オークス2019(優駿牝馬)有力、対抗馬の絞り込み

オークス2019(優駿牝馬)有力、対抗馬の絞り込み

2019/5/19開催予定のオークス[GⅠ]での有力と考えられる馬の選定をしていきます。
※絞り込みの為のレース前提条件は「オークス2019前提条件」を参照

オークス2019の絞り込み要素

前走が桜花賞

前提条件でもご紹介しましたが、前走が桜花賞の馬の勝率が非常に高く、馬券に絡む可能性が濃厚となるので、今回は前走が桜花賞となる馬に絞り込んでいきます。

■[4-3-3-24]
┗勝率:11.8%
┗連体率:20.6%
┗複勝率:29.4%

前走が桜花賞でありノーザンファーム、社台ファーム馬

過去のデータを参照すると、上記の前走桜花賞となる馬の中で馬券となった馬は、かなりの高確率でノーザンファーム、社台ファームのでした。

■[4-3-3-3]
┗勝率:30.8%
┗連体率:53.8%
┗複勝率:76.9%

それ以外では下記のように馬券に絡む事もないので、かなり有力な絞り込みのデータになるかと思います。

人気別勝率(1〜6番人気)

前走条件でも公開しましたが、過去5年の間で馬券となった馬は全て6番人気以内であり、7番人気以下の馬は一度も馬券に絡んでいない事がわかります。

■[5-5-5-15]
┗勝率:16.7%
┗連体率:33.3%
┗複勝率:50.0%

更にこのうち馬券となった15頭の中で、90%を超える14頭はノーザンファーム、若しくは社台ファームの馬でした。

■[5-4-5-6]
┗勝率:25.0%
┗連体率:45.0%
┗複勝率:70.0%

絞り込みまとめ

これらの要素から、今回のオークス2019は前走が桜花賞であり、ノーザンファーム若しくは社台ファーム生産馬であること、更にオッズが1〜6番人気以内の馬である事を条件に絞り込みを行います。

  • 前走が桜花賞
  • ノーザンファーム、社台ファーム生産馬
  • 1〜6番人気以内

こちらの条件に全て当てはまる馬は以下になります。

  • クロノジェネシス
  • ダノンファンタジー

また、一部が当てはまる下記を対抗馬として考えていこうと思います。

  • コントラチェック
  • ラヴズオンリーユー
  • ヴィクトーリア
  • ビーチサンバ

◎〇印の有力馬予想

クロノジェネシス

■[3-1-1-0]
┗勝率:60.0%
┗連体率:80.0%
┗複勝率:100.0%

距離適性芝2400m
コース適正 東京競馬場
前走レース桜花賞
脚質差し
総合判定

前走となる桜花賞で3着となり、事前の予想オッズでも2番人気となる有力馬です。上記の条件に全て当てはまっており、脚質からも高い確率で馬券に絡んでくると予想されます。

この馬に限った事ではありませんが、オークスは3歳馬にとって、未経験の距離のレースとなる為、ペース配分が鍵になります。その点では切れの良い末脚を持つクロノジェネシスは再注目馬として考えていきたいところです。

ダノンファンタジー 

■[4-1-0-1]
┗勝率:66.7%
┗連体率:83.3%
┗複勝率:83.3%

距離適性芝2400mB
コース適正東京競馬場A
前走レース桜花賞A
脚質差しB
総合判定A

2歳牝馬のGⅠとなる阪神ジュベナイルフィリーズでは、クロノジェネシスを抑えて1着となり、前走の桜花賞では 1番人気と推されていましたが、惜しくも 4着となりました。

実力としては申し分ありませんが、個人的な見解として距離と脚質にやや不安があるかと思います。基本的に先行気味の馬なので、そのあたりのペース配分とスタミナの維持が焦点になると考えていますが、馬券に絡むだけの力は充分にあると思われるので、有力馬として組み込んでいきます。

狙い目の対抗馬

コントラチェック

■[3-1-1-0]
┗勝率:60.0%
┗連体率:80.0%
┗複勝率:100.0%

距離適性芝2400mB
コース適正東京競馬場B
前走レースフラワーCB
脚質逃げ
総合判定B-

現在の事前オッズでは1番人気となっているコントラチェックですが、絞り込み条件としては前走の桜花賞に漏れています。

前走であるフラワーCでの好走が今回の1番人気の大きな要因となっているかと思いますが、適正などを見ると、過去レースの勝ち傾向からはやや外れていると判断できます。特に脚質が完全に逃げなので、その辺りは大きく影響してくるのではと考えています。

ただ予想オッズも加味し、馬券に絡む事は考慮した上で、組み込みたいと思います。

ラヴズオンリーユー

■[3-0-0-0]
┗勝率:100.0%
┗連体率:100.0%
┗複勝率:100.0%

距離適性芝2400mB
コース適正東京競馬場B
前走レース忘れな草賞B
脚質先行B
総合判定

過去に一度も負けなしという点で高い評価を受け、予想オッズでは3番人気となっていますが、こちらもコントラチェックと同様に絞り込み条件のうち、前走レースの部分で漏れています。

また各適正を見てみると、やや適正から外れる点もあり、脚質では中団前方からの差し~先行といった具合なので、このあたりがどうレースに影響をしてくるのかは考慮する必要がありそうです。

他の人気馬よりも長い2000mレースでの勝利がある為、その点はプラス材料かと思いますので、条件漏れではありますが、馬券に絡む可能性は充分にありと考えています。

ヴィクトーリア

■[3-0-0-2]
┗勝率:60.0%
┗連体率:60.0%
┗複勝率:60.0%

距離適性芝2400m
コース適正東京競馬場B
前走レースフローラSB
脚質逃げB
総合判定B+

過去レースでは着順にムラがあり、難しい予想になりますが、前走となるフローラSでは出遅れながらも、きっちり追い上げ1着を飾っており、底力を見せてくれました。

桜花賞出走馬ではない為、こちらも条件からは漏れますが、距離の適正はかなり良いとみています。本来は逃げ馬なので、どういった戦略でくるのかは注目ですが、実力としては馬券に絡む可能性は高いと考えています。

予想オッズでは6番人気とギリギリのラインですが、個人的には推したい馬の一頭です。

ビーチサンバ

■[1-2-1-1]
┗勝率:20.0%
┗連体率:60.0%
┗複勝率:80.0%

距離適性芝2400mB
コース適正東京競馬場B
前走レース桜花賞
脚質差し
総合判定B+

事前の予想オッズで7番人気となり、条件からは漏れていますが、前走と生産牧場共に過去傾向に当てはまっている為、外せない一頭になりそうです。

勝率は決して高くはありませんが、桜花賞以前に出走した重賞では毎回馬券に絡んでおり、期待は持てます。脚質も問題なく、東京競馬場での出走経験もある為、予想オッズを除くデータの信頼度は高めとなる為、馬券に絡む伏兵馬としては最も有力とみています。