝率
桜花賞4-4-3-556.1%12.1%16.7%
忘れな草賞1-1-2-107.1%14.3%28.6%
フローラS1-1-1-220.0%40.0%60.0%
皐月賞1-0-1-117.7%7.7%15.4%
あすなろ賞1-0-0-0100.0%100.0%100.0%
クイーンC1-0-0-150.0%50.0%50.0%
デイジー賞1-0-0-516.7%16.7%16.7%
君子蘭賞0-2-2-310.0%5.7%11.4%
水仙賞0-1-0-10.0%50.0%50.0%
NHKマイルC0-1-0-30.0%25.0%25.0%
フラワーC0-0-1-00.0%0.0%100.0%
矢車賞0-0-0-10.0%0.0%0.0%
スイートピー0-0-0-10.0%0.0%0.0%

これはもう、なんというか圧倒的ですね(笑)出走馬のうち、大半は前走が桜花賞に偏っています。当然と言えば当然ですが、やはりオークスでは上述の人気馬の傾向からもわかるように、「前評判通りの強い馬が勝つ」と思って間違いないようです。

今回の出走予定馬の中でも桜花賞が前走となる馬は全8頭で、次いでフローラS、忘れな草賞からの出走が多いです。

この辺りの出走馬をマークしておけば問題はないかと思います。

前走間隔での勝率

間隔成績勝率連対率複勝率
中5週10-5-5-6811.4%17.0%22.7%
中3週1-4-4-362.2%11.1%20.0%
中4週0-0-1-00.0%0.0%100.0%
中7週0-0-0-10.0%0.0%0.0%
中10週以上0-0-0-30.0%0.0%0.0%
中8週0-0-0-50.0%0.0%0.0%
中1週0-0-0-90.0%0.0%0.0%
中2週0-0-0-250.0%0.0%0.0%
00-0-0-10.0%0.0%0.0%
00-0-0-20.0%0.0%0.0%

こちらもわかりやすい結果ですが、前走から中5週となる馬が圧勝しています。

この中5週はちょうど桜花賞、忘れな草賞がそれにあたり、中3週はフローラSになります。

ここまでわかりやすくデータとしてでると、もう桜花賞、フローラSが前走となる馬以外のマークは全くしなくてもいいんじゃないか?と思ってしまいます(笑)やはりそのあたりを中心とした絞り込みが必要と判断できるので、予想の組み立ての中核として考えていきましょう。

脚質での傾向

脚質成績勝率連対率複勝率
差し7-4-9-638.4%13.3%24.1%
追込み3-2-0-436.3%10.4%10.4%
先行1-2-1-362.5%7.5%10.0%
逃げ0-1-0-90.0%10.0%10.0%

こちらもかなり絞り込みやすい結果となっていますね。オークスは2400mとスタミナも必要となる距離ですので、やはり先行馬や逃げ馬での勝率はかなり低下します。

当然、それを見越した出走馬となる訳ですが、直近のレースから差し脚の冴えている馬を中心に選定していこうと思います。桜花賞馬であるグランアレグリアがオークスではなくNHKマイルカップを選んだ理由もこのあたりにありそうですね。

枠番での勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
2枠3-0-1-1616.7%22.2%27.8%
5枠3-0-0-1710.0%20.0%20.0%
8枠2-1-1-246.9%10.3%17.2%
7枠1-2-1-266.7%16.7%23.3%
1枠1-1-2-165.0%15.0%25.0%
4枠1-1-2-165.0%5.0%5.0%
3枠0-2-4-140.0%0.0%10.0%
6枠0-2-0-180.0%0.0%5.0%

枠番から見る勝率では2枠、5枠での勝率が高いという傾向が出ている事がわかりました。連帯率や複勝率ではある程度のバラつきがあるものの、大よそ偏っている傾向と言って良いと思います。

2枠の勝率が高いという事ではありますが、一般的に東京競馬場での2400m(ダービーやオークス)では内枠が有利と言われています。

確かに連帯率、複勝率なども踏まえて考えて場合、ある程度有利であるとも言えそうです。

こちらは枠順が決まった時点で、それまでに絞り込まれている予想と照らして、最終調整を行います。

オークス(優駿牝馬)の前提条件まとめ

今回はある程度傾きのあるデータだと思って良さそうです。

前回のヴィクトリアマイルは荒れる傾向のあるレースであった為、絞り込む要素が多く不確定材料の上で成り立つ予想といった感じでしたが、オークスは評判通りの強い馬である事が前提として入ってくるので、堅い予想になります。

特に最後の直線は勾配のある坂道となるので、最後の直線までスタミナを切らさずに走り切れるだけの馬で、底力のある馬であること、つまり速く強い馬である事が求められるレースなので、そういった距離の適正も踏まえて考えます。

以下が今回の前提から絞り込まれる大まかな絞り込み条件です。

  • 人気馬決着の可能性が高く、事前のオッズ予想からぶれにくい
  • 前走が桜花賞、フローラSとなる馬を中心に構成
  • 逃げ、先行の馬は除外し、内枠となる馬が馬券に絡む可能性が濃厚

レースの前提条件から見る要素はこのあたりですね。ここに更に細かな要素を加えて、最終的な絞り込みを行い、予想を組み立てていこうと思います。

堅めの予想となりそうなので、券種も三連複など、ある程度配当を期待できるものも視野に入れた予想をしても良さそうですね!