京都大賞典2019出走予定馬と過去データ

京都大賞典2019出走予定馬と過去データ

2019年10月6日(日)開催の京都大賞典の予想をしていきます。
まずは今回の記事で過去傾向を探り、次回の記事で馬券となった馬データを基にして消去条件を決め、最終的な予想を行います。

大まかには消去法で有力馬を定め、その中から諸条件で買い目を決めていく形になります。

次回の記事更新は木曜日の予定です。

更新しました

京都大賞典[GⅡ]

京都11R 芝右外2400m サラ系3歳上オープン (国際)(指)別定

過去の配当としては、堅めの結果となる事が多く、配当は低めとなる事がほとんどですが、2013年は大荒れとなっており、三連単で360万円を超える高額配当が出ています。その前年も約13万とそこそこの配当はついていますが、多くは荒れにくく、高人気馬からの順当決着になりやすいレースです。

過去配当(三連単)

・2018年 19,420円

・2017年 31,790円

・2016年 7,400円

・2015年 6,540円

・2014年 17,470円

・2013年 3,619,290円

・2012年 128,790円

・2011年 4,360円

・2010年 3,880円

・2009年 43,670円

京都芝右外2400mのコース解説

4コーナー奥のポケットからスタートなり、1コーナーまではおよそ600mで、先行争いが行われます。その後の1~2コーナーは平坦で向正面の途中から上り坂となり、3コーナーで頂点を迎え、4コーナーにかけて下っていく形になります。この下りで勢いがつく為、最終直線までに馬郡がバラけやすいという傾向が見られます。

出走予定馬と予想オッズ

馬名性齢
アドマイヤジャスタ牡3
アルバート牡8
ウインテンダネス牡6
ウラヌスチャーム牝4
エアウィンザー牡5
エタリオウ牡4
クリンチャー牡5
グローリーヴェイズ牡4
シルヴァンシャー牡4
ダンビュライト牡5
チェスナットコート牡5
ドレッドノータスセ6
ノーブルマーズ牡6
パリンジェネシス牡5
メートルダール牡6
リッジマン牡6
レノヴァール牡4

現在の時点では前走GⅠ組が6頭、GⅡが2頭、GⅢが6頭、OP以下は4頭となっています。

過去の傾向から見ても前走GⅠ組は好走が多い為、人気は集まりそうです。その中でも最も好走したのは天皇賞・春2着のグローリーヴェイズ、昨年の菊花賞2着のエタリオウの人気は堅そうです。
また京都記念を制し、大阪杯で9着となったダンビュライトあたりも人気馬となるでしょう。後述しますが、京都大賞典は人気馬の好走が目立つので、オッズは他レースと比較してもより重要な要素になると思われます。

京都大賞典2019の過去データ分析

過去10年間分のデータを基に、レースの傾向を探っていきます。

人気別勝率

人気成績勝率連対率3着内率
1番人気3-1-2-430.0%40.0%60.0%
2番人気2-1-3-420.0%30.0%60.0%
3番人気2-0-2-620.0%20.0%40.0%
4番人気1-3-1-510.0%40.0%50.0%
5番人気1-0-1-810.0%10.0%20.0%
6番人気0-3-0-70.0%30.0%30.0%
7番人気0-2-1-70.0%20.0%30.0%
8番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%
9番人気0-0-0-90.0%0.0%0.0%
10番人気以下1-0-0-263.7%3.7%3.7%

過去10年間の内、5番人気以下の馬が1着となったのは1度のみで、かなり高い確率で高人気馬が制しています。また3着内でも7番人気までで、8番人気以下は[1-0-0-45]と、10年間で1度しか馬券に絡んでいません。

ですので、傾向からみても過去10番人気以下での1着は相当なイレギュラーとなり、基本的には8番人気以下は馬券外と考えても良さそうです。

枠番別勝率

枠番成績勝率連対率3着内率
1枠2-1-1-620.0%30.0%40.0%
2枠4-0-2-536.4%36.4%54.5%
3枠1-2-0-107.7%23.1%23.1%
4枠0-1-2-110.0%7.1%21.4%
5枠0-1-1-130.0%6.7%13.3%
6枠1-1-1-126.7%13.3%20.0%
7枠1-2-2-145.3%15.8%26.3%
8枠1-2-1-155.3%15.8%21.1%

特筆するべきは2枠で圧倒的に高い勝率を誇っています。3着内率では54.5%とさすがに外せない数値でしょう。また1枠も好走が多く、内枠は有利という傾向が顕著に出ています。内枠となった馬はプラス条件として考えたいところです。

前走着順別勝率

前走着順成績勝率連対率3着内率
1着1-2-0-107.7%23.1%23.1%
2着1-2-1-79.1%27.3%36.4%
3着2-1-0-428.6%42.9%42.9%
4着2-0-1-622.2%22.2%33.3%
5着0-0-2-50.0%0.0%28.6%
6~9着3-4-2-268.6%20.0%25.7%
10着以下1-1-4-273.0%6.1%18.2%

前走成績ではデータが散っており、10着以下で大敗した馬でも馬券内となる可能性は決して低くない為、軽視は禁物です。特に前走6~9着だった馬の好走が目立っており、上記の人気別条件と合わせると、前走で凡走している馬でも今走で人気している馬は充分に好走する可能性があると考えていいでしょう。

前走人気別勝率

前走人気成績勝率連対率3着内率
1人気3-3-0-821.4%42.9%42.9%
2人気2-2-0-816.7%33.3%33.3%
3人気1-0-1-711.1%11.1%22.2%
4人気0-1-3-80.0%8.3%33.3%
5人気1-0-1-612.5%12.5%25.0%
6~9人気2-1-3-266.3%9.4%18.8%
10人気以下1-3-2-213.7%14.8%22.2%

前走の人気別では1番人気だった馬は好走が目立ち、連対率でも40%を超えている為、推奨馬のポイントとして考えられそうです。ただこのデータも着順と同様散り気味の為、前走人気という単体のデータでは信頼度は低めです。

前走開催別勝率

前走場所成績勝率連対率3着内率
  札幌0-2-0-170.0%10.5%10.5%
  函館0-1-0-30.0%25.0%25.0%
  福島0-0-0-20.0%0.0%0.0%
  新潟2-1-0-1015.4%23.1%23.1%
  東京0-1-1-120.0%7.1%14.3%
  中山1-0-1-810.0%10.0%20.0%
  京都0-2-2-70.0%18.2%36.4%
  阪神7-3-6-1920.0%28.6%45.7%
  小倉0-0-0-40.0%0.0%0.0%
  地方0-0-0-20.0%0.0%0.0%
  海外0-0-0-20.0%0.0%0.0%

前走開催地では福島、小倉からの出走となる馬は過去一度も馬券内となっておらず消去対象と考えられます。成績がいいのは阪神からの出走となる馬で、前走宝塚記念となる馬が大半を占めています。
1着となった馬は阪神、新潟、中山からの出走となる馬のみで、本命を絞り込む際のデータとして有効かと思います。

前走クラス別勝率

前走クラス成績勝率連対率3着内率
  1勝0-0-0-10.0%0.0%0.0%
  2勝0-0-0-20.0%0.0%0.0%
  3勝0-2-0-20.0%50.0%50.0%
OPEN特別0-1-0-160.0%5.9%5.9%
  G33-1-1-2310.7%14.3%17.9%
  G22-2-1-188.7%17.4%21.7%
  G15-4-8-2013.5%24.3%45.9%

前走クラスでは圧倒的にGⅠ組の成績がよく、過去10年の内の1着馬の半数は前走がGⅠとなる馬です。また3勝クラスからの出走となる馬は数こそ少ないものの、4頭中2頭が2着と好走を見せており、格下であっても軽視はできない内容となっています。

前走レース別勝率

前走レース名成績勝率連対率3着内率
宝塚記念5-1-5-1122.7%27.3%50.0%
新潟記念2-1-0-818.2%27.3%27.3%
阪神大賞1-1-0-050.0%100.0%100.0%
オールカマー1-0-1-416.7%16.7%33.3%
鳴尾記念1-0-0-150.0%50.0%50.0%
天皇賞春0-2-2-60.0%20.0%40.0%
札幌記念0-1-0-50.0%16.7%16.7%
丹頂S0-1-0-60.0%14.3%14.3%
西宮S0-1-0-00.0%100.0%100.0%
朝日チャレンジ0-0-1-60.0%0.0%14.3%
安田記念0-0-1-20.0%0.0%33.3%
目黒記念0-0-0-80.0%0.0%0.0%

前走レースは大半が宝塚記念からの出走となる馬で、前走GⅠからの1着馬は全て宝塚記念からの馬となります。天皇賞春からの出走となる馬は好走は見せているものの、過去1着となった馬はいません。

馬齢別勝率

馬齢成績勝率連対率3着内率
4歳4-6-1-1515.4%38.5%42.3%
5歳5-3-4-2314.3%22.9%34.3%
6歳0-0-3-270.0%0.0%10.0%
7歳1-1-2-107.1%14.3%28.6%
8歳0-0-0-70.0%0.0%0.0%

馬齢では4~5歳馬が馬券となる事がほとどんで、6歳以上となると確率が急低下します。ただ7歳馬は3着内では28%と決して低い数値ではない為、該当する馬で高人気に推される馬がいた場合は買いと考えても良さそうです。

馬体重別勝率

馬体重成績勝率連対率3着内率
 440~459kg0-0-1-100.0%0.0%9.1%
 460~479kg2-1-4-285.7%8.6%20.0%
 480~499kg4-6-4-2610.0%25.0%35.0%
 500~519kg3-3-0-1514.3%28.6%28.6%
 520~539kg1-0-1-416.7%16.7%33.3%
 540kg以上0-0-0-20.0%0.0%0.0%

比較的体重の軽い馬が苦戦傾向にあるようで440~459kgの馬は[0-0-1-10]と馬券に絡んだのは過去1度のみとなっています。現在の出走予定馬の中で、前走の馬体重がこれに該当する馬もいるので、割引条件と考えていきます。

過去データのPOINT

・5番人気以内までは信頼度高め[9-5-9-27]

・8番人気以下は馬券外が濃厚[1-0-0-45]

・2枠は3着内率で54.5%と好走が目立つ[4-0-2-5]

・前走10着以下の大敗馬も[1-1-4-27]と軽視禁物

・前走が福島、小倉の場合[0-0-0-6]となり消去対象

・前走OPEN以下は[0-3-0-21]と連対はあるものの1着なし

・馬体重440~459kgの馬は[0-0-1-10]と馬券に絡んだのは1度のみ

以上が京都大賞典2019の過去データです。

人気別などである程度の差分は可能と思われますが、前走レースと着順やクラス別の傾向など、詳細なデータを分析して細かい消去条件を決めていきたいと思います。

いつも通り、最終予想はブログランキングで掲載します。
Twitterのほうでも情報を出していきますので、よかったらフォローをお願いします♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想