秋華賞2019出走予定馬と過去データ

データ競馬予想

2019年10月13日(日)開催予定の秋華賞の予想を行う上での事前のデータです。過去10年間でのレース結果から傾向を見ていきます。

この傾向と次回の記事で挙げる馬券となった馬のデータを基に条件を決め、消去法を使い予想を行っていきます。

秋華賞[GⅠ]

京都11R 芝右2000m サラ系3歳オープン (国際)牝(指)馬齢

牝馬三冠レースの一つとなる秋華賞ですが、過去のデータでは大きく荒れるという傾向は少なく、比較的オッズに対して順当な結果となっています。2013年は過去10年間で一度のみとなる二桁番人気の馬が馬券に絡み、三連単で23万円と高い配当がついていますが、この年の連対馬も2~3番人気と高い確率で人気上位馬が馬券に絡む傾向にあります。

過去配当(三連単)

・2018年 5,600円

・2017年 14,760円

・2016年 95,520円

・2015年 85,610円

・2014年 12,790円

・2013年 233,560円

・2012年 3,660円

・2011年 12,680円

・2010年 12,550円

・2009年 4,640円

京都芝右2000mのコース解説

メインスタンド前からのスタートとなり、一周をぐるっと回るコースです。2~3コーナーにかけて上りとなる3~4コーナーからは下り、最後の直線は約320m程となっています。
下りからの直線となり馬郡がバラけやすくなる為、差しも決まりやすい傾向にあります。

出走予定馬と予想オッズ

馬名性齢
エスポワール牝3
カレンブーケドール牝3
クロノジェネシス牝3
コパカティ牝3
コントラチェック牝3
サトノダムゼル牝3
シェーングランツ牝3
シゲルピンクダイヤ牝3
シャドウディーヴァ牝3
シングフォーユー牝3
ダノンファンタジー牝3
トゥーフラッシー牝3
パッシングスルー牝3
ビーチサンバ牝3
フェアリーポルカ牝3
ブランノワール牝3
メイショウショウブ牝3
レッドアネモス牝3
ローズテソーロ牝3

現時点での出走予定馬は優駿牝馬からの直ローテとなる馬が3頭、ローズSが5頭、紫苑Sが4頭となっています。
高人気となりそうな馬は、やはり優駿牝馬で好走を見せたカレンブーケドール、クロノジェネシス、ダノンファンタジーあたりになりそうです。ただ、下の過去データで解説していますが、優駿牝馬からの直ローテは過去の成績が悪く、少々不安を感じるデータとなっています。

人気別勝率

人気成績勝率連対率3着内率
1番人気4-1-2-340.0%50.0%70.0%
2番人気2-2-1-520.0%40.0%50.0%
3番人気4-1-1-440.0%50.0%60.0%
4番人気0-2-1-70.0%20.0%30.0%
5番人気0-2-1-70.0%20.0%30.0%
6番人気0-1-1-80.0%10.0%20.0%
7番人気0-1-0-90.0%10.0%10.0%
8番人気0-0-2-80.0%0.0%20.0%
9番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%
10番人気以下0-0-1-870.0%0.0%1.1%

過去10年間で1着となった馬は3番人気以内と非常に堅い結果となっています。更に9番人気以下は[0-0-1-97]と、2013年の3着15番人気のリラコサージュを除いて一度も馬券に絡んでおらず、ほぼ消しと考えても良い結果です。
本命を1~3人気とし、8番人気までをカバーする形で考えていいでしょう。

枠番別勝率

枠番成績勝率連対率3着内率
1枠0-3-2-150.0%15.0%25.0%
2枠1-2-3-135.3%15.8%31.6%
3枠2-0-1-1710.0%10.0%15.0%
4枠1-1-0-185.0%10.0%10.0%
5枠0-2-0-180.0%10.0%10.0%
6枠1-1-2-165.0%10.0%20.0%
7枠3-1-2-2310.3%13.8%20.7%
8枠2-0-0-286.7%6.7%6.7%

傾向としてはそれほど大きな偏りが見られず、どの枠も連対率では横並びといったところです。やや8枠の数値が低いですが、1着が二度出ており、単純に不利といったものでもありませんので、秋華賞においては枠毎の有利不利は影響が薄いと考えられます。

前走着順別勝率

前走着順成績勝率連対率3着内率
1着4-5-4-407.5%17.0%24.5%
2着4-1-2-1419.0%23.8%33.3%
3着0-2-2-150.0%10.5%21.1%
4着2-0-0-1115.4%15.4%15.4%
5着0-2-0-80.0%20.0%20.0%
6~9着0-0-1-290.0%0.0%3.3%
10着以下0-0-1-300.0%0.0%3.2%

前走で凡走している6着以下の馬は合計で[0-0-2-59]とかなり期待値の低い結果となります。馬券内として狙うなら前走5着以内である事は条件の一つとなりそうです。

前走人気別勝率

前走人気成績勝率連対率3着内率
1人気8-2-4-2122.9%28.6%40.0%
2人気0-3-2-190.0%12.5%20.8%
3人気1-1-0-136.7%13.3%13.3%
4人気1-1-0-204.5%9.1%9.1%
5人気0-2-1-100.0%15.4%23.1%
6~9人気0-1-1-380.0%2.5%5.0%
10人気以下0-0-2-260.0%0.0%7.1%

前走で支持の薄かった馬が激走というパターンは秋華賞ではレアケースとなりそうです。6番人気以下の合計は[0-1-3-64]と馬券内がない訳ではありませんが、1着は一度もなく連対もかなり低い数値となるので、こちらも着順同様に前走で人気薄だった馬は期待値が低いと考えられます。
1着馬は前走で4番人気までとなっており、前走人気からの順当な決着となりそうです。

前走クラス別勝率

前走クラス成績勝率連対率3着内率
1勝0-0-1-80.0%0.0%11.1%
2勝0-2-0-180.0%10.0%10.0%
3勝0-0-1-00.0%0.0%100.0%
OPEN1-0-0-323.0%3.0%3.0%
G33-1-1-2012.0%16.0%20.0%
G25-7-7-606.3%15.2%24.1%
G11-0-0-910.0%10.0%10.0%

前走がGⅠだった馬は有力と思われますが、直ローテとなる馬は低調で[1-0-0-9]となっています。またOPEN以下の成績は[1-2-2-58]と馬券に絡む事も度々ある為、高人気として支持されるOPEN以下の馬は買いと考えてよさそうです。

前走開催別勝率

前走開催成績勝率連対率3着内率
札幌1-1-2-97.7%15.4%30.8%
函館0-0-0-10.0%0.0%0.0%
福島0-0-0-10.0%0.0%0.0%
新潟1-0-0-614.3%14.3%14.3%
東京1-0-0-109.1%9.1%9.1%
中山2-1-0-454.2%6.3%6.3%
京都0-0-0-10.0%0.0%0.0%
阪神5-8-8-715.4%14.1%22.8%
小倉0-0-0-30.0%0.0%0.0%

出走数自体が前走が函館、福島、京都、小倉だった場合、[0-0-0-6]となり消去対象ですが、今走の予定馬では該当する馬がいません。また東京が前走となる馬は主に優駿牝馬組ですが、こちらも[1-0-0-10]と低調となっています。

前走レース別勝率

前走レース成績勝率連対率3着内率
ローズS5-7-6-606.4%15.4%23.1%
紫苑S2-1-0-1213.3%20.0%20.0%
クイーン1-0-1-514.3%14.3%28.6%
紫苑S1-0-0-313.1%3.1%3.1%
優駿牝馬1-0-0-910.0%10.0%10.0%
夕月特別0-1-0-60.0%14.3%14.3%
藻岩山H0-1-0-00.0%100.0%100.0%
札幌記念0-0-1-00.0%0.0%100.0%
甲武特別0-0-1-00.0%0.0%100.0%
ムーンH0-0-1-00.0%0.0%100.0%
白井特別0-0-0-10.0%0.0%0.0%

前走では本命として考えられるのはローズS、紫苑S、クイーンS、優駿牝馬からの出走となる馬に限られそうです。ただ、前述していますが、優駿牝馬からの直ローテで叩きがなかった馬は凡走するケースがほとんどの為、注意が必要です。
※データでは紫苑Sが2つありますが、これは重賞昇格前と後のデータになります。

前走上がり順位別勝率

前上がり3F成績勝率連対率3着内率
1位3-1-4-1911.1%14.8%29.6%
2位2-4-1-159.1%27.3%31.8%
3位3-2-0-1118.8%31.3%31.3%
4~5位2-1-2-217.7%11.5%19.2%
6位以下0-2-3-800.0%2.4%5.9%

前走の上がり3Fの順位別では6位以下だった馬が[0-2-3-80]と低調で、馬券に絡む確率が大きく低下します。3位以内だった場合は3着内率で30%前後と前走でしっかりとタイムを出せている馬の勝ち傾向がみてとれます。

馬体重別勝率

馬体重成績勝率連対率3着内率
400~419kg1-0-1-117.7%7.7%15.4%
420~439kg1-1-2-194.3%8.7%17.4%
440~459kg1-6-3-511.6%11.5%16.4%
460~479kg1-2-4-412.1%6.3%14.6%
480~499kg6-0-0-1331.6%31.6%31.6%
500~519kg0-1-0-110.0%8.3%8.3%

馬体重としては480~499kgに該当する馬が圧倒的に強い傾向にあり、[6-0-0-13]と勝率で30%を超えています。500kg以上となると[0-1-0-11]で低調となるので、こちらに該当する馬については余程の有力馬でない限りは消しと考えてもいいでしょう。

過去データのPOINT

・過去10年間で1着馬は3番人気以内のみ[10-4-4-12]

・9番人気以下は信頼度低く消し[0-0-1-97]

・前走6着以下は[0-0-2-59]と期待値低め

・優駿牝馬からのローテとなる馬は[1-0-0-9]と不調

・前走上がり3F6位以下は[0-2-3-80]と低調

・馬体重が480~499kgに該当する馬の高勝率[6-0-0-13]

以上が秋華賞2019の過去データとなります。

勝ち馬の傾向はかなり偏っており、1~3番人気までと順当な決着になるので、そこに絡む中穴をどう選定するかが肝になってくるかと思います。

次回の記事で、馬券に絡んだ馬の細かいデータを分析し、最終的な消去条件を決めていきたいと思います。

最終予想についてはブログランキングで公開予定です。Twitterのほうでも情報を出していくので、よければフォローして頂けると嬉しいです♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

  1. […] 秋華賞2019出走予定馬と過去データ 目次 […]

タイトルとURLをコピーしました