東京優駿(日本ダービー)2019予想前提条件

東京優駿(日本ダービー)2019予想前提条件

有馬記念と並んで最も注目されるGⅠレースである東京優駿(日本ダービー)が2019年5月26日に開催となります。

最も強い3歳馬を決めるレースですので、ここは管理人も的中を狙って次へのステップにしていきたいと思うので、先週に引き続き前提条件を決め、そのデータの中から今回の予想組み立ての為の馬を絞り込んでいきたいと思います。

東京優駿(日本ダービー)[GⅠ]

東京11R 芝左2400m サラ系3歳オープン (国際)牡・牝(指定)(定量)

皐月賞、菊花賞と並ぶ三冠競走の一つで、3歳馬指定レースでは最も多くの注目を集めるレースとなります。

牡馬、牝馬混合ではありますが、一般的に牝馬の出走は少なく、そのほとんどが牡馬となる為、3歳牡馬でNo.1を決めるレースと言っても良いかと思います。

前週のオークスと同様に東京芝2400mのレースの為、諸条件はオークスと近しいものがありますが、前提の条件としてはオークス程安定性がなく、単純に堅めの馬券を購入しておけばいいというものでもなさそうです。

では、現段階での出走予定馬とオッズで人気と思われる馬を挙げていきます。

出走予定馬&予想オッズ

馬名馬齢
アドマイヤジャスタ牡3
ヴィント牡3
ヴェロックス牡3
エメラルファイト牡3
カフジジュピター牡3
クラージュゲリエ牡3
サートゥルナーリア牡3
ザダル牡3
サトノルークス牡3
シュヴァルツリーゼ牡3
タガノディアマンテ牡3
ダノンキングリー牡3
ダノンチェイサー牡3
ディスモーメント牡3
トーラスジェミニ牡3
ナイママ牡3
ニシノデイジー牡3
ヒーリングマインド牡3
ヒルノダカール牡3
マイネルサーパス牡3
メイショウテンゲン牡3
ランフォザローゼス牡3
リオンリオン牡3
レッドジェニアル牡3
ロジャーバローズ牡3

現時点での出走予定馬ですが、この内で最も人気と思われる馬はホープフルS[GⅠ]、皐月賞[GⅠ]を制しているサートゥルナーリアで間違いないかと思います。次に人気濃厚となるのが、皐月賞で馬券に絡んだヴェロックス、ダノンキングリーあたりでしょうか。

個人的にはランフォザローゼス、リオンリオンあたりも注目かと考えています。

  • サートゥルナーリア
  • ヴェロックス
  • ダノンキングリー
  • ランフォザローゼス
  • リオンリオン

人気馬の勝率

人気成績勝率 連対率 複勝率
3番人気3-2-1-430.0%50.0%60.0%
1番人気3-1-3-330.0%40.0%70.0%
2番人気2-1-0-720.0%30.0%30.0%
5番人気1-4-0-510.0%50.0%50.0%
7番人気1-0-1-810.0%10.0%20.0%
4番人気0-1-0-90.0%10.0%10.0%
10番人気0-1-0-90.0%10.0%10.0%
8番人気0-0-3-70.0%0.0%30.0%
12番人気0-0-1-90.0%0.0%10.0%
16番人気0-0-1-90.0%0.0%10.0%
6番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%

過去10年のオッズによる勝率の傾向を見てみると、オークスと同様に馬券となる馬は1~3番人気と堅めの結果となる事がわかります。

しかし、場合によっ連対率、複勝率という部分では人気下位の馬が馬券に絡む可能性も高く、特に5番人気、8番人気の馬券に絡む傾向が強い事がわかります。

前年となる2018年も超高額馬券が出ており、そういった点も踏まえ、単純なオッズを指標とした予想ではなく、その他条件を網羅した上での予想を行っていきたいと思います。

前走からの勝率

レース成績勝率連対率複勝率
皐月賞9-7-4-6510.6%18.8%23.5%
京都新聞杯1-1-1-194.5%9.1%13.6%
青葉賞0-2-3-210.0%7.7%19.2%
プリンシパル0-0-2-80.0%0.0%20.0%
弥生賞0-0-0-10.0%0.0%0.0%
桜花賞0-0-0-10.0%0.0%0.0%
若葉S0-0-0-10.0%0.0%0.0%
毎日杯0-0-0-30.0%0.0%0.0%
NHKマイルC0-0-0-260.0%0.0%0.0%

三冠競走だけあり、こちらは断トツに皐月賞馬に偏っています。
出走頭数自体が圧倒的ですが、この中で注目するべきは連対、複勝で絡んでくる馬は高い確率で京都新聞杯、若しくは青葉賞である事がわかります。

皐月賞からの絞り込みとプラスαとして、その辺りを抑えておくと良いかも知れません。

脚質から見る傾向

脚質成績勝率連対率複勝率
先行4-2-2-2611.8%17.6%23.5%
差し5-6-6-845.0%10.9%16.8%
追込1-1-1-452.1%4.2%6.3%
逃げ0-1-1-80.0%10.0%20.0%

脚質ではほぼ同条件となるオークスでは差し馬の勝率が高い傾向にありましたが、ダービーでは先行馬の勝率が最も高いというデータになっています。

馬券に絡む馬という意味では、先行、差しの馬を抑え、追込みや逃げの馬は思い切って消去対象とする形で予想を組み立てていこうと考えています。

特に過去のレースで上がりが5位以内の馬が勝つという傾向があるので、そういった点も踏まえ、各馬の過去レース展開と照らして予想していきます。

枠番による勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠3-0-1-1620.0%30.0%35.0%
6枠3-0-0-175.0%20.0%25.0%
2枠2-1-1-245.0%10.0%20.0%
5枠1-2-1-265.0%10.0%15.0%
3枠1-1-2-165.0%5.0%5.0%
8枠1-1-2-163.4%3.4%6.9%
7枠0-2-4-143.3%6.7%10.0%
4枠0-2-0-180.0%10.5%26.3%

東京の左は内枠が有利というのは既知の事実かと思いますが、それ通りの結果と考えて良いでしょう。

現時点では枠番が決まっていない為、まずは他条件である程度の絞り込みを行い、枠番が発表された時点でこちらのデータと照らし、最終的な予想を出していきたいと思います。