菊花賞2019出走予定馬と過去データ

菊花賞2019出走予定馬と過去データ

2019年10月20日開催の出走予定馬が発表となってので、過去データを挙げ、傾向を探っていきます。

開催週頃になるかと思いますが、更に細かいデータを基に消去法を使った予想も行っていきます。

菊花賞[GⅠ]

京都11R 芝右3000m サラ系3歳オープン (国際)牡・牝(指)馬齢

過去の傾向として大きく荒れる事も珍しくなく、直近の2年間はどちらも10番人気以下が馬券に絡み、特に2017年では三連単で50万円を超える高配当となっています。
人気に対して順当決着となる事は少ない為、中穴~穴馬もマークしておく必要があります。

過去配当(三連単)

・2018年 100,590円

・2017年 559,700円

・2016年 559,700円

・2015年 38,880円

・2014年 59,220円

・2013年 11,750円

・2012年 12,450円

・2011年 2,190円

・2010年 388,840円

・2009年 316,950円

出走予定馬と予想オッズ

馬名性齢
アドマイヤジャスタ牡3
アドマイヤスコール牡3
カウディーリョ牡3
カリボール牡3
サトノルークス牡3
ザダル牡3
シフルマン牡3
タガノディアマンテ牡3
ディバインフォース牡3
ナイママ牡3
ニシノデイジー牡3
バラックパリンカ牡3
ヒシゲッコウ牡3
ヒッチコック牡3
ホウオウサーベル牡3
メイショウテンゲン牡3
メロディーレーン牝3
ユニコーンライオン牡3
レッドジェニアル牡3
ワールドプレミア牡3
ヴァンケドミンゴ牡3
ヴェロックス牡3

現時点での人気馬の候補としては神戸新聞杯を好走したヴェロックス、ワールドプレミアとなります。次点ではセントライト記念が前走となるザダル、サトノルークスとなりそうです。どちらのレースも1着馬であるサートゥルナーリア、リオンリオンが回避となっている為、ヴェロックスの1番人気が濃厚かと思います。

人気別勝率

人気成績勝率連対率3着内率
1番人気5-1-1-350.0%60.0%70.0%
2番人気0-3-0-70.0%30.0%30.0%
3番人気1-0-2-710.0%10.0%30.0%
4番人気0-1-0-90.0%10.0%10.0%
5番人気1-2-0-710.0%30.0%30.0%
6番人気0-0-2-80.0%0.0%20.0%
7番人気2-1-2-520.0%30.0%50.0%
8番人気1-0-0-910.0%10.0%10.0%
9番人気0-1-0-90.0%10.0%10.0%
10番人気以下0-1-3-860.0%1.1%4.4%

過去10年間の内、1番人気はで5頭が1着と信頼度は高いです。3着以内では70%と予想からは外せません。ですが、2番人気以下となるとかなりデータが散ってしまい、信頼度は急激に低くなります。

特に7番人気の馬は1番人気に次いで勝率が高いなど、荒れる傾向が強く出ていますので、低人気馬であっても軽視できません。

枠番別勝率

枠番成績勝率連対率3着内率
1枠3-0-1-1615.0%15.0%20.0%
2枠3-3-0-1415.0%30.0%30.0%
3枠1-0-0-195.0%5.0%5.0%
4枠0-0-1-190.0%0.0%5.0%
5枠0-2-2-160.0%10.0%20.0%
6枠1-2-2-155.0%15.0%25.0%
7枠2-2-3-236.7%13.3%23.3%
8枠0-1-1-280.0%3.3%6.7%

内枠が有利な傾向があり、1~2枠を合わせると[6-3-1-30]となっています。また3,4,8枠は不調で、過去1着馬は出ておらず、4枠に関しては過去10年で3着が一度のみ、8枠は連対率で3%程度と非常に低い数値となっています。

前走着順別勝率

前走着順成績勝率連対率3着内率
1着6-1-6-4310.7%12.5%23.2%
2着2-5-1-178.0%28.0%32.0%
3着2-3-1-1410.0%25.0%30.0%
4着0-0-1-130.0%0.0%7.1%
5着0-0-1-120.0%0.0%7.7%
6~9着0-1-0-310.0%3.1%3.1%
10着以下0-0-0-200.0%0.0%0.0%

傾向としては前走が3着以内だった馬が馬券内となる確率が高く、4着以下だった場合はかなり期待値が低下します。前走4着以下の合計では[0-1-2-76]と一度も1着馬は出ていない為、一つの消し要素と考えられます。

前走人気別勝率

前走人気成績勝率連対率3着内率
1人気5-1-2-2913.5%16.2%21.6%
2人気1-3-3-213.6%14.3%25.0%
3人気1-1-2-174.8%9.5%19.0%
4人気0-2-0-210.0%8.7%8.7%
5人気1-0-2-117.1%7.1%21.4%
6~9人気2-2-1-384.7%9.3%11.6%
10人気以下0-1-0-130.0%7.1%7.1%

前走人気では1番人気だった馬の勝率は高めですが、それ以外では際立ったデータはなく、かなり散っている印象です。前走で6番人気以下だった場合でも[2-3-1-51]と、不人気だった馬が激走するというパターンも見られ、上の前走着順と合わせて考えた場合、不人気馬で好走があったパターンは馬券内となる可能性が上がると考えてよさそうです。

前走クラス別勝率

前走クラス成績勝率連対率3着内率
1勝0-0-0-20.0%0.0%0.0%
2勝1-0-5-352.4%2.4%14.6%
3勝0-0-0-80.0%0.0%0.0%
OPEN特別0-0-0-20.0%0.0%0.0%
G31-0-0-420.0%20.0%20.0%
G28-10-5-976.7%15.0%19.2%
G10-0-0-10.0%0.0%0.0%

前走がGⅡ、2勝クラスからの出走が多いですが、やはりOPEN以下からの出走となる馬は連対率が低く本命となる可能性は考えにくいでしょう。ですが、2勝クラスでは3着となった馬が多く、3着内率で15%弱と高めの数値なので、ヒモとしては2勝クラス馬は充分に考えられます。

また今回では3勝クラスからの出走予定馬が1頭該当しますが、過去傾向としては消しとなります。

前走距離別勝率

前走距離成績勝率連対率3着内率
1800m2-0-0-1016.7%16.7%16.7%
2000m0-1-0-230.0%4.2%4.2%
2200m1-3-3-471.9%7.4%13.0%
2400m7-6-6-599.0%16.7%24.4%
2500m0-0-0-60.0%0.0%0.0%
2600m0-0-1-40.0%0.0%20.0%

前走が2000mの馬は出走頭数は少なくないものの、[0-1-0-23]と低調な結果となっています。今回も2頭程該当する馬がおり、こちらは割引条件となりそうです。
また出走頭数は少ないものの、前走1800m組は勝率が高く、決して軽視できない数値なので、この辺りはその他の条件と合わせて勝ちの傾向を探っていきたいと思います。

前走レース別勝率

前走レース成績勝率連対率3着内率
神戸新聞G27-6-4-4910.6%19.7%25.8%
セントラG21-3-1-462.0%7.8%9.8%
野分特別10001-0-0-233.3%33.3%33.3%
ラジオNIHG31-0-0-0100.0%100.0%100.0%
札幌記念G20-1-0-20.0%33.3%33.3%
兵庫特H10000-0-2-60.0%0.0%25.0%
阿賀野川10000-0-2-00.0%0.0%100.0%
支笏湖特10000-0-1-00.0%0.0%100.0%

前走レースとしてはトライアルとなる神戸新聞杯組が好走しており、過去10年間のうち7頭は神戸新聞杯からの出走となっています。
ただ、今年は1着馬のサートゥルナーリアが回避となっている為、ややデータの信頼性は低下する可能性があります。

もう一つのトライアルであるセントライト記念からの出走は低調で、3着内率でみても10%程です。

種牡馬別勝率

種牡馬成績勝率連対率3着内率
ディープインパクト2-2-2-236.9%13.8%20.7%
ステイゴールド2-2-0-1411.1%22.2%22.2%
ダンスインザダーク1-1-0-050.0%100.0%100.0%
スペシャルウィーク1-0-0-325.0%25.0%25.0%
シンボリクリスエス1-0-0-420.0%20.0%20.0%
ルーラーシップ1-0-0-233.3%33.3%33.3%
ブラックタイド1-0-0-325.0%25.0%25.0%
バゴ1-0-0-0100.0%100.0%100.0%
キングカメハメハ0-1-2-80.0%9.1%27.3%
ハーツクライ0-1-0-100.0%9.1%9.1%

種牡馬ではディープインパクト産駒が最も多く、馬券内も6頭が入線と決して悪い数値ではありませんが、全体的に偏った傾向はないと考えています。特に今年の出走馬ではオルフェーブル産駒も多く登録されており、過去のデータが少ない為、種牡馬別データの信頼度は決して高いものとは言えないでしょう。

過去データのPOINT

・1番人気は[5-1-1-3]で3着内率70%と信頼度高

・6~9番人気は[3-2-4-31]と好走が目立つ

・1,2枠が[6-3-1-30]と内枠が有利な傾向

・4枠は[0-0-1-19]と馬券内が過去1度のみ

・前走4着以下は[0-1-2-76]と低調

・前走6番人気以下は[2-3-1-51]と軽視禁物

・セントライト記念組は[1-3-1-46]とやや不調

以上が菊花賞の過去データとなります。

今回はトライアル1着の2頭が回避となっている為、やや有力馬が少ないメンバーとなっています。過去の傾向から見れば最も有力なのはヴェロックスとなりそうですが、大きく荒れる事も珍しくないレースの為、広めの予想で考えていきたいと思います。

次回の記事でより細かいデータを参照して、消去対象となる馬を決め、最終的な予想を出していきます。予想についてはブログランキングで出す予定です。

Twitterのほうでも情報は出しているので、よければフォローして頂けると嬉しいです♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想