アルテミスステークス2019出走予定馬と過去データ

データ競馬予想

2019年10月26日開催のアルテミスステークスの予想を行っていきます。過去レースのデータから傾向を探り、消し馬の条件などを決めていきます。

アルテミスステークス[GⅢ]

東京11R 芝左1600m サラ系2歳オープン (国際)牝(指)馬齢

2歳牝馬限定戦で阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦となる重賞競走ですが、過去では荒れる年とそうでない年が極端に目立つレースとなっています。

昨年は6番人気のシェーングランツが1着になるなど中荒れといった形でしたが、2017年は単勝オッズ100倍以上のサヤカチャンが2着に食い込むなど大きく荒れる結果となりました。

大穴馬が馬券に絡む事もあり得る為、人気薄馬も軽視はできないレースとなります。

過去配当(三連単)

・2018年 64,280円

・2017年 308,150円

・2016年 5,670円

・2015年 516,620円

・2014年 137,140円

・2013年 18,070円

・2012年 18,980円

出走予定馬と予想オッズ

馬名性齢
オータムレッド牝2
オムニプレゼンス牝2
カイアワセ牝2
サンクテュエール牝2
ショウナンハレルヤ牝2
ビッククインバイオ牝2
ラインオブダンス牝2
リアアメリア牝2
ルーチェデラヴィタ牝2
ヴィースバーデン牝2

現時点での出走予定馬は10頭となっており、1番人気は前走で大勝しているリアアメリアが濃厚です。2番人気以下は拮抗する可能性が高いですが、前走の上がりが33.6と好時計を記録しているサンクテュエールの評価は高いと考えています。

アルテミスステークス2019の過去データ分析

アルテミスSは2012年に新設されたレースの為、2012年からの7年分の過去データを基に、レース傾向を見ていきます。

人気別勝率

人気成績勝率連対率3着内率
1番人気2-2-0-328.6%57.1%57.1%
2番人気2-1-1-328.6%42.9%57.1%
3番人気0-0-0-70.0%0.0%0.0%
4番人気0-1-1-50.0%14.3%28.6%
5番人気0-1-2-40.0%14.3%42.9%
6番人気1-1-1-414.3%28.6%42.9%
7番人気0-0-1-60.0%0.0%14.3%
8番人気0-0-0-70.0%0.0%0.0%
9番人気1-0-0-614.3%14.3%14.3%
10番人気~1-1-1-501.9%3.8%5.7%

1~2番人気の信頼度は高く3着内率ではどちらも60%弱となっています。ですが、それ以下となるとデータが散っており、3番人気では一度も馬券内が出ていないという結果です。

5~6番人気も好走が目立っており、10番人気以下でも馬券内となっているなど、オッズに対して順当な結果にはなりにくく、人気薄馬でも軽視は禁物です。

単勝オッズ別勝率

単勝オッズ成績勝率連対率3着内率
2.0~2.92-1-0-333.3%50.0%50.0%
3.0~3.91-1-0-133.3%66.7%66.7%
4.0~4.91-1-1-125.0%50.0%75.0%
5.0~6.90-0-0-50.0%0.0%0.0%
7.0~9.90-1-0-70.0%12.5%12.5%
10.0~14.91-2-4-86.7%20.0%46.7%
15.0~19.91-0-0-516.7%16.7%16.7%
20.0~29.90-0-1-70.0%0.0%12.5%
30.0~49.90-0-1-110.0%0.0%8.3%
50.0~99.91-0-0-234.2%4.2%4.2%
100.0~0-1-0-240.0%4.0%4.0%

オッズでは5倍以下の馬の勝率が高めですが、10~20倍なども過去に馬券となっている事が多く、軽視できません。また30倍以上の穴馬も馬券に絡む事があり、波乱も十分にあり得る傾向となっています。

特に10~15倍の間の3着内率は45%以上と無視できない数値となるので、この辺りに該当する馬をヒモとして考えておくべきかと思います。

枠番別勝率

枠番成績勝率連対率3着内率
1枠1-0-0-109.1%9.1%9.1%
2枠1-2-2-97.1%21.4%35.7%
3枠1-0-1-127.1%7.1%14.3%
4枠0-2-0-110.0%15.4%15.4%
5枠0-0-2-120.0%0.0%14.3%
6枠0-2-1-110.0%14.3%21.4%
7枠1-0-1-165.6%5.6%11.1%
8枠3-1-0-1416.7%22.2%22.2%

傾向的には1枠は不調で、過去1着馬が一度のみで3着内率では10%以下となります。勝率では8枠の好走が目立っており、過去7年間で3度1着馬が出ている為、こちらは見逃せません。

3着内率としては2枠が連対が2度、3着が2度とこちらも好走が目立っています。

前走着順別勝率

前走着順成績勝率連対率3着内率
1着6-4-5-509.2%15.4%23.1%
2着0-0-1-100.0%0.0%9.1%
3着0-2-1-80.0%18.2%27.3%
4着1-0-0-516.7%16.7%16.7%
5着0-1-0-40.0%20.0%20.0%
6~9着0-0-0-120.0%0.0%0.0%
10着~0-0-0-60.0%0.0%0.0%

1着となる馬はほぼ前走で1着だった馬となっており、前走成績が結果に直結しているとみてよさそうです。2歳重賞戦の為、前走1着馬の比率が非常に高くなりますが、前走で5着以下など凡走している馬は消し対象と考えられます。

前走人気別勝率

前走人気成績勝率連対率3着内率
1人気2-4-4-265.6%16.7%27.8%
2人気3-0-1-1021.4%21.4%28.6%
3人気0-1-0-150.0%6.3%6.3%
4人気0-0-0-90.0%0.0%0.0%
5人気1-1-1-710.0%20.0%30.0%
6~9人気1-1-1-155.6%11.1%16.7%
10人気~0-0-0-130.0%0.0%0.0%

前走人気で狙えるのは2番人気までで、それ以下となると馬券内確率は急激に低下しています。ただ5番~9番人気など中穴として考えられる馬の好走もあり、前走で人気上位でなかった馬でも、好走をしている場合は買いと考えてよさそうです。

前走距離別勝率

前走距離成績勝率連対率3着内率
1200m0-0-0-90.0%0.0%0.0%
1400m0-2-1-220.0%8.0%12.0%
1500m0-0-1-70.0%0.0%12.5%
1600m4-4-3-447.3%14.5%20.0%
1800m3-1-2-1315.8%21.1%31.6%

1着馬は1600~1800mが前走となる馬のみで、それ以下だった場合は勝ち馬は出ていません。1400mが前走となる馬の出走数は決して少なくないものの、連対率では10%以下となり、割引の条件となりそうです。

本命馬としては同距離、若しくは距離短ローテとなる馬が狙い目と考えていいでしょう。

前走クラス別勝率

前走クラス成績勝率連対率3着内率
新馬1-2-1-273.2%9.7%12.9%
未勝利4-1-3-1418.2%22.7%36.4%
1勝0-2-1-240.0%7.4%11.1%
OPEN1-1-1-145.9%11.8%17.6%
G30-1-1-130.0%6.7%13.3%
G21-0-0-150.0%50.0%50.0%

前走が未勝利戦となる馬が最も勝っているという結果になっており、反対にOPEN以上を経験している馬はやや数値が低下します。

ただ全体的にデータが散っている為、前走クラスでの消し条件などは難しいと判断します。

前走開催地別勝率

前走場所成績勝率連対率3着内率
札幌1-1-2-135.9%11.8%23.5%
函館0-0-0-50.0%0.0%0.0%
新潟2-0-0-228.3%8.3%8.3%
東京0-2-1-150.0%11.1%16.7%
中山1-2-0-224.0%12.0%12.0%
中京0-0-0-30.0%0.0%0.0%
京都2-1-1-522.2%33.3%44.4%
阪神1-1-3-69.1%18.2%45.5%
小倉0-0-0-20.0%0.0%0.0%
地方0-0-0-20.0%0.0%0.0%

前走が函館、中京、小倉、地方であった場合、出走数は少ないですが、一度も馬券に絡んでいない為、消しと考えられます。

好走が目立つのは阪神、京都からの出走となる馬で共に3着内率で40%を超えている為、こちらはプラス条件と考えていいでしょう。

脚質別勝率

前走脚質成績勝率連対率3着内率
逃げ0-0-1-100.0%0.0%9.1%
先行2-5-4-324.7%16.3%25.6%
中団2-1-2-345.1%7.7%12.8%
後方2-1-0-1710.0%15.0%15.0%

基本的に逃げ馬の馬券内は見込みが薄く、それ以下の場合はやや先行有利という傾向が見えます。

前走で逃げの展開となった馬は消し候補と考えてよさそうです。

前走間隔別勝率

間隔成績勝率連対率3着内率
連闘0-0-0-10.0%0.0%0.0%
2週1-0-0-233.3%33.3%33.3%
3週0-2-2-110.0%13.3%26.7%
4週1-1-1-204.3%8.7%13.0%
5~9週3-4-3-376.4%14.9%21.3%
10~25週2-0-1-247.4%7.4%11.1%

前走間隔では馬券内として有力なのは5~9週となる馬で、それ以上の間隔となると馬券内確率は低下します。
ただ勝率のみに焦点を当てた場合、出走数が少ない2週以下を省くとどのデータも大きな差はない為、本命馬に関しては間隔は大して影響がないと考えられます。

前走着差別勝率

前走着差成績勝率連対率3着内率
勝1.0~1.90-0-1-20.0%0.0%33.3%
勝0.6~0.92-1-0-428.6%42.9%42.9%
勝0.3~0.51-3-0-107.1%28.6%28.6%
勝0.1~0.23-0-3-2210.7%10.7%21.4%
勝0.00-0-1-120.0%0.0%7.7%
負0.00-0-0-40.0%0.0%0.0%
負0.1~0.21-2-2-69.1%27.3%45.5%
負0.3~0.50-1-0-160.0%5.9%5.9%
負0.6~0.90-0-0-80.0%0.0%0.0%
負1.0~1.90-0-0-70.0%0.0%0.0%
負2.0~2.90-0-0-20.0%0.0%0.0%

前走着差としては、0.6秒以上の差をつけた負けの場合は消しと考えていいでしょう。0.3~0.5秒の間であった場合も、馬券に絡んだのは過去一度のみなので、割引条件となります。

前走人気、着順と合わせて考えた場合、

前走で5番人気以下の好走した馬の中で、着差が-0.2秒以内だった馬

は馬券内となる事が充分に考えられる為、一つの指標として考えていきます。

過去データのPOINT

・1~2番人気[4-3-1-6]で3着内率で60%弱

・6番人気[1-1-1-4]と好走が目立つ

・1枠[1-0-0-10]で低調、8枠[3-1-0-14]で好走多

・本命馬は前走1着[6-4-5-50]が濃厚

・前走5着以下は[0-1-0-22]と消し候補

・前走5~9人気馬は[2-2-2-22]と軽視禁物

・前走1500m以下は[0-2-2-38]と1着馬なし

・前走着差0.3秒以上の負けは[0-1-0-33]で消し候補

以上がアルテミスSの過去データ傾向です。

大穴が馬券に絡む事もありますが、多く見られる結果としては1~6番人気あたりまでが馬券となっています。
2歳馬の場合は過去データが少ない為、消去法での絞り込みはやや難しくなりますが、更に細かい馬券となった馬のデータなどを参照し、条件を決めていきます。

最終的な予想はブログランキングで掲載しますので、よければチェックしてみてください。またTwitterのほうでも情報は出しているので、そちらもよければフォローして頂けると嬉しいです♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

コメント

タイトルとURLをコピーしました