【菊花賞】【天皇賞】2週連続三連複的中!!

アルゼンチン共和国杯2019出走予定馬と過去データ

データ競馬予想

2019年11月3日開催のアルゼンチン共和国杯の予想をしていきます。まずは過去10年間のレースデータを基に傾向をみていきます。

アルゼンチン共和国杯[GⅡ]

東京11R 芝左2500m サラ系3歳上オープン (国際)(特指)ハンデ

配当で見ると過去10年間で大きく荒れたのは2009年のみとなっています。この年は三連単で90万円を超える高額配当がついていますが、それ以降で荒れた年はなく、順当な決着となっている事が多いです。以下のデータでも挙げますが、大きく荒れた2009年を除くと二桁番以下の人気薄馬が連対したケースはなく、高い確率で高人気馬が1着という結果になっています。

過去配当(三連単)

・2018年 49,460円

・2017年 12,060円

・2016年 8,290円

・2015年 14,570円

・2014年 14,480円

・2013年 71,300円

・2012年 12,740円

・2011年 48,520円

・2010年 42,830円

・2009年 922,600円

出走予定馬と予想オッズ

馬名性齢
アイスバブル牡4
アドマイヤジャスタ牡3
アフリカンゴールドセ4
ウインテンダネス牡6
オジュウチョウサン牡8
サンシロウ牡5
タイセイトレイル牡4
トラストケンシン牡4
ノーブルマーズ牡6
ハッピーグリン牡4
バリングラセ5
パリンジェネシス牡5
ポポカテペトル牡5
マコトガラハッドセ6
ムイトオブリガード牡5
ルックトゥワイス牡6

今年の出走予定馬は前走GⅠとなる馬はおらず、GⅡクラス以下からの出走となっています。前走成績としては目黒記念1着のルックトゥワイスの人気は高そうです。また前走が京都大賞典4着となるノーブルマーズ、六社S1着のアフリカンゴールドあたりも人気は高いでしょう。

後述しますが、前走人気の着順への影響が強い傾向にある為、前走で人気の高かった馬は注目です。

アルゼンチン共和国杯2019の過去データ分析

過去傾向を見る為に10年間分のデータを挙げ、傾向を探っていきます。

人気別勝率

人気成績勝率連対率3着内率
1番人気3-2-0-530.0%50.0%50.0%
2番人気3-1-0-630.0%40.0%40.0%
3番人気2-1-5-220.0%30.0%80.0%
4番人気0-5-0-50.0%50.0%50.0%
5番人気0-0-0-100.0%0.0%0.0%
6番人気0-0-1-90.0%0.0%10.0%
7番人気1-1-0-810.0%20.0%20.0%
8番人気0-0-1-90.0%0.0%10.0%
9番人気0-0-1-90.0%0.0%10.0%
10番人気以下1-0-2-731.3%1.3%3.9%

比較的順当決着になる事が多く、過去10年間で人気二桁以下の馬が連対したのは2009年以降ありません。連対で最も人気薄だった馬は2009年を除けば2013年1着のアスカクリチャン、2017年2着のソールインパクトが共に7番人気で最も人気薄となります。

ですので、予想する上では2009年はイレギュラー要素の強いレアケースとして考えていくのもアリかと思います。

枠番別勝率

枠番成績勝率連対率3着内率
1枠1-0-1-155.9%5.9%11.8%
2枠2-0-2-1510.5%10.5%21.1%
3枠2-1-0-1610.5%15.8%15.8%
4枠0-3-2-140.0%15.8%26.3%
5枠1-2-1-165.0%15.0%20.0%
6枠3-2-1-1415.0%25.0%30.0%
7枠1-1-2-223.8%7.7%15.4%
8枠0-1-1-240.0%3.8%7.7%

最内、最外となる1枠、8枠が不調という傾向にあり、どちらも過去3着内は二度のみとなっています。それ以外の枠では4枠が過去1着馬が出ていないものの、比較的均等ではありますが、外枠となる7枠がやや低調で、連対率では8%弱という結果になっています。

前走着順別勝率

前走着順成績勝率連対率3着内率
1着2-3-4-177.7%19.2%34.6%
2着2-0-1-720.0%20.0%30.0%
3着0-3-2-70.0%25.0%41.7%
4着2-1-0-818.2%27.3%27.3%
5着0-1-0-150.0%6.3%6.3%
6~9着3-2-2-416.3%10.4%14.6%
10着以下1-0-1-402.4%2.4%4.8%

前走の着順では凡走馬であっても軽視はできず、6~9着だった馬の勝率も決して無視できないものになっています。

ただ10着以下の大敗馬に関しては低調で、馬券内は過去二度のみとなっています。ですので、ある程度前走大敗馬は消しと考えてもよさそうです。

前走人気別勝率

前走人気成績勝率連対率3着内率
1人気3-2-1-920.0%33.3%40.0%
2人気2-2-1-1112.5%25.0%31.3%
3人気2-2-2-913.3%26.7%40.0%
4人気2-0-2-1014.3%14.3%28.6%
5人気1-1-0-99.1%18.2%18.2%
6~9人気0-1-4-390.0%2.3%11.4%
10人気以下0-2-0-480.0%4.0%4.0%

前走人気としては5番人気までの馬が1着という結果となっており、本命を絞る場合は前走人気が5番人気以内という条件が当てはまりそうです。

前走で6番人気以下だった場合は3着馬はそれなりにいるものの連対率は低く、連対は前走5番人気以内と考えていけそうです。また前走で10番人気以下だった馬は馬券に絡んだのは二度のみで、こちらは連対のみあるものの、レアケースと考えます。

前走クラス別勝率

前走クラス成績勝率連対率3着内率
2勝0-0-2-10.0%0.0%66.7%
3勝2-4-2-187.7%23.1%30.8%
OPEN特別2-0-2-374.9%4.9%9.8%
G30-0-1-120.0%0.0%7.7%
G23-5-1-604.3%11.6%13.0%
G13-1-2-821.4%28.6%42.9%

前走ではGⅢからの出走となる馬は低調で、過去馬券となったのは3着一度のみです。2勝クラスは出走数は少ないものの3着内率では66%以上とかなり好走が目立っています。
このデータから前走GⅢとなる馬は消し候補として考えられそうです。

前走開催地別勝率

前走開催成績勝率連対率3着内率
札幌1-0-0-244.0%4.0%4.0%
函館0-0-1-50.0%0.0%16.7%
福島0-0-1-10.0%0.0%50.0%
新潟1-1-1-117.1%14.3%21.4%
東京4-3-6-358.3%14.6%27.1%
中山1-2-0-175.0%15.0%15.0%
京都1-4-1-372.3%11.6%14.0%
阪神2-0-0-528.6%28.6%28.6%
小倉0-0-0-10.0%0.0%0.0%

前走の開催地別では札幌からの出走となる馬が頭数は決して少なくないものの、[1-0-0-24]と過去1着が一度のみで低調です。こちらに該当する馬は1着馬の条件差分を行った上で消去対象として考えられるかと思います。

前走距離別勝率

前走距離成績勝率連対率3着内率
1600m0-0-0-10.0%0.0%0.0%
1800m0-0-1-60.0%0.0%14.3%
2000m3-1-4-298.1%10.8%21.6%
2100m0-0-0-10.0%0.0%0.0%
2200m5-3-1-2315.6%25.0%28.1%
2400m2-5-3-394.1%14.3%20.4%
2500m0-0-0-70.0%0.0%0.0%
2600m0-0-0-260.0%0.0%0.0%
3200m0-1-1-30.0%20.0%40.0%

前走距離では2600mが前走となる馬は出走数が26頭と多いですが、過去馬券には一度も絡んでおらず消し対象となりそうです。
また出走数は少ないですが、2500mが前走となる馬も同様に一度も馬券に絡んでいない為、こちらも消しの候補となります。

馬齢別勝率

年齢成績勝率連対率3着内率
3歳1-0-3-120.0%20.0%80.0%
4歳6-4-3-2316.7%27.8%36.1%
5歳0-4-4-420.0%8.0%16.0%
6歳3-2-0-289.1%15.2%15.2%
7歳0-0-0-190.0%0.0%0.0%
8歳0-0-0-140.0%0.0%0.0%

過去7歳以上の馬は[0-0-0-33]となっており、該当する馬は消去対象となります。過去傾向としては4歳、6歳馬からの1着馬が多く出ており、5歳馬はやや低調という結果になっています。また3歳馬は出走頭数は少ないですが、5頭中4頭が馬券内と複勝率で80%を超えているので注目です。

斤量別勝率

斤量成績勝率連対率3着内率
52kg0-0-1-60.0%0.0%14.3%
53kg0-1-0-150.0%6.3%6.3%
54kg0-0-1-250.0%0.0%3.8%
55kg1-4-4-213.3%16.7%30.0%
56kg5-2-1-2017.9%25.0%28.6%
56.5kg0-0-0-10.0%0.0%0.0%
57kg2-1-0-208.7%13.0%13.0%
57.5kg1-1-1-414.3%28.6%42.9%
58kg1-0-0-811.1%11.1%11.1%
58.5kg0-1-0-20.0%33.3%33.3%
59kg0-0-0-10.0%0.0%0.0%

傾向としては斤量が54kg以下の馬は不調で、合計で[0-1-2-46]と1着はなく連対も一度のみとなっています。また57~58.5kgの斤量を背負った馬は[4-3-1-34]と好走が目立っています。

過去データのPOINT

・連対は[9-10-6-35]と7番人気以内が濃厚

・10番人気以下の1着は2010年以降なくレアケースと判断

・1枠[1-0-1-15]8枠[0-1-1-24]と低調

・前走6~9着は[3-2-2-41]と軽視は禁物

・本命は前走5番人気以内[10-7-6-48]が濃厚

・前走GⅢは[0-0-1-12]と消し候補

・前走札幌は[1-0-0-24]と低調

・前走2600mは[0-0-0-26]で消去対象

・7歳以上は[0-0-0-33]で消去対象

・斤量54kg以下は[0-1-2-46]と低調

以上がアルゼンチン共和国杯の過去傾向となります。
ここに挙げたデータの中でもいくつか消去条件とできるものがありそうですが、過去馬券に絡んだ馬のデータを照らして、更に具体的な消去条件を決めていきたいと思います。

最終的な予想についてはブログランキングで公開します。
Twitterでも情報など出していくので、よければフォローして頂けると嬉しいです♪

↓↓↓↓

Twitter:もやし@競馬予想

Reportにて無料情報で
11月10日(日)京都7R
三連単≪178,000円≫的中!!

Report

三連単フォーメーションの32点*1,000円の買い目で見事的中!
完全無料提供の情報ながら178,000円を獲得

・”妥協なき”プロによる渾身の買い目
・完全無料から高配当を狙う事が可能

獲得実績には直近でも数百万円以上の配当獲得も多数掲載
無料情報でも十数万円という配当獲得が出ているReport

無料登録で毎週完全無料の情報が受け取れます

≪Report≫無料会員登録ページ

データ競馬予想GⅡ
もやしをフォローする
もやしのデータ競馬予想ブログ

コメント

  1. […] アルゼンチン共和国杯2019出走予定馬と過去データ 目次 […]

タイトルとURLをコピーしました