毎日王冠2019出走予定馬と過去データ

毎日王冠2019出走予定馬と過去データ

2019年10月6日開催予定の毎日王冠の予想をしていきます。
いつもの通り、過去のレース傾向の確認を行い、次回の記事で過去10年間の馬券となった馬データを基に条件を決め、消去法を使って最終的な予想をしていきます。

次回記事の更新は水曜日を予定しています。

更新しました

毎日王冠[GⅡ]

東京11R 芝左1800m サラ系3歳上オープン (国際)(指)別定

毎年実力馬が出揃う毎日王冠ですが、過去の配当傾向としては年度によってかなり波があります。
過去10年間の内で3度、三連単配当で30万円を超える配当が出ており、波乱も十分に起こり得るレースです。ただ直近の数年では比較的順当な決着に落ち着いており、昨年は1,3番人気が連対という結果になっています。

過去配当(三連単)

・2018年 10,170円

・2017年 27,280円

・2016年 61,710円

・2015年 28,200円

・2014年 388,350円

・2013年 55,690円

・2012年 328,820円

・2011年 5,660円

・2010年 315,200円

・2009年 56,680円

東京芝左1800mのコース解説

1~2コーナーのポケットからのスタートとなり、2コーナーから3コーナーにかけては750m程の距離がある。3~4コーナーにかけては下り坂となり、抜けた最後の直線は高低差約2mの上り坂となる。傾向としては高速馬場となる事が多く主に先行馬が有利の傾向が強い。

出走予定馬と予想オッズ

馬名性齢
アエロリット牝5
インディチャンプ牡4
ギベオン牡4
ケイアイノーテック牡4
ダノンキングリー牡3
ハッピーグリン
ペルシアンナイト牡5
マイネルファンロン牡4
モズアスコット牡5
ランフォザローゼス牡3

出走予定の登録馬は10頭となり、今年の東京優駿2着となるダノンキングリー、安田記念1着のインディチャンプと実力馬が顔を揃えています。
人気としてはGⅠで好走を見せているダノンキングリー、アエロリット、インディチャンプあたりに集中しそうです。

毎日王冠2019過去データ

過去10年間のレースデータを基に傾向を探っていきます。

人気別勝率

人気成績勝率連対率3着内率
1番人気5-1-0-450.0%60.0%60.0%
2番人気0-1-0-90.0%10.0%10.0%
3番人気1-2-0-710.0%30.0%30.0%
4番人気2-1-1-620.0%30.0%40.0%
5番人気0-1-3-60.0%10.0%40.0%
6番人気1-1-1-710.0%20.0%30.0%
7番人気0-0-1-90.0%0.0%10.0%
8番人気1-1-0-810.0%20.0%20.0%
9番人気0-0-2-80.0%0.0%20.0%
10番人気以下0-2-2-300.0%5.9%11.8%

人気別では1番人気の連対率で60%と信頼度は高めですが、それ以下がかなりばらつきが見られます。連対率では8番人気でも20%と高く、10番人気以下でも3着内率が約12%と決して軽視はできないデータです。
ただ2014年を最後に荒れる結果は減ってきており、直近では2016年に11番人気が3着となる事があったものの1着、2着は上位人気馬となっており、オッズの信頼度は上がってきているものと思います。

枠番別勝率

枠番成績勝率連対率3着内率
1枠0-0-3-80.0%0.0%27.3%
2枠2-0-0-1016.7%16.7%16.7%
3枠0-1-1-100.0%8.3%16.7%
4枠2-4-1-714.3%42.9%50.0%
5枠0-0-2-140.0%0.0%12.5%
6枠3-3-2-1115.8%31.6%42.1%
7枠2-0-0-1810.0%10.0%10.0%
8枠1-2-1-165.0%15.0%20.0%

1,5枠が過去10年で一度も連対無しと不調です。3枠も1着は一度もなく、傾向としては2,4,6,7枠が好調というデータになっています。中でも4,6枠は3着内率で共に40%を超えており、かなり高い確率で馬券に絡んでくる事が分かるので、この枠に該当する馬はチェックしておくべきでしょう。

前走着順別勝率

前走着順成績勝率連対率3着内率
1着4-4-3-1714.3%28.6%39.3%
2着1-1-1-107.7%15.4%23.1%
3着1-0-0-614.3%14.3%14.3%
4着1-0-1-612.5%12.5%25.0%
5着1-0-2-414.3%14.3%42.9%
6~9着1-3-3-263.0%12.1%21.2%
10着以下1-2-0-253.6%10.7%10.7%

前走で1着と好走している馬の信頼度は3着内率で約40%と高いですが、その他も決して軽視できるものではなく、5着では3着内率が40%を超えており、最高数値となっています。
前走で惜敗した馬が勝つという事も決して少なくなく、更に大敗した馬であっても馬券に絡んでくる可能性がある低くない為、前走成績のみでの差分は難しそうですね。

前走人気別勝率

前走人気成績勝率連対率3着内率
1人気3-2-3-917.6%29.4%47.1%
2人気2-0-1-1213.3%13.3%20.0%
3人気0-1-0-60.0%14.3%14.3%
4人気0-1-1-110.0%7.7%15.4%
5人気2-1-0-916.7%25.0%25.0%
6~9人気2-3-3-275.7%14.3%22.9%
10人気以下0-2-2-180.0%9.1%18.2%

こちらも前走着順と同様にかなりデータが散っています。前走で不人気だった10番人気以下の馬も1着こそありませんが、3着内率では18%と軽視できない数値です。
特に6~9人気の中穴は高い確率で馬券に絡んでいるので、このあたりもチェックしておくべきポイントでしょう。

前走クラス別勝率

前走クラス成績勝率連対率3着内率
  3勝0-0-0-20.0%0.0%0.0%
OPEN特別0-0-1-50.0%0.0%16.7%
  G33-2-4-356.8%11.4%20.5%
  G22-1-2-1112.5%18.8%31.3%
  G14-7-3-397.5%20.8%26.4%

前走がOPEN以下となる馬は過去に一度3着となったのみなので、該当する馬がいる場合は消去対象と考えても良さそうです。
基本的には重賞出走からのローテがほとんどですが、最も数値として高いのはGⅡからのローテとなる馬です。勝率では12.5%、3着内率で30%以上となっている為、GⅡからのローテとなる馬は注目です。

前走レース別勝率

レース名成績勝率連対率3着内率
エプソムカップ3-0-2-823.1%23.1%38.5%
安田記念1-3-1-194.2%16.7%20.8%
東京優駿1-2-0-414.3%42.9%42.9%
宝塚記念1-1-2-88.3%16.7%33.3%
NHKマイル1-1-0-320.0%40.0%40.0%
札幌記念1-1-0-711.1%22.2%22.2%
中山記念1-0-1-050.0%50.0%100.0%
QE21-0-0-150.0%50.0%50.0%
関屋記念0-2-0-40.0%33.3%33.3%
新潟記念H0-0-1-70.0%0.0%12.5%
朝日チャレンジ0-0-1-10.0%0.0%50.0%
オールカマー0-0-1-10.0%0.0%50.0%
メイS0-0-1-00.0%0.0%100.0%

前走で最も勝ちが多いのはエプソムカップとなり、続いて安田記念、東京優駿となっています。レース単体ではやはり東京優駿組の好走が目立っていますね。
上で挙げたGⅡの勝率の高さですが、このデータを見る限り、多くは札幌記念と中山記念からの出走となる馬です。
このデータにないレースからの出走となる馬は全て馬券外となります。

馬齢別勝率

年齢成績勝率連対率3着内率
3歳2-4-0-1111.8%35.3%35.3%
4歳4-2-4-1913.8%20.7%34.5%
5歳2-2-2-236.9%13.8%20.7%
6歳1-2-1-174.8%14.3%19.0%
7歳0-0-2-170.0%0.0%10.5%
8歳1-0-1-711.1%11.1%22.2%

馬齢別ですが、3~4歳馬が好走する傾向が強く基本的には馬齢が高くなるにつれ、不利という傾向が見えます。
ただ8歳馬は出走数が少ないですが、過去に二度馬券に絡んでおり、確率としては軽視できるものではありません。

過去データのPOINT

・1番人気は[5-1-0-4]で連対率60%と信頼度高め

・10番人気以下でも[0-2-2-30]と3着内率が約12%で軽視は禁物

・1,5枠は[0-0-5-22]と過去連対無しで不調

・4,6枠は[5-7-3-18]と3着内率で40%以上

・前走1着馬は[4-4-3-17]と信頼度高め

・前走10番人気以下は[0-2-2-18]と軽視はNG

以上が毎日王冠の過去データになります。

全体的にかなりデータが散っている為、この過去傾向のみでは細かな条件を設定する事は難しそうです。
次回の記事で馬券となった馬の詳細なデータを挙げるので、それを参照しつつ消去条件を決めていきます。

最終的な予想はブログランキングで掲載しています。Twitterのほうでも情報など出していますので、よければフォローして頂けると嬉しいです♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想