【菊花賞】【天皇賞】2週連続三連複的中!!

天皇賞・秋2019出走予定馬と過去データ

データ競馬予想

2019年10月29日開催予定の天皇賞・秋の予想を行っていきます。今回の記事では過去のデータを基にレース傾向を探っていきます。

次回の記事で更に細かいデータを基に消去条件を決め、推奨馬の絞り込みを行う予定です。

天皇賞・秋[GⅠ]

東京11R 芝左2000m サラ系3歳オープン (国際)(指)定量

過去の傾向としては高人気馬に中穴が絡むという結果が多く、稀に配当が高くなる年はありますが、平均して荒れる事は少な目です。特に直近の4年間は2番人気以内が勝利しており、本命は高人気馬からという形になっています。

過去配当(三連単)

・2018年 24,230円

・2017年 55,320円

・2016年 32,400円

・2015年 109,310円

・2014年 23,290円

・2013年 14,310円

・2012年 39,520円

・2011年 214,010円

・2010年 7,480円

・2009年 102,110円

出走予定馬と予想オッズ

馬名性齢
アーモンドアイ牝4
アエロリット牝5
アルアイン牡5
ウインブライト牡5
カデナ牡5
ケイアイノーテック牡4
ゴーフォザサミット牡4
サートゥルナーリア牡3
スカーレットカラー牝4
スティッフェリオ牡5
スワーヴリチャード牡5
ダノンプレミアム牡4
ドレッドノータスセ6
マカヒキ牡6
ユーキャンスマイル牡4
ランフォザローゼス牡3
ワグネリアン牡4

今回の天皇賞・秋は非常に豪華なメンツで、三冠牝馬のアーモンドアイ、今年の大阪杯を制したアルアイン、皐月賞馬のサートゥルナーリア、昨年のダービー馬のワグネリアンと錚々たる顔ぶれになっています。

この内、アーモンドアイ、サートゥルナーリアの二頭が人気を二分する可能性が高いと思われ、現状ではアーモンドアイが1倍台での人気となる可能性が濃厚です。
その他も実績のある有力馬が顔を揃えているので、非常に楽しみなレースになりそうです。

天皇賞・秋2019の過去データ分析

過去のレースデータを基に傾向を探っていきます。
以下のデータは全て過去10年間のものです。

人気別勝率

人気成績勝率連対率3着内率
1番人気4-2-2-240.0%60.0%80.0%
2番人気1-3-2-410.0%40.0%60.0%
3番人気0-0-1-90.0%0.0%10.0%
4番人気0-2-0-80.0%20.0%20.0%
5番人気4-0-0-640.0%40.0%40.0%
6番人気0-0-4-60.0%0.0%40.0%
7番人気1-2-0-710.0%30.0%30.0%
8番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%
9番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%
10番人気以下0-1-1-780.0%1.3%2.5%

人気別では1番人気の3着内率が80%と非常に高いものになっています。過去1番人気が飛んだのは昨年のスワーヴリチャードと2011年のブエナビスタのみ。ですので、1番人気はまず馬券内と考えておくほうが良さそうです。

馬券内として有力なのは7番人気までで、それ以下になると[0-1-1-98]とかなり低調な結果になります。穴馬の激走がない訳ではありませんが、かなり稀なケースと考えていいでしょう。

枠番別勝率

枠番成績勝率連対率3着内率
1枠1-3-0-145.6%22.2%22.2%
2枠2-1-0-1610.5%15.8%15.8%
3枠0-0-2-170.0%0.0%10.5%
4枠4-2-3-1120.0%30.0%45.0%
5枠1-1-0-185.0%10.0%10.0%
6枠2-1-1-1510.5%15.8%21.1%
7枠0-2-2-230.0%7.4%14.8%
8枠0-0-2-260.0%0.0%7.1%

4枠の数値が非常に高く、3着内率で45%と群を抜いています。勝率に関しても20%で過去10年間で4頭が4枠です。逆に3,7,8枠は不調で、1着馬は一度も出ていません。連対も少なく、やや不利な傾向にあると考えていいでしょう。

前走着順別勝率

前走着順成績勝率連対率3着内率
1着4-4-3-2810.3%20.5%28.2%
2着3-0-2-1912.5%12.5%20.8%
3着1-1-2-174.8%9.5%19.0%
4着0-0-0-140.0%0.0%0.0%
5着0-2-2-20.0%33.3%66.7%
6~9着2-2-1-374.8%9.5%11.9%
10着以下0-1-0-230.0%4.2%4.2%

前走は2着内までの勝率が高く、4着以下となるとかなり数値が低下します。ただ連対以下でみた場合、5着以下でも十分に可能性がある為、ヒモとして考える馬は前走で凡走している馬で考えるのも面白そうです。
ただ前走で10着以下の大敗馬は過去連対が一度のみとかなり低水準なので、二桁以下の着順は消しと考えています。

前走人気別勝率

前走人気成績勝率連対率3着内率
1人気6-4-3-2117.6%29.4%38.2%
2人気1-2-2-135.6%16.7%27.8%
3人気0-2-0-220.0%8.3%8.3%
4人気1-0-2-155.6%5.6%16.7%
5人気1-0-0-146.7%6.7%6.7%
6~9人気1-2-3-382.3%6.8%13.6%
10人気以下0-0-0-140.0%0.0%0.0%

こちらは前走で1番人気だった馬が圧倒的に高いですが、一桁番以内であればそれなりにデータが散っており、馬券内と考えても良さそうです。二桁番以下の人気だった場合は[0-0-0-14]となり、消去対象となる事が濃厚です。

前走クラス別勝率

前走クラス成績勝率連対率3着内率
OPEN特別0-0-0-30.0%0.0%0.0%
G30-0-0-100.0%0.0%0.0%
G28-5-7-986.8%11.0%16.9%
G12-5-3-245.9%20.6%29.4%

前走がGⅢ以下だった場合、過去馬券に絡んだ馬はいません。今回でも前走がGⅢとなる馬が見られますが、この傾向から見ると消しの対象となりそうです。
ローテの関係から前走GⅡ組からの勝ち馬が多いですが、勝率では大きく差がなく、連対以下でみた場合はGⅠからの出走なる馬に分がありそうです。

前走レース別勝率

前走レース成績勝率連対率3着内率
毎日王冠G24-3-5-437.3%12.7%21.8%
宝塚記念G12-4-2-149.1%27.3%36.4%
札幌記念G22-1-1-1510.5%15.8%21.1%
オールカG21-0-0-263.7%3.7%3.7%
京都大賞G21-0-0-127.7%7.7%7.7%
セントラG20-1-1-00.0%50.0%100.0%
安田記念G10-1-0-30.0%25.0%25.0%
天皇賞春G10-0-1-50.0%0.0%16.7%
秋華賞G10-0-0-10.0%0.0%0.0%
新潟記念HG30-0-0-50.0%0.0%0.0%

前走レースとしては毎日王冠からの出走が最も多く、勝利馬も最も多いという結果になっています。ただ今年は毎日王冠1着馬のダノンキングリーの出走はなく、2着馬のアエロリットがこちらに該当しています。
また宝塚記念からのローテとなる馬も好走が多く、今走ではアルアイン、スワーヴリチャードが該当しており、有力馬の候補となりそうです。

前走開催別勝率

前走場所成績勝率連対率3着内率
札幌2-1-1-1411.1%16.7%22.2%
函館0-0-0-20.0%0.0%0.0%
新潟0-0-1-100.0%0.0%9.1%
東京4-4-5-506.3%12.7%20.6%
中山1-1-0-224.2%8.3%8.3%
中京0-0-0-10.0%0.0%0.0%
京都1-0-1-194.8%4.8%9.5%
阪神2-4-2-178.0%24.0%32.0%
地方0-0-0-20.0%0.0%0.0%
海外0-0-0-30.0%0.0%0.0%

前走の開催場所として最も勝率が高いのは札幌で、勝率では唯一二桁台となっています。札幌記念が前走となる馬ですが、今走ではワグネリアンのみが該当しています。
前走が新潟開催となる馬は不調で過去馬券となったのは一度のみです。更に新潟記念だった馬は一度も馬券に絡んでおらず、今走でも該当する馬がいる為、こちらは消しが濃厚となります。

脚質別勝率

脚質成績勝率連対率3着内率
逃げ0-0-1-120.0%0.0%7.7%
先行3-4-4-465.3%12.3%19.3%
中団7-3-5-5110.6%15.2%22.7%
後方0-3-0-280.0%9.7%9.7%

基本的には先行、差し馬が有力ですが、連対では後方からの追込み馬というケースも見られます。逃げ馬が勝ち切るというケースはなく、過去馬券内となったのは3着となった一度のみです。この傾向から脚質的にアエロリットはかなり厳しいのではないかと考えています。

馬齢別勝率

年齢成績勝率連対率3着内率
3歳0-2-1-110.0%14.3%21.4%
4歳3-5-4-307.1%19.0%28.6%
5歳6-3-4-3313.0%19.6%28.3%
6歳0-0-1-280.0%0.0%3.4%
7歳0-0-0-270.0%0.0%0.0%

勝率が最も高いのは5歳馬で6歳以上となると急激に数値が下がっています。今走ではドレッドノータス、マカヒキが6歳馬でこれに該当しており、消し候補となます。
3歳馬は3着内率としては低くないものの、1着となった経験はなく、本命候補としてはやや不安が残ります。サートゥルナーリアはこれに該当している為、高人気馬で本命候補ですが、一考の必要がありそうです。

馬体重別勝率

馬体重成績勝率連対率3着内率
 420~439kg0-0-0-30.0%0.0%0.0%
 440~459kg1-0-1-99.1%9.1%18.2%
 460~479kg2-4-2-285.6%16.7%22.2%
 480~499kg4-3-4-546.2%10.8%16.9%
 500~519kg2-3-1-305.6%13.9%16.7%
 520~539kg0-0-2-160.0%0.0%11.1%
 540kg以上1-0-0-0100.0%100.0%100.0%

過去馬体重が520~539kgの馬での連対以上はなく、前走の馬体重でみるとアルアインがこれに該当する可能性があります。現時点ではまだ体重は確定ではない為、わかりませんが、低調なデータに該当するという意味でこちらのデータを挙げています。

過去データのPOINT

・1番人気は[4-2-2-2]と3着内率80%

・8番人気以下は[0-1-1-98]で馬券外が濃厚

・4枠は[4-2-3-11]で好走が目立つ

・3枠[0-0-2-17],8枠[0-0-2-26]で過去連対なし

・前走10着以下は[0-1-0-23]は今走での激走は期待薄

・前走GⅢ以下は[0-0-0-13]と消し候補

・逃げ馬は[0-0-1-12]で低調

・3歳馬は[0-2-1-11]と過去1着なし

以上が天皇賞・秋の過去傾向です。

今年の天皇賞・秋はかなり豪華なメンバーで特に注目されるGⅠとなる事は間違いなさそうです。特に三冠牝馬であるアーモンドアイやサートゥルナーリアが人気しそうですので、万が一そうした馬が飛ぶような事があれば配当も期待できそうですが・・可能性は低そうです(笑)

次回の記事で消去条件をまとめ、消去法を使った予想を行っていきます。最終予想は通常通りブログランキングで掲載する予定です。Twitterのほうでも情報は出していくのでよければフォローして頂けると嬉しいです♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

Reportにて無料情報で
11月10日(日)京都7R
三連単≪178,000円≫的中!!

Report

三連単フォーメーションの32点*1,000円の買い目で見事的中!
完全無料提供の情報ながら178,000円を獲得

・”妥協なき”プロによる渾身の買い目
・完全無料から高配当を狙う事が可能

獲得実績には直近でも数百万円以上の配当獲得も多数掲載
無料情報でも十数万円という配当獲得が出ているReport

無料登録で毎週完全無料の情報が受け取れます

≪Report≫無料会員登録ページ

データ競馬予想GⅠ
もやしをフォローする
もやしのデータ競馬予想ブログ

コメント

  1. […] 天皇賞・秋2019出走予定馬と過去データ 目次 […]

タイトルとURLをコピーしました